40代女性もパパ活で稼げる!お手当相場とおすすめアプリ

40代女性のパパ活お手当相場!

更新日:

パパ活したいけど、40代でも稼げるのかな?」と疑問に感じている人は多いかもしれませんが、パパ活に年齢の上限はありません。
お金持ちのパパは50~60代が多いので、近い年代で話しやすい40代女性もニーズがあるんです。
そこで今回は、40代のお手当相場やパパ活で稼いでいるアラフォー女性の体験談おすすめのパパ活アプリなどを紹介します。

目次

40代でもパパ活で稼げる?


40代でもパパ活で稼ぐことは十分可能です!
パパ活をしている50〜60代の男性が求めている女性の好みは人それぞれ。
「20代の女の子とデートして若返った気分を味わいたい」と思うパパもいますが、「母性がある40代の女性に甘えたい」という男性も数多くいます。

特に「大人の女性と知的な会話がしたい」と希望する男性は知性や人生経験がある40代女性を好み、長期的な関係になるケースも多いんです。

40代女性がパパ活で稼げる理由

40代女性でもパパ活できる理由としては、以下の3つがあります。

  • 50~60代のパパは若すぎる女性と話が合わない
  • 母性のある40代女性に甘えたいパパも多い
  • アラフォーの人妻に手を出して刺激を感じたい男性がいる

以下で順に解説してきます。

また、パパ活をする50〜60代男性の心理と、実際に40代女性とパパ活をしたいと言っている男性の口コミも一緒に紹介しておきました。

パパ活をする50〜60代男性の心理

パパ活をする50〜60代男性の心理を理解しておくことは、パパ活を効率的に進めていく中で大事なことです。

50代・60代でパパ活をする男性の考えていることを説明します。

パパ活をする50代男性の心理

パパ活をする50代男性は、徐々にパパ活相手に「大人らしさ」を求め始めます

40代まではなんとか20代の若い女性と会話できても、50代を超えてくるとジェネレーションギャップや価値観の違いなどにより、せっかくデートをしても面白くないと感じる男性が増えてくるのです。

そこで50代のパパは、デートに「話の面白さ」や「共感」を求めるために、40代のパパ活女性を探し始めます。

自分と同じように年齢を重ね、考えが成熟している女性と、知性や品のある会話を楽しみたいのではないでしょうか。

パパ活をする60代男性の心理

パパ活をする60代男性は、40代女性に対しても「若さ」を感じ始めます

60代になってくると、20代の若い女性からすると「おじいさん」の年齢にも見えてくるため、かなりの太パパでもない限り応募されにくいです。

一方で、60代の男性からすると、40代女性であっても20歳ほど下の年齢にあたるため「若い女性」と認識することができます。

一般的に40代女性のパパ活は簡単ではありませんが、60代男性を相手にする場合は意外とすんなりお手当てをもらうことが可能です。

50~60代のパパは若すぎる女性と話が合わない

パパ活をしている男性の年齢層は30~60代ですが、年齢が上がるにつれてお金持ちのパパが多くなります。
そして、ビジネスで成功して年収も高い50~60代の男性は若すぎる女性とは趣味や会話が合わないことも少なくありません。

そのため、若さやルックスに魅力を感じて20代の女性とデートしても精神的に満たされず、「しっかりと会話ができる落ち着いた女性と過ごしたい」と感じることも

その点40代女性は若い女性にはない知性や経験があるため、50~60代のパパのニーズを満たせるというわけです。

母性のある40代女性に甘えたいパパも多い

数年前には熟女ブームが巻き起こり、メディアでは「美魔女」がもてはやされていました。
そして、今は40代以上の熟女の魅力が一般的に認知されている時代になりつつあります。

パパ活界隈においても母性あふれる40代女性に甘えたい男性は多いため、十分に40代女性が勝負できる余地があるのです。

アラフォーの人妻に手を出して刺激を感じたい男性がいる

パパ活している男性のなかには、同年代であるアラフォーの人妻と割り切った関係を築きたいと考えているパパもいます
いけないことだとは分かっていても、お金を出してでも「人妻に手を出す」という刺激や背徳感を感じたい男性は少なくありません。

実際に40代女性とパパ活したい男性の口コミ

ここまで読んでみても、「本当に40代女性とパパ活したい男性なんているの?」と疑問に感じる人に向けて、Twitterから実際にそのような呟きをご紹介させて頂きます。

6年以上パパ活を行っている方のツイートです。

もちろん女子大生などの若い女性とのパパ活を楽しんできたと仰っていますが、「40代美魔女」を求めていると書いています。

若い女性とのデートを体験した上で40代女性とのデートを望んでいるので、かなり希望になるツイートですね!

