【バレない】始めやすいサラリーマン副業16選!20万円問題も解説!

【バレない】始めやすいサラリーマン副業16選!20万円問題も解説!


「一生懸命働いたのに収入が全然上がらない…」
「サラリーマンでも始めやすい副業を知りたい」
「副業の20万円問題について気になる!」

2018年1月に起こった「副業革命」。

以前はメジャーではなかった副業も、働き方改革の一環として推奨され始めてから、認める企業も多くなり取り組む人も増えていきました。

以前はなんとなく怪しい雰囲気のあった副業も、最近は一般人でも知るレベルに普及し、安全に稼げるしっかりとした副業もたくさんあります

さらに、最近はテレワークの急速な普及により、サラリーマンでも時間に余裕が出るようになりました。

周りでは副業で稼ぐ人がチラホラ現れてくる中「自分も副業で稼いでみたい」と、心の中で思っているサラリーマンも多いのではないでしょうか。

この記事では、サラリーマンでも始めやすい安全な副業を16個紹介すると同時に、会社に副業がバレないようにするための工夫や税金に関する注意点なども説明していきます。

これからサラリーマンの本業と同時並行で副業に取り組みたい人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

サラリーマンが副業をするメリット


「時間があまり取れないサラリーマンが副業に挑戦するのは効率悪いのかな…」と感じている人は多いですが、サラリーマンが副業をするメリットはかなり大きいです。

まず、サラリーマンがなぜ副業に挑戦するべきか、確認しておきましょう。

収入を増やせる

サラリーマンが副業をする最大のメリットは、通常よりも収入を大きく増やせることです。

サラリーマンが本業で収入を増やすのは、会社内で出世して立場をグレードアップする必要がありますが、「上司に気に入られる」「会社の業績が良い」などの運要素が絡むので、かなり難しくなります。

