シングルマザーは出会いがない?出会いのきっかけとおすすめアプリを紹介

シングルマザーは出会いがない?

更新日:


離婚率の上昇に伴って年々増えているのが、シングルマザーです。実家や周りの人に助けてもらいながら子どもを育て、仕事をしているシングルマザーには、離婚後の心の支えとなるパートナーが必要です。

離婚時のトラウマからもう恋愛や結婚はこりごりという人も少なくありませんが、シングルマザーの再婚率は高く、新たなパートナーを見つけている人が増えています。

この記事では、シングルマザーの人に向けて新たな出会いをどうやって探せば良いのか実際の体験談をご紹介するとともに、おすすめのアプリを見てみましょう。

目次

シングルマザー、出会いの場がないのはなぜ?


シングルマザーの人でも、新しい恋人がほしい、心の支えとなる人がほしいと思う人は多くいます。しかし、目の前の生活で精いっぱいで、なかなか新たな出会いにつながらないと嘆く人も多いでしょう。

また、離婚がトラウマになって恋人や結婚を避けている人もいたり、相手が欲しくても日常生活の中でなかなか出会いがなかったりするため、シングルマザーの恋愛や再婚は一筋縄ではいかないと言えます。

子育てや仕事をするので精一杯で、出会いの場に繰り出すことも難しいのが大きな理由です。

離婚後のシングルマザー、恋人や再婚は考える?

シングルマザーを含む再婚率は、男女ともに年々上昇しています。

  • ●平成7年:夫13.2%・妻11.6%
  • ●平成17年:夫18.2%・妻16.0%
  • ●平成27年:夫19.7%・妻16.8%
  • ●平成30年:夫19.7%・妻16.9%

出典:厚生労働省

離婚して一人になると、支えになる人がほしいという人が多いようです。ただし、恋人はできても「再婚」は義務教育が終わったらという人も少なくありません。子どものことを第一に考え、自立するまではほどよい距離感を保ちながら交際するというケースが多く見られます。

シングルマザーは出会いを求めてはいけないの?

シングルマザーへの偏見としてよく挙げられるのが「シンママなら恋人を作るな」「恋人より子ども優先だ」といった声です。

何らかの原因があって離婚をしたのは事実ですが、シンママでも恋人を作ったり再婚したりするのは自由のため、周囲の人間があまり口出しすることではありません。

「再婚する権利はあって、男性を好きになる権利も当然ありますよね。決していけないことではありません。」
「恋愛することが悪いんじゃなくて、恋愛する事によって母である事を忘れる事が駄目なんですよ。そうでないのなら、時々1人の女性として息抜きをしたり出来てもいいんじゃないかなって思います。」

引用元:Yahoo!知恵袋

ただし、繰り返しになりますが第一に考えるべきは子どものことです。たとえば、恋人にのめりこんで子どもを放置することがあってはなりませんし、新たなパートナーが子どもにタイしてひどい態度をとるようなことも防がなければなりません。

子どもに対する態度を見極めるとともに、子ども自身もパートナーにどのような態度をとるのかを見極めましょう。

シングルマザーと出会いたい男性は多い

意外にも、シングルマザーと出会いたいという男性が多いのをご存知でしょうか。

シングルマザーの人は離婚経験者のため、初婚の人に比べて結婚に対する経験値が高く、需要があると言えます。また、好きになった人が偶然シンママとわかっても、子どもがいてもかまわないという人も少なくありません。

「シングルマザーの彼女と出会って10ヶ月、付き合って5ヶ月です。彼女の事が好きです、子供も女の子でまだ2歳ですが可愛いです。僕に覚悟や自信があれば彼女と子供をもっと幸せにしてあげられるのに、と自分が本当に情けないです。」

引用元:Yahoo!知恵袋

「男の子が1人いるシングルマザーと結婚した者です。最初はほんと友人関係でしたが、一緒にいる内に好きになって「子供も含めて守ってやりたい」って気持ちになりました(笑)」

引用元:Yahoo!知恵袋

嵐・大野智さんとシングルマザーの熱愛

嵐の大野智さんは、シングルマザーとの6年にわたる熱愛が報道されました。

芸能人であってもシングルマザーと長年付き合うこともあり、好きになればシングルでも関係ないということが言えます。他にも、EXILEの黒木啓司さんの結婚相手・宮崎麗果さんは3人のお子さんをもつシングルマザーです。子育てをしながら仕事に打ち込んでいる姿をサポートしたいと思ったそうです。

このように、子どもの有無にかかわらずシングルマザーの女性との結婚を考える人は多く見られます

シングルマザーの恋活・婚活、注意したいこととは?


