美人なのにお見合いパーティーでもてないというケース

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!
美人なのにお見合いパーティーにいくら参加してももてない、というケースは意外とあるものです。普通ならば異性からの激しいアプローチを受けて直ぐにカップルが成立し、結婚へと順調に行きそうなイメージをもたれがちですが、お見合いパーティーは単に顔の良し悪しだけでは成果が出ないのが特徴なのです。 どうしてかというと、それはお見合いパーティーに参加する人は結婚を意識した付き合いを望んでいるからです。そのためには仕事や年収などの安定性、趣味や価値観といった自分との共通点を探して相手とコミュニケーションを取っていきます。このときにあまりにも顔立ちが素晴らしいと相手から敬遠されてしまうのです。特にお見合いパーティーに参加する人は私生活であまり積極的に恋愛をしてこなかったという奥手な人が多いため、美人のような高嶺の花は自分には分不相応であると思われてしまうのです。 ではどうすればもてない状況を打開できるのかと言うと、第一に隙を見せることです。学歴や趣味、見た目と非の打ち所が無い人間でも、ドジなところや苦手なことは誰にでも一つはあるものです。自分が失敗した時のエピソードを面白く話してみたり、自分が出来なくて困っていることを相談してみるなど、弱みを相手に見せると相手の自尊心をくすぐってアプローチをしてきてくれるようになります。 美人な人は黙っていると冷たく見えたり、お高くとまっているとあらぬ誤解を受けやすいため、出るだけ明るい表情を絶やさないように心がけることも大切です。黙っている時でもほんのりと口角が上がるように鏡の前でトレーニングを積んでみるのも良いでしょう。 もてないからと途中でお見合いパーティーに参加するのをストップしたら勿体無いため、自分から出来る対策を一つずつ行っていくと良いでしょう。そうすれば気持ちに余裕も出来て、徐々に表情が柔らかくなり、お見合いパーティーでも私生活でも異性から声がかけられやすくなります。