一方で、個人で仕事を完結できる副業で収入を上げるには、スキルを身につけてより多く作業すれば、誰でも可能となるのです。

「やればやるだけ稼げる」特徴を持つ副業は、収入の幅が決まってしまいがちなサラリーマンにとって、とても新しく魅力的なものになります。

スキルアップに繋がる

副業に取り組むと、何かしらの専門的なスキルが身につくことがあります

例えば、最近人気になっている「動画編集」の仕事に挑戦した場合、1ヶ月取り組んだだけで動画の編集作業が他の人よりできる状態に成長するでしょう。

そうなれば、優れたスキルを求めてより単価の高い仕事を頼まれたり、本業の方でも実力が認められて収入がアップしたりする可能性があります。

副業に取り組むだけで、自分だけでは気づけない新たな強みが見つかることもあるのです。

キャリアの幅が広がる

副業にチャレンジすると、基本的に今までは知らなかった分野やジャンルの仕事に取り組むことになります

1つの会社で決められた業務をこなし続けてきたサラリーマンの人にとって、日常では味わえない仕事に取り組める副業は、非常に刺激的なものになるでしょう。

様々な仕事を任される中で、自信の持てるスキルが見つかり、転職が上手くいったり、自分で事業を持って独立できたりもします。

キャリアの選択肢を広げる意味で、副業はどのサラリーマンに対してもおすすめです。

サラリーマンが副業をするデメリット


一方で、サラリーマンが副業をする際には、いくつか注意点があります。

サラリーマンが副業をするデメリットするデメリットについて、ここで把握しておきましょう。

時間が取られる

サラリーマンは本業で昼間の時間が取れないため、夜や週末に副業をすることになります。

そのため、副業を開始すると夜の時間や週末の時間を仕事に充てることになるので、プライベートの時間が減ることになるでしょう。

自分の時間や家族との時間が取れなくなるので、副業を始めることでストレスを感じ始める人も少なくありません。

これから副業を始めるにあたって、一定期間はプライベートの時間を捧げる覚悟を持った方がよいでしょう。

失敗するリスクがある

副業はビジネスですので、もちろん失敗する可能性を常にはらんでいます

どんなビジネスをするかによりますが、初期費用が大きなものに挑戦した場合、利益が回収できないと大赤字になってしまいます。

副業で失敗して貯金がなくなって苦しい思いをする話は、案外よく聞く話なので、事前に調べておくとよいでしょう。

また、初心者の場合は特に初期費用をできるだけ小さくして事業をスタートするべきです。

想定されるリスクを事前に最小限にしておくことで、安心して副業に取り組めるため、成果にも繋がりやすくなります。

【重要】会社にバレる

副業サラリーマンにとって最重要な問題が、「副業が会社にバレること」でしょう。

もし副業が認められている会社に勤めているなら問題ないですが、副業禁止の会社で副業を行うことはリスクの大きいことです。

「副業くらいバレないだろう」と考えている人は多いですが、副業は意外なことで会社にバレます。

副業禁止の会社である場合、副業がバレると厳重な注意を受け、ひどいケースだと懲戒解雇につながる可能性があるのです。

では、実際に副業がどのようにして会社にバレるのか、次の章で詳しくみていきましょう。

サラリーマンが副業をするのはアリか?


サラリーマンが副業をするのは、大いにアリです。

ただし、副業禁止の会社で副業をするのであれば、そのリスクと対策法を事前に調べておく必要があります。

そこで、ここでは副業が会社にバレる代表的な3つのケースと、バレないための予備知識をお伝えすることにしました。

副業にバレて会社がクビになるのは本当?

上記でも説明した通り、副業にバレて会社がクビになるのは、これを読んでいるあなたが想像しているよりよくある話です。

会社に副業がバレるケースは次の3つがあります。

住民税でバレる

1つ目は、会社が住民税を納付する際にバレるケースです。

どの会社であっても、地方税法上の原則として、従業員の給料天引きを行う義務があります。

ですので、会社側は従業員の住民税の額を把握することになっているため、副業で利益が出て住民税が多くなると、会社が副業の存在を知ることになります。

住民税の変化で会社にバレてしまうケースは多数報告されているので、とても注意が必要です。

税務調査でバレる

副業収入を申告しない人は、税務調査を受けることで副業がバレることがあります。

特に近年はマイナンバー制度が導入されたことで、個人の所得情報が容易に調べられるようになりました。

そのため、「副業なんてバレるわけない」と鷹を括って確定申告をしなかった人も、所得情報の変化から税務調査を受ける可能性が高くなっています。

税務調査を受けると給与が差し押さえになる場合があるので、その情報が会社に流れて副業がバレてしまうのです。

副業収入が年間20万円を超えていると確定申告することが義務付けられているので、当てはまる場合は必ず確定申告するようにしましょう。

「確定申告すると会社にバレるかも…」と不安に感じている人は、後ほど会社にバレないための確定申告の方法を解説しているので、そちらをお読みください。

知人に顔バレする

最近はTwitterやYouTubeなどのSNSで顔出しする形の副業も目立ってきました。

顔出しをしていると有名になればなるほど知人に知られる可能性が高くなり、知られてしまったら最後、会社内に噂が広まって副業がバレてしまうでしょう。

事業主としては顔を出して発信した方が信用が上がるので、独立した状態ならメリットだらけなのですが、会社に所属した状態で顔出しをしてしまうと、会社にバレるリスクと常に戦うことになります。

今は顔出しをしなくとも問題なく稼げる仕事が山ほどあるため、無理に顔出しをしてリスクを背負う必要はないでしょう。

顔出しするか否かはご自身の目的や状況に応じて決めてください。

副業収入が年間20万円を超えたら確定申告が必要

「20万円問題」を聞いたことがあるでしょうか。

上記でも説明した通り、副収入が年間20万円を超えた場合は、確定申告を行って納税しなければいけないという内容です。

「確定申告は国民の義務だけど、同時に副業が会社にバレる可能性が高くなる…」と、多くの副業サラリーマンが頭を抱えています。

ここでは、この「20万円問題」をどのように切り抜けるのかを、具体的に解説してみました。

会社にバレずに確定申告をする方法はあるのか?