繰り返しになりますが、たとえシンママでも恋愛するのは自由です。

しかし、独身の人と違って子どもがいることを念頭に置き、注意しなければならない点がいくつかあります。

①子どもを無理に会わせようとしない

まず、子どもを無理に相手に会わせようとしないことです。恋人と子どもの距離を少しでも縮めたいと考える人もいますが、相手に覚悟ができているかを確認したり、子どもの気持ちを考えたりしてから慎重に考えましょう。

②相手を優先させない

付き合うことになった場合、恋人ではなく子どもを第一に考えましょう

実家の両親に子どもを預けてたまにデートに出かけるのは、シングルマザーの人にとっても大切な息抜きになります。しかし、その頻度が週に何回もあったり、預けられないからといって子どもが寝ている間に家を抜け出したりするのは止めましょう。

場合によってはネグレクト、つまり育児放棄とみなされる可能性もあり、悲しい事故につながる可能性もあります。

③こちらに合わせてくれる人を選ぶ

子どもとの暮らしは予想できないことの連続で、子どもが小さければ小さいほど自分のペースでは決してスムーズに動けません。そのため、連絡を取る際の生活リズム、出かけるタイミングなど、こちらに合わせてくれる人を選ぶと良いでしょう。

シングルマザーの人は恋人より子どもを優先するのは当然です。中には寂しさから「早く連絡を返して」などと要求してくる人もいますが、理性をもって我慢してくれる人を選びましょう。

④結婚を急かさない、急かされない

シングルマザーの人は、子どもに早くパパを作ってあげたほうが良いのかどうかを考え、結婚を考えやすくなります。結婚はせず恋人を作るだけと決めている人なら悩まないかもしれませんが、多くの場合は付き合う=結婚(再婚)を視野に入れているでしょう。

そのため、焦るあまり相手を見極められないまま結婚するのは避けましょう。反対に、相手から「早く結婚しよう」などと結婚を急かされても、いったん保留にしてじっくり様子を見るのがおすすめです。

その際には、一緒に過ごす時間に家事や育児を手伝ってくれるかどうか、生活リズムや子どもへの態度なども慎重に見極めましょう

シングルマザーが集まる場所で交流、情報交換もおすすめ


シングルマザーの人はどこで、どうやって新たな出会いを探しているのでしょうか。参考になるのは、やはり同じ立場のシングルマザーの人です。

すでに恋人がいたり再婚していたりするシングルマザーの人に、どうやって恋人ができたか、結婚したかリアルな声が聴けるコミュニティに参加しましょう。Yahoo!知恵袋などの掲示板、SNSなどのコミュニティがおすすめです。

恋人や結婚相手に関する相談だけでなく、子育てに関する相談もでき、心強い味方ができるでしょう。

「シングルマザーの友達が欲しいです。子供同士遊ばせたりしたいです。」

引用元:Yahoo!知恵袋

「大きなSNSで、コミュニティに入って友達をゆっくり増やしてオフサークル活動に参加したらそこから友達も増えます。あからさまな出会い系よりは安全かも知れません。」

引用元:Yahoo!知恵袋

掲示板の「占い」は業者の可能性

相談や悩みを書き込む掲示板では、シンママの話題も頻繁に登場しています。そこで、誘導するように登場する占いの話題は業者だと思っておきましょう。

(例)
「再婚子連れで後悔した方いますか?ちょうど今再婚を悩んでいるのですが、幸せになれるかどうか不安で踏み出せません。」

この質問に対してベストアンサーに選ばれたのは…

「再婚前、シンママ友達数人とその占い(リンク)をやってみたのですが、見事全員の再婚後の状況が当たりました。」

引用元:Yahoo!知恵袋

こちらはYouTube動画への誘導でしたが、中にはLINEを経由した占いサービス、その他のWebサービスに誘導する内容の回答もあります。本当におすすめしたい気持ちからこうしたサービスを紹介する人もいますが、ほとんどはサービスを広めたい業者だと思っておきましょう

また、背中を押してほしいという気持ちで占いをするのは、気分転換になるためおすすめです。ただし、結果を信じ過ぎて別れたり相手を振り回したりしないよう、のめりこみすぎに注意しましょう。

シングルマザーは離婚後、出会いのきっかけはあるの?


