浮気する人ってどんな人なの?浮気する心理や特徴は?~浮気を見抜く方法と対策~

浮気する人ってどんな人なの?浮気する心理や特徴は?~浮気を見抜く方法と対策~

あなたは浮気したことがありますか?もしくは、浮気されたことがありますか?
浮気しやすいのはどんな人か、浮気対策があるなら事前に知っておきたいですよね。
今回は、浮気について徹底的に掘り下げていきます。

浮気の意味とは?


一般的に浮気とは、「未婚・既婚問わず、特定のパートナー以外の異性に目を向けること」を言います。

浮気と不倫の違い

浮気と不倫の違いは、婚姻関係と肉体関係が関係してきます。浮気は未婚・既婚に関係なく、何をもって浮気とするかは人によって定義が異なります。他の人に思いを寄せただけでも浮気とする人もいれば、キスをすれば浮気とみなす人もいます。
それに対して、不倫は自身もしくは相手の両方が既婚である場合です。配偶者以外の異性と肉体関係を持つことは、不貞行為にあたります。

人はどうして浮気をするのか?

男女問わず、人はなぜ浮気をするのでしょうか。自分にとって、特別な存在であるパートナーがいるにもかかわらず、他の異性に目が向いて好意を抱くのは、パートナーに対する裏切り行為といえます。それを分かっているのに浮気してしまうのは、自分にとってパートナーが特別な人であると感じられなくなっているからでしょう。
「一緒にいるのが当たり前」「いてもいなくても同じ」ように感じるため、ドキドキしたりときめいたり、異性として意識することが少なくなっている状態で、ふと近くに魅力的な異性が現れたら、ついそちらに目が向いてしまうのですね。

浮気をする人の心理


パートナーに一途な人にとっては「浮気なんて信じられない!」の一言に尽きるでしょう。ここでは、浮気する人の心理状態について解説していきます。浮気の背景にはどんな心理があるのか、参考にしてみてください。

パートナーに満たされていなくてマンネリ気味

パートナーのことが嫌いなわけではないけれど、何らかの不満がある場合は、ほかの異性につい目がいってしまいます。最初はドキドキしていたデートや誕生日のお祝いも、付き合いが長くなるにつれてどうしてもマンネリ気味になります。刺激がなければ楽しくないので、当然、刺激がありそうな方へ興味が向いて、そちらへ進んでいきたくなるのですね。

セックスレスで性生活に不満がある

上記内容と同様、付き合いが長くなるとセックスもマンネリ気味になります。セックスが義務的もしくはどちらかの一方的な快楽のために行われ、そこに愛情が感じられなければ不満が増す一方です。自分も満たされたい、その思いから別の人へ気持ちが移る場合もあります。

人と繋がる事が好きで承認欲求がある

1人で過ごすよりも、常に誰かに傍にいてほしい人にとって、出会いは多ければ多いほど良く、ステータスともいえます。お誘いがあれば喜んで応じ、出会いが多いと異性に出会う機会も増えて、そこから浮気に発展することもあるでしょう。また「他人から認められたい」という承認欲求が強い人は、自分を理解してくれそうな人へ気持ちが向かう場合もあります。

自分にとって魅力的な人が現れた

「魅力的な人」とは、思わず心を惹きつける、目が離せなくなる人です。その人に心が動かされているのですから、どんどん好きになっていく可能性が高いですよね。浮気が本気になることもあり得ます。

相手に浮気されたことが脳裏に残っている

先にパートナーに浮気された場合、自分も浮気したいと思う場合も多いようです。「目には目を 歯には歯を」と、相手にも浮気された側の気持ちを思い知らせてやりたいという仕返しの気持ちから、自ら浮気する人もいます。または、浮気されたことがショックで、パートナーが浮気した気持ちを知りたくて、自分も浮気すれば理解できるのではないかという思いで、浮気する人もいるようです。

>>旦那に浮気されたら許す?仕返しするのはズルい事?【女性の本音】

浮気をする人の特徴


浮気する人には、一定の特徴が見られます。ここでは、男性、女性ごとにその特徴をまとめています。ご自身はもちろん、パートナーが当てはまるかどうか、チェックしてみてください。

男性

性欲が強い

浮気と性欲の強さは比例するとも言われるように、頭では「浮気はダメだ」と分かっていても、その場の雰囲気に流されて、性欲に負けて浮気してしまう男性はかなり多いのです。

刺激を求めるタイプ

安定よりも常に刺激を求めていたいタイプの人、いますよね。それが恋愛の場合に働くと「ドキドキしたい」「ときめきたい」と、新しい人へ気持ちが流されます。そして、また新しい刺激が欲しくなるので、浮気を繰り返しやすい傾向があります。

