Q17.相手を口説くテクニック

Q17.相手を口説くテクニック

皆さんの中には話しべたで異性との会話になれていない方のいると思います。そんな方のための相手を口説くテクニックをお教えします。

1.まずは男性テクニック編。

もしあなたが自分は緊張してまともに女性を口説くのが難しいと分かっている場合は、女性と向き合う時真正面を向いて座るのではなく ちょっとナナメ向きに座りましょう。そうすれば会話に詰まった時や気まずい時に自然に目線をはずして落ち着く間を作れます。

会話の基本はお互いの共通点を見つけてそれを広げていくことですが、話べたな場合は女性の話の聞き役に徹しましょう。 女性は大抵話したがりで自分の話を聞いてくれる人に好感を持つものです。

テクニック

話を聞くときのコツですが、女性の話には基本的には同調してください。心ではそれは違うと思っていても 口には出さず「そうですよね」と調子を合わせるのです。そして要所要所で相づちを打ち、そして大きくうなずきましょう。 そうすると女性は自分の話をしっかり聞いてくれていると思って安心します。そしてうなずいた後は、その話のキーワードとなる言葉を 使って話を返してください。口説くときはそうすることでより一層一体感が生まれやすくなります。

しかし、もしも何の質問も話題も思い浮かばない時は、とりあえず相手を褒めましょう。そうすれば女性の気もなごんで 話のきっかけが出来たりします。

2.では次に女性テクニック編。

女性の場合、プライドがやたら高いとか容姿が悪いとかよっぽどのことがない限り男性に比べて立場的には優位に立っていると言えるでしょう。 ですから男性がリードしてくれるのを待っていても構わないと思います。しかし、意中の人が必ずしもあなたを引っ張って くれるとは限りません。中には話しべたな方もいるでしょう。そんな時相手の興味を引く方法があります。

テクニック

それはズバリ話をしながら時々笑顔で男性のひじやひざに触ることです。 男性は基本的に自分に興味のない女性には興味を示しません。ですから女性に笑顔で自分の体に触られると、 この女性は自分に好意を持ってくれていると思ってしまうのです。そして体を触った後のリアクションが良ければ 成功です。ちなみにこのテクニックは、いわゆる水商売のものと通じるものがあります。

【特徴】

自慢は親切、丁寧なスタッフです。婚活パーティーで解らない事や聞きたい事、なんでもご予約の際に聞いてください。参加者の皆さまには会場で嫌な思いはさせません!

こちらに載っていない質問はお気軽にお問い合わせください。