再婚をしているシングルマザーの人は多くいますが、新恋人や再婚につながった出会いのきっかけとはいったい何なのでしょうか。

ここからは、シングルマザーの人が恋人や再婚相手とどのように出会ったのか出会いのきっかけについて詳しくご紹介します。

出会い①インターネット経由

特に多いのが、インターネットを経由した出会いです。

たとえば、婚活・恋活・マッチングアプリ、TwitterなどのSNSなどが挙げられます。その他、オンラインのマッチングサービスもここに含まれます。

「知り合いは(出会いは)アプリと言ってました。」

引用元:Yahoo!知恵袋

これらのサービスはスマホひとつあればすぐに始められることや、子育ての合間に自分のペースで相手探しができるため、シングルマザーの利用者が多いのが特徴です。

出会い②紹介してもらう

友人からの紹介で付き合うケースも多く見られます。また、離婚したことをきっかけに連絡を取るようになったなど、昔からの友人・同僚などと急接近するケースもあります。

「私は30歳のシングルマザーです。知人の紹介で2歳年上の男性と最近連絡をとっています。優しくて穏やかな人です。」

引用元:Yahoo!知恵袋

離婚がトラウマになっている人でも、知人の紹介であればある程度の人となりを把握しやすく、安心して付き合えるのではないでしょうか。

出会い③リアルな生活の中での出会い

普段の生活の中で起こる出会いから、交際や結婚に発展することもあります。たとえば、会社の同僚、趣味や習い事で会う人、普段買い物でよく行くお店の店員さんなどと付き合う人もいます。

「趣味の場ですかね。私はスポーツをしているのでそこで出会った人を好きになったりしますが、恋人になるとか考えたことはないので勝手に好きになって自然と恋心が消えてく…の繰り返しですけどね。あとはオンラインゲームで仲良くなって結婚した人を知ってます。」

引用元:Yahoo!知恵袋

「友達の家でBBQした時に友達のお兄さんの友達も来ていて仲良くなって付き合いました。」

引用元:Yahoo!知恵袋

「出会いがない」と思っていても、このように思わぬところで交際に発展するケースもあります。

出会い④合コン

手っ取り早く出会いを求めたい場合には、合コンに参加するのもひとつの手です。友人にセッティングしてもらう、SNS経由で参加するなどの方法がありますが、あらかじめシングルマザーであることを伝えておくとトラブルを防げるでしょう。

「シングルマザーも子供を預けて合コンに行ってもいいですか?」
「いいとも!私も同じ境遇ですが、いい相手が見つかりました。失敗は成功の元です。」

引用元:Yahoo!知恵袋

出会い⑤婚活パーティー、結婚相談所など

アプリやオンラインサービスとは違い、リアルな出会いがすぐにできる婚活パーティー、結婚相談所でも出会えます。これらのサービスでは「バツイチ専用」などの場をセッティングしてもらえるため、自分でいちいち相手にシンママだと告げる必要もありません。

「当方男ですが、結婚相談所を通じてシングルマザーと結婚しました。結婚相談所だと婚歴や子供の有無が事前に分かるので、男性から申込みがあれば事情は把握されてるのでトラブルは少ないですね。」

引用元:Yahoo!知恵袋

「結婚相談所と並行して婚活パーティーにも参加しようと考えています。男性陣からしたら迷惑に感じるものでしょうか?」
「最初から申告していれば問題ありません。」
「プロフィールに書いとけば何の問題もない」

引用元:Yahoo!知恵袋

シングルマザーにおすすめの出会い方


ここまでを振り返って、シングルマザーの人におすすめの出会い方として挙げられるのは次のとおりです。

結婚相談所は再婚への意欲が伝わりやすい一方、時間や費用がかかりやすいのがネックです。また、合コンよりも婚活パーティーに参加するほうが、あらかじめシンママだと相手にも伝えやすくおすすめです。