これは実際にパパ活を募集しているツイートです。

40代半ばの男性が「年上でもいい」と募集をしているので、40代女性とのパパ活も臨んでいると解釈できます。

以上より、40代女性とのパパ活を求めている男性は多く、彼らは年齢が高い太パパである確率が高いので、むしろチャンスだと言っても過言ではないでしょう。

パパに選ばれるアラフォー・40代女性の魅力


40代女性がパパ活するには、20~30代にはない魅力を活かしてアピールすることがポイントです。
パパが「定期的にデートしたい」と思うアラフォー女性の魅力は以下のとおり。

  • 綺麗に年齢を重ねていて無理に若作りしていない
  • 人生経験豊富でや知性がある
  • 気遣いができる
  • 40代ならではの気品や女性らしさがある

上記のように、40代女性が勝負できるポイントは知性や会話力、年齢相応の色気です。
また、パパ活をしている男性の多くは40代以上なので、20代の女性と歩いていると少し違和感がありますよね。

その点40代女性ならまったく違和感もなく、恋人同士のように自然にデートできるというメリットもあるんです。

以上のように、40代女性もパパに選ばれることは可能ですが、肝心のお手当がどのくらいもらえるのか気になりますよね。
そこで以下では、40代パパ活女性のお手当の相場を紹介します。

40代のパパ活相場とは

40代でもらえるパパ活のお手当相場は以下のとおりです。

デートの内容 40代のお手当相場
顔合わせ 0~5,000円
デート(食事のみ) 5,000円~3万円
デート(大人あり) 3~5万円
月極(大人なし) 3~10万円
月極(大人あり) 10~20万円

「20代に比べると、やっぱりお手当が下がってしまうのでは?」と心配する人も多いかもしれません。
しかし、実際は上記の表を見ても分かるとおり20~30代と大差はないんです。

なお、40代女性がパパ活をする際は40~50代の男性より60~70代の男性を狙うのがおすすめ
60~70代男性の場合、年齢が離れすぎている20~30代女性より自然に会話できる40代女性を求めていることも多いんです。

また、社会経験豊富な60~70代の男性と会う際は、話題についていけるように勉強しておくと好印象を与えられます。
最新のニュースなどにしっかりと自分の意見を言えれば、20~30代のライバル女性と大きく差をつけられますよ。

40代女性がパパ活で成功する・パトロンの見つけ方4つのコツ


40代女性を求めるパパは、若い女性とは違う魅力や価値を感じてデートを希望しています
そのため、20代女性と同じやり方で普通にパパ活していてもうまくいきません。
40代女性がパパ活で成功するコツは以下のとおりです。

  1. 数年単位で定期的に会えるパパを見つける
  2. 大人ありで割り切った関係を築く
  3. 男性の年齢層が高いパパ活アプリを使う
  4. パパ活の年齢差を気にしすぎない

数年単位で定期的に会えるパパを見つける

40女性がパパ活で成功するには、都度パパではなく定期パパを掴むことが重要なポイントです。
パパ活で40代女性の需要はありますが、20代女性に比べるとパパを見つけるまでに時間がかかる傾向があります。
そのため、一度デートまで進んだらパパを楽しませることに集中し、信頼関係を築いて長期的な関係を狙いましょう。
そして、実際に数年単位で同じパパと関係を築いているアラフォー女性も多いんです。

大人ありで割り切った関係を築く

40代女性がパパ活稼ぎたい場合は、できれば大人ありの関係を検討しましょう。
40代独身の女性なら愛人契約も結べるので、安定した収入が期待できます。

食事だけで稼ぐのも不可能ではありませんが、40代の女性とデートしたいパパは割り切った大人の関係を求めていることがほとんどです。
そのため、食事だけでOKなパパを見つけるのに苦労してしまうかもしれません。

男性の年齢層が高いパパ活アプリを使う

40代女性はパパ活アプリ選びが非常に重要です。
30~40代男性が多いパパ活アプリよりも、50~60代が多いパパ活アプリや交際クラブを使う方がマッチングしやすくなります。

以下では、男性の年齢層が高く40代女性が稼ぎやすいパパ活アプリを紹介します!