結論から言うと、会社にバレずに確定申告をすることは可能です。

確定申告をすることで会社に副業がバレてしまう人は、これから紹介する2つのポイントを知らない場合がほとんどなので、これを読んでいる方はすべて抜けなく確認しておくべきでしょう。

  • ・副業所得分の住民税の納付方法を「普通徴収」にする
  • ・できるだけ「給与所得」を避けて「雑所得」にする

1つ目は、住民税の天引きの際に会社にバレることを回避するための手段です。

住民税の変化が会社に知られる理由は、住民税の納付を会社が行っているからなので、副業分で増えた住民税を自分が支払う「普通徴収」にすれば、会社ではなく自分に納付書が届くようになるので、会社にバレずに済みます

2つ目は、そもそもの雇用形態を変更する方法です。

アルバイトなどのように企業に雇われて給与をもらっている場合は、給与所得になっているため、雇う側の企業が給与支払報告書(給与を支払った証明書)を申告することになり、役所は本業と副業の給与所得を合算して本業の方に通知してしまいます。

ですが、雇用形態を自営業(外注)に変更しておけば、1つ目のポイントと同様に自分で確定申告をして「普通徴収」を選べるので、会社にバレるリスクを減らすことが可能です。

会社に副業がバレるのはこの2ケースがほとんどなので、確定申告をする際は必ず実践するようにしましょう。

ただし、ここで紹介した方法を使っても、何かの手違いで会社にバレる可能性は十分に考えられるため、100%バレない方法とは考えないようにしてください。

サラリーマンの副業に便利な節税対策

サラリーマンの副業であっても、節税対策をすることは可能です。

副業収入で課税の対象となる金額は、口座に入ったお金そのものではなく、そこから「必要経費」が差し引かれた金額のみとなっています。

そのため、副業を行うにあたっての出費を税務署に「必要経費」として認めてもらった場合は、納税する金額を抑えることが可能です。

自宅で行う副業の場合、業務の内容にもよりますが、使っているPCの購入代金やスマホの通信料、本やセミナーなどの勉強代も経費として提示できるので、使えるものはすべて使うようにしましょう。

ただし、全く関係ない出費を経費として申告すると、「脱税」として見られてしまうので、注意が必要です。

サラリーマンの副業におすすめなアルバイト3選


副業で自分の事業を持つと結果が出ない可能性がありますが、アルバイトのような給与所得なら、確実に収入を増やすことができます。

ここでは、そんなサラリーマンにおすすめなアルバイトを3つ紹介していきます。

コールセンター

まず、おすすめできるのは、コールセンターのバイトです。

コールセンターは、主に企業のもとに掛かってくる問い合わせなどの電話に対応するもので、話し相手はお客様になります。

また、企業からお客様に電話をかける形式の業務もあり、こちらは案内することが決まっているため、未経験でもこなしやすい側面があります。

コールセンターがおすすめな理由は、他のアルバイトよりも勤務時間が融通の効くものとなっており、本業で忙しいサラリーマンでも問題なく業務をこなすことができるからです。