経済的に余裕がある

浮気するには、何かとお金がかかります。相手を喜ばせるためのプレゼントや食事、デート代となると、ある程度経済的に余裕がないと難しいでしょう。また、経済力が高い男性は女性にモテます。そのため、本人に浮気願望がなくても女性の方から言い寄られることもあるのです。

マメである

マメな男性はとにかくモテます。髪型やメイクなどのちょっとした変化にもすぐに気付いてくれる、記念日や誕生日は絶対に忘れない、LINEや電話の連絡をよくしてくれるなど、とにかくマメな男性はいるものです。女性からすると、「こんなにも自分のことを気にかけてくれるんだ」と嬉しい限りですが、実はこのマメさが落とし穴でもあります。パートナーだけでなく、浮気相手の女性に対してもマメである可能性は高いのです。浮気の証拠隠滅にも余念がなく、さらには浮気していながらもパートナーを気遣うことができる、ここまで徹底してやれるのがマメ男なのです。

飽き性

何かにつけて、飽き性の男性にも要注意です。自分が欲しいものを手に入れるためにかなり情熱を注ぐのに、それも束の間、すぐに興味をなくしてしまうー。時計やスマホなど、新しいものが出れば次から次へと買い替えるタイプの男性は、浮気性の可能性が高いです。女性に対しても、長続きせずに、すぐに新しい方へと目移りしやすいのですね。

女性

寂しがりや

寂しがりやの女性にとって、パートナーの仕事が忙しくてあまりデートできない、遠距離でなかなか会えないなど、自分が会いたい時に彼に会えないことは、かなりのストレスになります。その寂しさを紛らわすために浮気に走ってしまうのですね。

交友関係が広い

男性にも言えることですが、交友関係が広ければそれだけ出会いが多いので、浮気に発展する可能性も自ずと高くなります。誰とでもフレンドリーに接するのは悪いことではありませんが、それが自分のパートナーだと心配になりますね。

押しに弱い

自分にあまり自信がない女性は、押しに弱い傾向があります。彼氏や旦那がいると知っていながらも、強引に言い寄られたら断り切れずに、そっちに流されてしまうことも…。たとえ最初は浮気願望がなかったとしても、誘いを断れないなら結局はパートナーを裏切ることになるのです。

ドキドキときめきたい

根っからの恋愛体質な女性で、いつまでもときめいていたい、ドキドキと胸が締め付けられる想いをずっと感じていたい、そう思う人は浮気体質といえます。付き合いが長くなればなるほど、日々のドキドキやときめきは緩やかに下降していくものです。ドキドキやときめきは、新しい相手からの方が得やすいですから浮気へと向かっていきやすいのです。

チヤホヤされたい

「かわいいね」「セクシーだよね」と男性から褒められると、まんざらでもない顔をする女性は要注意です。見え透いたお世辞も真に受けてしまい、「私って、こんなにモテるんだわ」と嬉しくなると、甘い言葉に流されて浮気してしまうのです。

浮気をしない人の特徴


上記では浮気しやすい人の特徴を挙げましたが、逆に浮気しない人にはどんな特徴があるのでしょうか。

浮気しない美学を持っている

自分の中で「本物の愛とは、浮気しないで1人の人に十分に愛情を注ぎ、貫くこと」というように、独自の美学を持っている人は浮気しません。自分はこうありたいという理想の姿が明確なので、ブレないのです。

誠実で礼儀正しく約束を守るタイプ

誰に対しても誠実で礼儀正しい人は、浮気とは無縁といえます。浮気は人を傷つけて、裏切る行為なので、こういう人にとってはまさに論外でしょう。人に対しても真面目に向き合うので、約束や時間もきっちり守るタイプといえます。

自分を持っている合理主義者

いつも冷静で、感情に流されずにしっかりと自分を持っている人は、浮気にメリットを求めません。物事を合理的に考えるので、浮気したいという感情よりも仮に浮気をした場合のデメリットを想像すると、踏みとどまれるのです。

自立していて向上心がある

恋愛に依存せず、精神的に自立している人や、向上心がある人は、浮気に流されません。パートナーには、お互いを高め合える存在の人であってほしいのです。

一途で諦めない方

1人の人をずっと想い続けることができる一途さがある人は、浮気に逃げません。自分に振り向いてもらえるまで諦めずに頑張れる人は、浮気では満足できないでしょう。

もしかして浮気?よくある兆候


パートナーの言動がいつもと違っているなど、「もしかして、浮気してる?」とピンとくること、ありますよね。本人はバレていないつもりでいても、パートナーをよく観察していると、浮気の兆候に気が付くものです。

