婚活のときの料理に関する体験談

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!
日本人だけではなく世界の人々においても、食事とはただ栄養・エネルギーを摂取するだけの要因ではなく一緒に食事する人との親睦を深めるための要因でもあります。そのためデートなどでもよくレストランやカフェなどが利用されます。 今日では多くの人が出会いを求めて婚活を行います。少人数で行う合コンもあれば、ホテルなどの大きな会場を借りた大きな婚活パーティーなど種類は様々です。そのときどのような料理が用意されるかというのは非常に大切になります。 合コンなどの少人数の場合は席に座った状態で料理を楽しみながら会話も楽しみます。そのため大皿なものが多く、仲良く取り分けたりして楽しみます。それとは反対にパーティーでは席に座るというよりは立食形式が多い傾向にあります。そのため料理も大皿のものもあれば小さなグラスに盛られたものなど様々です。ビュッフェのように自分のお皿に取り分けて座って食べる人やその場に立って食す人などいろんな人がいます。私の体験談でいうと、私が参加した婚活パーティーではビュッフェで食べたい料理を取ったら席に戻る人が多い傾向にありました。席に戻ってしまったら他のテーブルの人は声をかけにくくなってしまうので、他の人の迷惑にならないのであればビュッフェの所に立ったままの方が他の人とも会話を楽しむことができます。 料理は人を幸せにする力があります。お肉を食べる男性はたくましく見えたり、スイーツを頬張る女性は可愛らしく見えたりと自然な顔を引き出してくれる要素でもあるのです。男女の出会いの場である婚活の世界では男女どちらも自分を着飾ったりよく見せようと必死になります。緊張のあまり会話がうまくできない人も多いでしょう。そんな人々をサポートするのが料理です。それが会話のきっかけになることも珍しくはありません。何か1つでもきっかけを作るために企画者はパーティーの企画だけではなく料理のメニューなどにも気を配る必要があります。