さらに、コールセンターは他の仕事よりも時給が高いことで知られており、上手く時間を調整してシフトを多く入れれば、かなりの副収入にすることができます

副業でアルバイトをする場合、コールセンターを外すことはできないでしょう。

試験監督

資格試験や模擬試験の運営を手伝う試験監督バイトも、サラリーマン副業に適しています。

試験監督の主な仕事には、試験中に不正がないか受験者を監視することはもちろん、試験会場の準備や後片付け、受験者の案内をすることも含まれています。

こうした基本的な仕事しか求められない試験監督のバイトは、特別なスキルを必要としないため、誰でも仕事に応募することが可能です。

さらに、試験監督は単発の仕事なので、平日は忙しいサラリーマンでも、土日祝などの休日に1日シフトを入れてまとめて働くことできます。

時給の高い仕事が多いと言われているので、短期間でまとめて稼ぎたい人におすすめです。

イベントバイト

3つ目に紹介するのは、ライブやコンサートなどのイベント運営のサポートをするイベントバイトです。

イベントバイトの業務内容は様々で、イベント運営の手伝いだけでなく、会場の案内から設営と片付け、さらにグッズ販売などがあります。

特別なイベントがあるときしか仕事がないイベントバイトは、土日祝の休日に日雇いで募集されることがほとんどで、本業がない日に働くにはもってこいのバイトです。

日給は大体1万円前後に設定されており、たまに交通費なども出してくれることがあるので、副収入を稼ぐ場として非常に有効と言えるでしょう。

サラリーマンにおすすめで始めやすい在宅副業一覧


サラリーマンでも始めやすい在宅副業は、私たちが想像しているより多くの種類があります。

そんなサラリーマンにおすすめな在宅副業を、一覧にして書き出してみました。

人気部門

1位:プログラミング
2位:動画編集
3位:物販
4位:webライティング
5位:ブログアフィリエイト

年収20万円以下部門

1位:不用品販売
2位:自己アフィリエイト
3位:Uber Eats
4位:webライティング
5位:データ入力

それでは、部門ごとにランキングを見ていきましょう。

サラリーマンに人気で安全な在宅副業ランキングTOP5


まずは、サラリーマンに限らず、多くのフリーランス・個人事業主から人気が高い王道の副業を紹介していきます。

これから紹介する5つの副業のどれか1つでも極めることができれば、副収入を数十万レベルに仕上げることも可能で、場合によっては独立もできるでしょう。

自分だけの専門スキルにも繋がる5つの代表的な副業ですので、1つずつじっくりと確認してみるのがよいです。

1位:プログラミング

サラリーマン副業で堂々の1位に輝いたのは、プログラミングです。

「プログラミング」と一括りに言っても、webデザイン、webサイト制作、webアプリ開発など、複数の種類に分けて仕事があります。

仕事によって報酬の大きさは異なりますが、求められるスキルが最も軽いと言われるwebデザインであっても、一般的な水準に達すると月収20〜30万円にまで上昇するようです。