シングルマザーの人は子育てで時間がないため、自分のペースで効率的に相手探しできる方法が良いでしょう。

①婚活アプリのメリット・デメリット

婚活アプリは、自分のペースで出会いを求められるアプリです。恋愛・恋人探しに用いるマッチングアプリより、ユーザーの目線が「結婚」に向いているため、再婚をより強く意識しやすいのが特徴です。

デメリットとしては、再婚相手を探すのに時間がかかることや、子どもがいるために敬遠される可能性があることが挙げられます。遊び感覚の恋愛ではなく、結婚を見据えた付き合いの場合、なかなか本気の交際に発展しないこともあるでしょう。

②マッチングアプリのメリット・デメリット

マッチングアプリは、結婚はもちろんまずは恋愛を楽しみたいという人におすすめのアプリです。シングルマザーの人でも利用者が多く、子育ての合間に自分のペースで相手探しができます

デメリットとしては、「シングルマザー」という肩書に引き寄せられ、真剣な付き合いではなく体の関係目的の男性があらわれる可能性があることです。離婚をして傷ついていると考え、すぐに体の関係に持ち込めると考えるからです。

トラブルを防ぐためにも、実際に会う人を見極めながらうまく活用しましょう。

③婚活パーティーのメリット・デメリット

最後に、婚活パーティーについてです。婚活パーティーはその名前のとおり、結婚相手を探すためのきっかけになるパーティーで、恋人や結婚相手になりそうな人を探します。大人数と直接会えるため、時間がない人でも一気に多くの相手を見定められるのがメリットです。

中には、自分とは合わないと感じる人でも強引に連絡先を聞きだされることや、子どもを預けて参加してもまったく収穫なしということも多いのがデメリットとして挙げられます。

シングルマザーの出会いなら婚活アプリがおすすめ

マッチングアプリはもちろんですが、シングルマザーの人が出会いを求めるのであれば婚活アプリがおすすめです。婚活アプリの中には「再婚」「バツイチ」などのステータスをつけられるものもあり、あらかじめ自分は子どもがいる、シングルマザーだと公表しやすいのも大きなメリットです。

また、恋愛主体のマッチングアプリに比べて、婚活アプリは結婚を見据えた付き合いをするのが前提です。真面目な相手探しをしている人が多いため、マッチングアプリに比べて体目的・冷やかしの出会いが少ないのもおすすめポイントになっています。

それでは、婚活におすすめのアプリを3つご紹介します。

おすすめ婚活アプリ①marrish(マリッシュ)

マリッシュ(marrish) 婚活・マッチングアプリ

マリッシュ(marrish) 婚活・マッチングアプリ

数ある婚活アプリの中でも、特にシングルマザーの人におすすめなのが「マリッシュ」です。

  • ●主な年代:30代・40代
  • ●会員数:約150万人
  • ●料金:女性無料
  • ●特徴:婚活の中でも特に再婚を応援するアプリ

マリッシュは婚活アプリですが、特に「バツイチ」「シングルの人」などに向けた再婚活を応援するアプリとして知られています。

再婚を希望する人が多いため、年代は30代~40代がメインです。女性の利用料金はかからないため、経済的に厳しいシングルマザーの人でも負担なく利用できます。他のマッチングアプリや婚活アプリではなかなか相手が見つからないという人におすすめです。

おすすめ婚活アプリ②youbride(ユーブライド)


2つ目は、ユーブライドです。女性も月額料金がかかる婚活アプリですが、そのぶん結婚に向けた真剣度の高いユーザーが中心です。

  • ●主な年代:30代・40代
  • ●会員数:220万人(累計)
  • ●料金:月2,400円~
  • ●特徴:ユーザーの結婚に対する真剣度が高い

多くのマッチングアプリや婚活アプリでは、相手の写真やプロフィールを見て「いいね」をつけるスタイルですが、ユーブライドはいいねに加えてメッセージも同時に送信できます。より出会いやすく、相手にアピールしやすいため、無駄なやり取りを減らせるのが大きなメリットです。

おすすめ婚活アプリ③Omiai(オミアイ)

