カップリングパーティーの成功率に関して

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!
カップリングパーティーは、おおよそ男女同数が集められ、そこでパーティーが開催されます。 あまりにも男女比が変わってしまっている場合には、「何もすることがない男性」または「何もすることがない女性」が出てしまうため、おおよそ同数になるようにカップリングパーティーは開催されます。 ただし、これは地域、またはカップリングパーティーの内容によって、大きな格差が生まれます。 例えば「医師、公務員、弁護士」限定のカップリングパーティーの場合には、女性からの殺到がすさまじい数になります。 一方で、「20代女性のみ参加OK」のカップリングパーティーになると、今度は逆に男性からの応募が殺到するため、男女比がとてつもない数になります。 よくある光景ですが、このように男女比があまりにもひどいケースでは、司会者の方が何とか上手にまとめてくれる場合と、場合によってはカップリングパーティーそのものが中止になるケースなどもある、とされています。 ちなみにカップルになれる成功率ですが、これにも上記のように差があり、仮にカップルになったとしても、「結局、その後1度も会わずに終わった」という方々もゼロではなく、むしろ多い、とされています。 これは、漫画にも描かれていますが、特に男性の参加者が高いお金を支払いカップリングパーティーに参加する場合、女性側は男性側のお金のおかげで0円で参加できるというタイプのものもあります。 そこで、世間に出ればあり得ないようなカップルが成功率としてあがるケースがあるのですが、実際に会場を出てみると、テンションが下がり「どうしてこんな人とカップルになったのだろうか」と、女性側の方で考えてしまう傾向がある、とされています。 そのため、その後には一切連絡などもなく、メールアドレスも拒否されてしまった、という悲しい事態も多々ある、とされています。 しかし一方で、お互いに運命のような出会いをしたカップルの成功率などもあり、これは運である、とも言われています。