カップリングパーティーに潜む実態とは

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!
華やかな宣伝広告も見る蹴られるカップリングパーティーですが、その裏に隠された実態を知る勇気も必要でしょう。会社と自宅の往復では出会いがないために、カップリングパーティーで出会いを求める人には酷な話ではありますが、実態は女性側が余っており、男性側は不足をしています。 カップリングパーティー主催のホームページなどを閲覧しますと、いかにも素晴らし出会いが多くあるように宣伝されていますが、実際の参加者からの口コミは散々なものです。 ここ数年の婚活市場においてカップリングパーティーは、かなりの脚光を浴びている男女の出会いのシーンとなっています。しかしその現状は男性が4割いればまだいい方であり、結婚をしたい本気モードの女性の方が、軽く6割以上をオーバーしているのが現実です。日本では結婚を希望する女性が溢れかえっているのに対して、男性が全く足りてはいないのです。 日本国内では毎日のように、どこかでカップリングパーティーが開催をされているものの、その予約枠に関しては、女性の人数はすぐに埋まります。これに対して男性の参加者枠は、なかなか埋まる気配がありません。そのため主催者側は釣り合いを合わせないとなりませんので、男性陣を必死でかき集めています。 こうしたバックヤードがありますので、パーティーで何故か男性のほうが費用が安かったり、実は男性には頼み込んで無料参加というケースまであります。女性にはタイムリミットがあり、結婚をして早く子供を産まなければならないという、女性特有の悩みがあります。いっぽう男性にはリミットはなく、一生一人で過ごしてもお金さえあれば、全く問題はないわけです。 無理にこうしたパーティーに参加などはしなくても、お金があれば女性には困りませんので、男性は女性ほど血眼になって、異性を追いかける必要はないのです。仕事にも生活にも満たされている男性は、わざわざカップリングパーティーを利用することはありません。