カップリングパーティーはなぜ疲れるのか

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!
カップリングパーティーに張り切って参加するものの、何故か毎回疲れるということは、誰でも感じることの一つです。自分だけが疲労感を感じる参加ではないかという心配は、する必要等はありません。特にカップリングパーティー参加初心者の場合であれば、疲労を感じるには無理のない話なのです。 カップリングパーティーは別の表現で言い表すと、回転寿司みたいな動きがあります。おもにカップリングパーティーで動き回るのは、参加者の男性側であり、ぐるぐると会場の席をせわしなく移動しますので、慌ただしい様子は、見た目がまさに回転寿司のような状態だからです。 パーティーは本気の出会いを目的としていますので、多くの男女と出会い、理想の異性を射止めたいのは、多くの人の望むことです。そのためパーティーではひとりあたりに許された会話の時間は、およそ3分間という、カップラーメンが出来上がるまでの時間なので、すごく短いわけです。しかも隣同士の席が近いために、男女の会話もゆっくりとはできません。 こうした限られた時間と空間の中で行われるカップリングパーティーなのですから、せわしなくて疲れるのも無理はないことです。パーティーに参加した人たちは、お金を支払ってきていますので、とにかくいい人を探すのに必死です。でも疲れてしまって仕方がないというのは、本当に多くの人たちから出てくる、リアルなパーティー参加の感想でもあります。 良いなと思える人はいたものの、ナンバーがわからない為に、最後のファイナルカードがかけなかったり、トークの時間が余りにも短すぎるために、良い人が誰かの見当がつかないなど、思うようなパーティーにはならないことはしばしばあります。 本気の出会いを求めるカップリングパーティーではありますが、その時間には限りがありますし、こうしたパーティーは何よりも効率化を目的としています。出会う人の数が多くても、一人一人の印象がわからないくらいの短時間では、あまり成果は見込めないものです。