マッチング Omiai - 婚活・恋活アプリ

マッチング Omiai – 婚活・恋活アプリ

3つ目は、オミアイです。2012年に運営がスタートしており、約10年にわたって多くのカップルを誕生させてきた実績を持っています。

  • ●主な年代:20代・30代中心
  • ●会員数:600万人(累計)
  • ●料金:女性無料
  • ●特徴:男女比は女性が少ないため、出会いのチャンスが多い

他のマッチングアプリや婚活アプリでよくあるのが、登録にFacebookを用いる方法です。実名制SNSのため信頼性アップや本人確認のためにFacebookを用いますが、中にはFacebookを使っていない人や、アプリを利用していることがばれてしまうのでは?と不安になる人もいるでしょう。

オミアイはFacebook経由の登録だけでなく、SMS認証による登録も可能なため、気軽に始められるのが特徴です。もちろん、アプリ上に知り合いが表示されることもありません。

シンママには婚活パーティーもおすすめ

シングルマザーには、一気に多くの男性と出会える婚活パーティーもおすすめです。アプリでこまめに連絡を返すのが苦手な人、手っ取り早く多くの人と出会ってみたい人などは、アプリよりも直接出会えるパーティーへの参加が良いでしょう。

しかし、婚活パーティーに参加した経験がなく、抵抗があるという人も少なくありません。そこで、e-venzが全国各地で開催している「初心者向けイベント」がおすすめです。

  • ●初参加の人
  • ●婚活初心者の人
  • ●パーティーに参加してみたい人

他にも、「既婚者限定」の飲み会企画や年代を指定したイベント、少人数でのイベントなどバラエティーに富んでいます。どのイベントも基本的に女性の参加費用は格安のため、気分転換を兼ねて参加してみてはいかがでしょうか。

>>初心者向けイベントページはこちらからチェック!

シングルマザーでも出会いを諦めないで!

シングルマザーになった離婚理由によっては、なかなか自分に自信がもてない人もいるかもしれません。たとえば、相手からのモラハラによって自己肯定感や自尊心が失われてしまうなどが挙げられます。

「自分が恋愛なんか…」
「子どもがいるから結婚はやめよう」

などと思わないようにしましょう。たとえ子どもがいたとしても恋愛をするのは自由ですしお、子どものために頑張るお母さんにも、何らかの支えが必要です。

また、子どもを第一に考えていれば恋愛は自由です。結婚を考える場合は、子どもとの相性や親戚との兼ね合いなどを考えなければなりませんが、恋愛は難しく考えすぎる必要はありません。

マッチングアプリや婚活アプリなら、子育てや家事の隙間時間に利用でき、女性は無料という物が多くコスパにも優れているのでおすすめです。異性とのやり取りが、日常生活におけるモチベーションを上げる楽しみになるかもしれません。

「出会いがない」と諦めずに、子どもがいても自分自身の人生を楽しみましょう!


婚活アプリ
おすすめランキングTOP4

◆1位 youbride ユーブライド

結婚するなら登録無料の婚活サイト/youbride(ユーブライド)


婚活:★★★★★
恋活:★★☆☆☆
友活:☆☆☆☆


◆おすすめポイント◆


・真剣度が高い
・サクラ0宣言
・登録・基本機能は無料
・スタンダードプラン2400円〜

 

ユーブライドを見る▶

 

 

◆2位 pairs ペアーズ




婚活:★★★★
恋活:★★★★
友活:★★★☆☆


◆おすすめポイント◆


・圧倒的な会員数で無限に出会いがある
・Facebookの友達を自動ブロック、身バレの心配なし
・女性は月額料金無料
・男性は月額4100円〜

 

ペアーズを見る▶

 

 

◆3位 マリッシュ

マリッシュ


婚活:★★★★
恋活:★★★☆☆
友活:★★★☆☆


◆おすすめポイント◆


・再婚活したい人でも利用しやすい
・バツイチ再婚者、シンママ、シンパパ
・中年婚、年の差婚、地方婚ができる
・女性は月額料金無料
・男性は月額3400円〜

 

マリッシュを見る▶

 

 

◆4位 ブライダルネット

ブライダルネット


婚活:★★★★
恋活:★★★☆☆
友活:★★★☆☆


◆おすすめポイント◆


・IBJによる真剣度が高い婚活アプリ
・30代のユーザーがおおく、女性ユーザーが多い
・登録は無料  男女ともに2600円〜

 

ブライダルネットを見る▶

PAGE TOP