パパ活の年齢差を気にしすぎない

40代女性がパパ活をする場合は、男性との年齢差を気にし過ぎないことが大切です。

30〜40代の若いパパとのデートができる確率は、20代女性のパパ活と比べると大きく下がるのは事実ですので、狙うべき男性は50〜60代となります。

年齢差を気にして若いパパだけを狙っていると、なかなかパパ活をスタートできない可能性があるので、ある程度こだわりを捨てる姿勢も求められるでしょう。

40代のパパ活体験談ブログ

ここでは、40代で実際に稼いでいる女性のパパ活体験談ブログを紹介します。

『みいなのアラフォーパパ活ブログ』


地方都市在住、ややポチャ40代女性のみいなさんは恋人と別れたことがきっかけで気分を紛らわせようとパパ活をスタート。

「彼とお別れして寂しくて・・・お別れする数ヶ月前から体の関係が無かったので悶々としてまして。
40過ぎて急に性欲が増しちゃって、でもお相手が居なくてどうしようか悩んでいました。
このアメブロでパパ活を知りまして、ダメ元でチャレンジしようと思った次第です。」

引用元:みいなのアラフォーパパ活ブログ

そして、みいなさんは早速シュガーダディに登録。

「『若い子ばっかり登録してるんだろうな、私みたいなオバちゃんにメッセージ来るのかな?』と不安ながらも登録完了しました。

数時間するとメッセージが何件か!!嬉しい!!ダッシュでお返事よぉぉ。私、どんだけ欲求不満なのかな。
数人とメッセージのやりとりをしまして、翌日にまずは1人目と会うことにしました。」

引用元:みいなのアラフォーパパ活ブログ

不安を抱えながらも待っていると、数時間で男性からアプローチがあり、翌日に1人目の男性との顔合わせのアポが入ったそう!かなりのハイペースですね。

残念ながらこちらの男性は女性を見下すような発言が目立ったためお断りしたそうですが、別の男性と順調にパパ活しているそうです。

「気に入ってくださったようで、大人3でとのお話でした。
その日はお茶だけの予定で家を出たのですが、少し遠方から来ているので今日からお願いできませんか?って・・・。
緊張もするし、準備してきていないし、とにかく「無理です」と何度もお伝えしたんですが、彼の明るさで交わされてしまいます。

結局は押されまくって、私が折れてホテルへ。

詳しいことは、というか、その辺りのお話はまた次回書くとして顔合わせ0.5、大人3を頂きました。」

引用元:みいなのアラフォーパパ活ブログ

みいなさんのブログはほかにも地方のパパ活ならではの苦労やお手当のこと、大人の関係などかなり参考になる内容なので、ぜひ覗いてみてくださいね。

『40代主婦RIKAのパパ活日記』

東京都内在住で40代子供持ちの専業主婦RIKAさんは、2021年4月5日からパパ活ブログを更新し始めました。

家庭に不満があるわけではないのですが
パパ活などを通して

おしゃれをして
美味しい食事、お酒を楽しんだり
女性である喜びを感じたり
たくさん笑ったり
楽しい時間を過ごして
元気をもらって
(お小遣いもいただいて)

そして家での家事、育児を一生懸命頑張るのです。

楽しみがないと頑張れません。

引用:40代主婦RIKAのパパ活日記

ブログを始める前からシュガーダディやワクワクメールなどの出会い系サイトに登録し、様々な高収入男性とパパ活を行っているようです。

こんばんは。

昨日の顔合わせは50代後半経営者の方でした。メガネをかけてインテリ系な感じのおじさんでした。プロフに趣味ゴルフって書いてたのに、聞いたら最近全然行ってないとか。

お話しててそんなに楽しくはなかったけど。
真面目そうで良い感じでした。大人のお手当は3万だそうです。

帰り際、封筒に入れた1万をくださいました。

引用:40代主婦RIKAのパパ活日記
※多少の編集をしております

専業主婦で子育てをしながらも、多くのパパからお手当てをもらっている凄腕パパ活女性です。

ブログ内では出会ったパパの情報を載せていたり、連絡頻度などの具体的な記述もあったりと、非常に役立つ記事が多いので、ぜひ一度チェックしてみましょう。

『アラフィフシンママのパパ活』

パパ活女性でもかなり年齢の高いアラフィフシンママさんのブログです。

なんと2016年10月から投稿を開始しており、とても長く続いている読み応えありのブログだと言えます。

パパ活してる子に言いたい。

自分を安売りしないで!

