お見合いパーティーでカップルになってデートをした後の断り方

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!
お見合いパーティーの所要時間は2時間前後という場合が多いです。その間に参加者一人ずつと対面して自己紹介をし、その中から気になる相手を探します。フリータイムでは気になる人と話すことができる人もいるでしょうが、あまり話せずに終わってしまう人もいるでしょう。この短い時間の間に結婚を考えられる相手を探すことになりますので、慌ただしいです。パーティーの途中で一回途中投票をすることもあります。今のところ気になっている人を投票します。自分に投票してくれた人は誰か教えてもらえますので、自分に好意を持ってくれた人のことを気になり始める人もいるでしょう。パーティーの最後にカップリングがおこなわれ、カップルになった人は会場に残ります。そこで連絡先を交換したり、次に会う約束をしたりすることになるでしょう。お見合いパーティーでカップルになった相手とデートをして、交際に進むようになる場合も多いでしょうが、2人きりで会ってみると思っていた感じとは違って断りたくなるケースもあるでしょう。お見合いパーティーのときは、あまり長く話したりすることなしに相手を選ばなくてはいけません。デートをしてじっくり話してみたり、一緒に食事をしたりしてみると、結婚相手として考えられないという結論にいたることもあるでしょう。この場合はダラダラとデートを繰り返すよりも、交際を断らなくてはいけません。交際の断り方はいろいろあるでしょうが、相手を傷つけないようにあいまいな断り方をしていても、相手に伝わらないこともあるでしょう。相手の方もお見合いパーティーに参加して、カップルになったのだから、結婚を考えながら交際をしたいと思っていらっしゃるでしょう。結婚相談所と違い、お見合いパーティーは間に入ってくれる人がいませんので、自分で断らなくてはいけません。断るなら早めに断る方がよいでしょう。まずはカップルになったのにお断りするということについてお詫びの気持ちを伝えましょう。理由をハッキリ伝えると相手の人にもショックを与えてしまうかもしれませんので、相手に失礼にならない断り方をするようにしましょう。