スマホをいつも持ち歩いている

肌身離さず、常にスマホを手元に置いている人は要注意です。浮気相手からの連絡が来た時、ついうっかり本命のパートナーに画面を見られてしまっては一発で浮気がバレてしまいます。すぐに返信ができるように、自分がいつでも把握できるようにと、トイレにも、お風呂の脱衣場にもスマホを持ち込むのはさすがに怪しいですよね。

機嫌がよくなり突然優しくなる

今までは返事もあいづちも適当だったのに、パートナーがやたら機嫌が良く、突然優しく接するようになった時は、浮気の兆候といえます。浮気を隠そうとして取り繕っているか、浮気で精神的に余裕ができているのかもしれません。

外見を気にするようになる

これまでは少々寝癖がついていてもへっちゃらで、下着や洋服などには無頓着だったのに、急におしゃれに目覚めて、自ら買い物へ行くようになったり、趣味が変わった時は、明らかに誰かの視線を意識しているといっていいでしょう。

自分の時間を大事にするようになる

今までは、当たり前のように一緒に過ごしていたのに、趣味や勉強、仕事などの理由で、パートナーが自分の時間を持ちたがるようになるのも、何かしらの変化がそうさせたのかもしれません。

浮気されると慰謝料を請求できるのか


パートナーに浮気された場合、ショックで傷つきますが、そのまま泣き寝入りするのは癪に障りますよね。浮気の事実は消えませんし、お金ですべて解決するわけではありませんが、浮気を理由に慰謝料を請求することはできるのでしょうか。

恋人同士(独身者)の場合

独身者で、交際相手が浮気しても慰謝料は請求はできません。「浮気するなんて、絶対に許せない!」「こんなに傷ついたんだから、慰謝料をもらう権利はあるのでは?」と思うかもしれませんが、独身の恋人同士の恋愛においては法的に規制されないのです。

夫婦関係(既婚者)にある場合

既婚者が浮気した場合、法的に慰謝料が請求できるのは不貞行為、つまり肉体関係を持った場合です。よって、キスやハグ、二人だけで食事に行っていたことの立証だけで、肉体関係があったかどうか定かでない場合は、慰謝料の請求は難しいのです。

浮気をされないためには


自分が愛した人に浮気されるのは、本当につらいことです。パートナーに浮気されないためには、何が必要でしょうか。

必要以上に束縛しない

「今、何してるの?」「誰とご飯に行くの?」「何時に家に帰るの?」と、質問攻めにしていませんか?パートナーの行動が気になるのは分かりますが、あまりにも束縛が強いと、常に監視されているようでパートナーは息が詰まってストレスを感じます。そこから逃れようと浮気に走るのです。すべてを把握しようとし過ぎないことです。

時間と金銭的余裕を与えない

逆に、パートナーに対してあまりにも放任主義では危険です。自由になる時間、お金があると、つい気も緩んで普通なら行かない場所へ出かけたり、出会いのきっかけになる危険があります。

よくコミュニケーションを取って褒める

付き合いが長くなると、どうしてもコミュニケーションが不足しがちになります。「言わなくても分かるだろう」「たぶん、こうなんじゃないかな」と自分で判断して、パートナーとのコミュニケーションの機会が減っていませんか?きちんと話す時間を作って、「すごいじゃない!」「それ、いいね」と共感し、褒めることでパートナーもあなたにきちんと向き合ってくれます。

性生活を見直す

パートナーとの性生活に不満があると、別の人へ目が向きます。もしも、既にマンネリ化を感じているならば、何らかの変化を取り入れてみることをおすすめします。
例えば、セクシーな下着をつける、寝室をムーディーな雰囲気にするなど、できることを試してみましょう。あなたとのセックスが楽しいと満足していれば、よそ見はしません。

相手に異性として魅力を感じてもらう

「付き合っている」「結婚している」という関係に、あぐらをかかないことです。パートナーにとって、自分が魅力的な存在でなければ、必然的に別の人へ目移りして魅力を感じる人と浮気をするでしょう。いくつになっても、自分磨きは必要なのです。

まとめ

「浮気の一度や二度はしかたがない」「浮気しても、最終的に私のところに戻ってきてくれたら、それでいい」そう思っていると、パートナーの浮気が本気になって取り返しのつかない事態になりかねません。それほど、浮気を繰り返す男性は多いのです。浮気とは無縁な関係を築くために、今日できることから始めてみましょう。

 

◆既婚者マッチングサービス◆

 

 width=
 

●おすすめの開催エリア●

 

 

既婚者合コン 東京

 

 

既婚者合コン 名古屋

 

 

既婚者合コン 札幌

 

 

PAGE TOP