20代の子なら5万/回はもらって下さい。
若いってそれだけで素晴らしい!
気長に探せば必ずリッチなパパ見つかります。

30代でも大丈夫。
落ち着いて話のできる女性求めてる40代〜50代のパパは多いです。

40代、50代でも気にしない。40代、50代になると同じ年代のライバルが少なくなります。
皆女性であることを諦めますから。
ニッチな需要あります。
意外にもお手当の額は20代の子と変わりません。

60代以上、未知の世界ですが熟女フェチの男性はいます。
最終手段として後妻業もあります。

引用:アラフィフシンママのパパ活

「パパ活に年齢は関係ない」との強い主張が読み取れ、40代以降のパパ活女性にとって、まさに希望なのではないでしょうか。

変人パパとは月2〜3回食事、月2回自宅で

4月には変人パパの友達(既婚者)と彼女と大阪に遊びい行きます。

パパが恥をかかないようにちゃんとしないと。

笑顔で、礼儀正しく、感じ良く。

私がパパのためにできることはそれくらいですから。

引用:アラフィフシンママのパパ活

パパ活に対してご自身で確固とした考え方をお持ちで、とても参考になる記事がたくさん投稿されています。

40代におすすめのパパ活アプリランキング

40代女性のパパ活は、男性の年齢層が高いアプリを使うのが断然おすすめです。
20代女性が多いパパ活アプリを使うとライバルが多く、出会いのチャンスが少なくなってしまいます。
そのため、パパ活アプリだけでなく出会い系サイトや交際クラブも積極的に使うのがコツです。
ここでは、40代女性も勝負できるおすすめのパパ活アプリランキングを紹介します。

1位:華の会メール


40代に最もおすすめの「華の会メール」は30代~熟年向けのマッチングサイトです。
20年以上続く老舗のサイトなので信頼度も高く、安心して利用できます。
恋活や婚活のほか、飲み友やメル友など出会いの目的が幅広く40~60代の男性が多いのが特徴です。
さらに7:3の比率で男性会員が多いので、女性ライバルが少なくかなりの狙い目といえます。
華の会メールでは、掲示板を使って効率的にパパ活男性を探していくのがおすすめ。

運営会社 インターワークス株式会社
インターネット異性出会い紹介番号 90080004029
運営開始 2011年
月額料金 無料
会員数 約25万人
仕様 アプリ/Webサイトどちらも利用可能
会員年齢層 男女ともに30~50代中心
会員男女比率 男性:女性=7:3
料金体系 女性:無料
男性:ポイント制(1P=10円)

2位:既婚者クラブ

既婚者クラブは既婚者専用のマッチングサイトです。
年齢層は男女ともに40代がメインなので、人妻とデートしたい同年代の男性を探しやすくなっています
既婚者クラブでパパを探す際は、プロフィール検索で年収の高い男性を絞り込んでアプローチしていきましょう。
また、会員の顔写真はサイト内で自動的にモザイクがかかるので、知り合いに身バレせずにパパ活できます。

運営会社 株式会社リンクス
インターネット異性紹介事業届出 30190036000
運営開始 2019年
会員数 2万人
仕様 Webサイト
会員年齢層 男性:30代~50代 女性:20~50代
会員男女比率 非公開
料金体系 定額制
利用料金 男性:1ヶ月6,578円(ベーシックプラン)
女性:無料(有料プランもあり)

3位:シュガーダディ


シュガーダディはパパ活専用アプリとして知名度が高く、国内最大級の会員数を誇ります。
20~30代女性会員も多いのでそれなりにライバルは多いのですが、40代女性も需要はあります。
自分からアプローチする場合は50代の男性が狙い目です。
また、シュガーダディは年収証明をしている男性も多いので、本当にお金持ちのパパと出会えるのが大きな魅力

運営会社 シナプスコンサルティング株式会社
インターネット異性出会い紹介番号 30150024001
運営開始 2015年
会員数 非公開
仕様 Webサイト
会員年齢層 男性:30~50代 女性:20~40代
会員男女比率 男性:女性=3:7
月額料金(女性) 完全無料
月額料金(男性) ・1か月プラン5,980円/月
・3か月プラン4,980円/月
・半年プラン3,980円/月

4位:ワクワクメール


ワクワクメールは会員数900万人の国内最大級の出会い系サイトです。
パパ活専用サイトではないものの、パパ活で利用している人も大勢いるのが特徴です。
目的別に細分化された掲示板を使ってパパを探せるので、たとえば「一緒にごはん」カテゴリなら食事パパを募集できます。
また、逆に「パパ活女子いませんか」「定期的に会える人」と探している男性も。

運営会社 株式会社 ワクワクコミュニケーションズ
インターネット異性出会い紹介番号 96090001000
運営開始 2001年
会員数 約900万人
仕様 アプリ/Webサイトどちらも利用可能
会員年齢層 男性:20~40代 女性:10~40代
会員男女比率 男性:女性=6:4
利用料金(女性) 無料
利用料金(男性) 月額料金は無料
コンテンツ利用は前払いのポイント課金制
(1ポイント=10円)

出会いはワクワク(わくわく)-マッチングアプリ

出会いはワクワク(わくわく)-マッチングアプリ

WAKUPL,Inc.

5位:ユニバース倶楽部


太パパを狙うなら高級交際クラブ「ユニバース倶楽部」もおすすめです。
男女ともに審査に通過した会員だけが入会でき、男性は40~60代の富裕層が多数登録しています。
40代女性も登録可能で、実際に男性からのオファーがたくさん来ているアラフォー女性も
ただ、登録してすぐにはオファーが来ないことも多いので、ほかのアプリと掛け持ちするのがうまくいくコツです。

運営会社 ユニバース倶楽部
東京都デートクラブ条例所轄警察受理番号 1292号
運営会社 2011年
会員数 男性:約3,500人 女性:約7,000人
仕様 アプリ/Webサイト
会員年齢層 男性:40~60代 女性:20~40代
会員男女比率 男性:女性=1:2
利用料金(女性) 無料
利用料金(男性) 4つの会員クラスあり。
入会費:3万円~30万円
セッティング料:2万円~10万円
年会費(2年目以降):2万円~16万円

6位:MITSUMITSU(ミツミツ)


40代女性におすすめのパパ活アプリ第5位はMITSUMITSU(ミツミツ)です。
2019年にリリースされたばかりの新しいサービスなので、ライバルが少なく狙い目のアプリ
男性の年齢層も40~50代と高めなので、40代女性もパパ活しやすいのが特徴です。
いいねでアプローチする際にデート日程の候補日や条件も送信できるので、面倒なやりとりをする手間を省けますよ。

運営会社 スマートルーティン株式会社
インターネット異性出会い紹介番号 なし
運営開始 2019年
会員数 非公開
仕様 アプリ
会員年齢層 男性:40~50代 女性:20~30代
会員男女比率 男性:女性=6:4
料金体系 定額制
利用料金 男性:1ヶ月2,900円~ 女性:無料

既婚者に注意!パパ活で慰謝料を取られるケースとは


パパ活では、相手が既婚者と分かっている上で性行為をすると不倫慰謝料を請求されるケースがあります。
ここでは、パパ活の注意点として慰謝料が請求されるリスクについて解説します。

既婚者とパパ活して慰謝料を取られるケース

パパ活では金銭のやり取りが発生しているため、男女ともに「不倫」という認識がないケースがほとんどでしょう。

しかし、パパが既婚者だと分かっていながら体の関係を持つと不貞行為とみなされ、配偶者から慰謝料を請求される可能性があります

慰謝料の金額は子どもの有無やパパ家庭環境などによって異なりますが、相場は50~300万円ほど。

なお、パパが奥さんに慰謝料を支払っていれば女性側は支払う必要はありません。
しかし、パパが支払いをしていない場合は女性が慰謝料を支払わなければならず、お金がなければ財産差し押さえや給料の差し押さえになることもあります。

パパ活で妊娠したら慰謝料を取れる?

最近では、パパ活で妊娠してしまう女性が増えています
ただ、原則としてお互いの同意のもとで性行為をした場合、妊娠や中絶によって女性が男性に慰謝料を請求することはできません

しかし、妊娠したのに男性側が話し合いに応じなかった場合、慰謝料を請求できた事例があります。

「産むか堕胎するかの判断を女性に一方的に委ね、話し合いに応じなかった男性に100万円の慰謝料(別途、治療費約34万円、弁護士費用10万円)を支払うよう命じた判例もあります(東京高裁平成21年10月15日判決)。」

引用元:男女トラブル弁護士相談ナビ

以上のことから、基本的にはパパ活による妊娠では慰謝料を請求できないので、すべて自己責任で行う必要があります。

既婚者とのパパ活は食事のみにする

相手が既婚者だと分かっている場合は、食事のみの関係にとどめておきましょう
お金を稼ぐためにパパ活をしているのに、高額な慰謝料を支払うハメになれば元も子もありません。

不倫の条件は不貞行為(=性交渉)を行うことなので、基本的には食事のみの関係なら不倫と断定されることはないでしょう。

そのため、パパ活で既婚者男性に体の関係を迫られた際は「慰謝料を請求されるリスクがあるから」と言って断りましょう。

40代女性がパパ活をする上の注意点

最後に、40代女性がパパ活をする上での注意点を5つに分けて解説します。

幼さをアピールした服装や立ち振る舞いをしない

まず、ご自身の年齢に見合った服装や立ち振る舞いをすることを心がけましょう

40代女性が若さをアピールしようとして、20代と似たような言動をしてしまうと、基本的に逆効果になるいことが多いです。

パパ活において40代女性に求められているのは、大人の女性ならではの包容力です。

40代ならではの上品さと落ち着きを忘れずに、パパの心を癒してあげることを意識すると良いでしょう。

執拗なおねだりをする

40代女性が執拗なおねだりをすると、パパ活とはいえ印象に悪いです。

本来であれば落ち着きのある態度で接してほしい40代女性からおねだりをされると、パパも気持ちが冷めてしまいます

高級レストランやプレゼントを求める場合は、軽くほのめかす程度にとどめておくことで、何でもおねだりをしてくる若い女性と差別化することが可能です。

相場に合わせた条件交渉をする

相場を大きく超える条件を提示してしまうと、中々パパが見つからない事態になってしまいます。

20代〜30代女子と比べると、40代は相場は下がってしまいますが、それでも本人の努力次第でお手当の額は青天井です。

年齢に関わらず美しくあろうと努力して「美魔女」になることこそ、40代パパ活女性が大きく稼ぐために大切なことです

落ち着きのある美魔女は、多くのパパから人気があるので、報酬もぐっとアップします。

地雷パパは徹底的に避ける

パパ活女子の天敵である「地雷パパ」には注意が必要です。

■地雷パパの特徴

  • 食い逃げ・ヤリ逃げをするパパ
  • 大人を強要してくるパパ
  • ドタキャンを頻繁にするパパ
  • 極端にケチなパパ
  • メンヘラ気質なパパ
  • 個人情報を詮索してくるパパ
  • SNSで女性を晒すパパ

地雷パパに当たってしまうと、高い確率で女性側が損をしてしまいます。

「このパパおかしいな…」と少しでも感じたら、すぐさま関係を絶って、別なパパを探すようにしましょう

パパ活でうつになる可能性を知っておく

40代女性に限らず、パパ活ではうつになる可能性があることを理解しておくべきでしょう

特に大人ありのパパ活をしている場合は、様々な男性と関係を持つことにも繋がるため、後から後悔する女性もいます。

パパに気に入られるために、本来の自分を隠して接していく必要もあるでしょう。

パパ活は決して楽な稼ぎ方ではないので、これから始める人はデメリットも確実に抑えながら取り組んでいってください。

まとめ

40代女性は50~60代のパパと並んでも違和感がなく、20代や30代女性とは違う魅力があります。
40代女性を好むパパは母性を感じたいと思っているので、優しい恋人のような存在を意識すると長期的な関係が築けるでしょう

また、40代だからといってお手当の相場が大きく下がることもないので、興味がある女性はぜひパパ活に挑戦してみてくださいね。
ほかにもおすすめのパパ活アプリはこちらで紹介しています。
パパ活アプリ&サイトおすすめ人気ランキング

PAGE TOP