最も難易度が高いと言われるwebアプリ開発でまともに働けると、月収が100万円前後に到達することも珍しいことではありません。

また、プログラミングスキルに対する需要は年々増加しており、エンジニア不足は顕著となり、基本的にほとんどの会社や事業主はエンジニアを求めている状態となっています。

優秀なエンジニアが求められる中、この機会にプログラミングを1つの大きな収入軸として確立させるのは、とても賢い選択と言えるでしょう。

未経験から学習をスタートして、初めての案件を探す際は、クラウドワークスやランサーズなどのサービスを利用すれば、案件探しに困ることはありません。

毎日大量の案件が募集されているので、初心者でも簡単な仕事であれば見つかる可能性が大いにあります。

2位:動画編集

次に副業としておすすめできるのは、動画編集です。

YouTuberを代表として、動画編集への需要は年々右肩上がりとなっており、映像を使ったクリエイターが増えれば増えるほど、動画編集業は必要とされていきます

動画編集の基本的な作業は、動画のカットやトリミングをしたり、効果音やテロップを入れたりすることです。

動画編集で求められるスキルは、基本的にはそれほど高いわけではなく、1ヶ月もあれば仕事として使えるレベル間のものがほとんどとなっています。

仕事の単価もほどよく高く、1件あたり1万円弱が相場で、スキルによっては数万円にもなります。

これから動画配信の世界はより盛んになっていくので、この機会に動画編集スキルを身につけておくのはいかがでしょうか。

3位:物販

副業初心者におすすめしたいのは、物販です。

物販は、ある店舗で安く仕入れた商品をフリマアプリなどで高めの価格で販売し、その差額を利益とするビジネスとなっています。

物販ビジネスは多くの企業が取り組んでおり、「原価を最小化して利益を最大化する」商売の原理原則に則ったシンプルでわかりやすい方法です。

特別なスキルを持たないサラリーマンが最初に成果を上げやすい物販は、これから副業を始めようとしている人には、ぜひ取り組んでもらいたいもの。

メルカリやヤフオクを使えばすぐに収益化できるので、興味が出たら今日から実践してみてもよいでしょう。

4位:webライティング

文章を書くのが好きなら、webライティングが向いています。

webライティングには様々な業務内容がありますが、記事の執筆代行やランディングページ(LP)が主なものです。

ライティングは最もハードルが低いスキルと言われており、早い人だと1週間の学習だけでまともな仕事ができることもあります。

さらに、ライティング力はどの副業を行うにも使う力なので、webライターとして収入を得た後に、自分でブログを持つことも可能です。

特別な能力がなくてもでき、かつ汎用性も高いwebライティングは、すべてのサラリーマンに勧められる副業と言えるでしょう。

5位:ブログアフィリエイト

長期的にコツコツ努力を継続できるなら、ブログアフィリエイトに挑戦するのもありです。

ブログアフィリエイトとは、自分のブログで他社商品を宣伝することで、購入時に何割かの紹介料を受け取れる仕組みです。

ブログを書くことは特別なスキルがなくてもできる上、継続して何記事も書けば、ブログは長期的に利益を生んでくれる資産となります。

もちろんブログはすぐに結果の出るものではなく、場合によっては数ヶ月単位でまとまった収入にならない可能性がありますが、一度起動になると不労所得すらも見込めるものです。

「今すぐ稼ぐつもりはないけど、長期的に安定する収入源が欲しい」と考えている人は、明日からブログを書き始めてみるのはいかがでしょうか。

また、アフィリエイトを行うには、ASPというサービスが必要になります。

ASPには多種多様ありますが、これから始めるのであれば、圧倒的な案件数を誇る最大手のA8.netを利用するのが最も無難です。

会社にバレにくい人気な在宅副業ランキングTOP5


序盤でも説明した通り、副業禁止の会社に勤めているサラリーマンにとって、「副業バレ」は極力抑えたいものです。

少しの工夫をすれば副業が会社にバレる可能性を0に近づけることはできるのですが、100%バレないことは保証できません。

しかし、副業収入を年20万円以内に抑えることができれば、自分から言わない限り会社にバレることはないです。

そこで、ここでは「20万円問題」を完全回避するための副業を5つ紹介してみました。

1位:不用品販売

最初に必ず行って欲しいのは、不用品販売です。

これは長期的に続けられる副業ではありませんが、「やらないと損」と言える副業となっています。

不用品販売とは、自宅にある不要なものをメルカリなどのフリマアプリで売ることです。

なぜフリマアプリを利用するかというと、自分で値段を設定できるフリマアプリを使えば、通常の不用品買取店に足を運ぶよりも安く済ませることが可能だからです。

また、自宅のいらないものを断捨離することで気持ちに余裕ができたり、それによって得られた資金を副業の初期投資に当てられたりと、様々なメリットが考えられます

「お試し副業」のような感覚で、副業スタート記念に不用品販売をやってみるとよいでしょう。

2位:自己アフィリエイト

自己アフィリエイトも1位と同じく、「やらないと損」な副業です。

自己アフィリエイトとは、様々な商材が並んでいるASPに登録して、自分で商品を購入して報酬を得る仕組みになります。

例えば、特定のサイトからクレジットカードを申し込むと、10.000円〜20,000円のキャッシュバックを受けられるので、複数個を申し込むと数万円単位の報酬を受け取れるのです。

なぜこんな便利な制度があるかというと、キャッシュバック制度を導入することで、サービス利用者が増えて、宣伝に繋がるメリットがあるからです。

自己アフィリエイトは1つの商材に対して1回しかできませんが、やるなら早いうちに行って資金として使うのがよいでしょう。

3位:Uber Eats

体力に自信のある場合は、Uber Eats の配達員が向いています。

Uber Eats とは、ここ数年で知名度を大幅に上昇させたフードデリバリーですが、Uber Eats の配達員は他の配達員よりも稼ぎやすいと話題です。


こちらのツイートを見ると、1日に3万円を超える額を稼いでいるケースもあります。

Uber Eats は街の至るところに料理を届ける仕事で、体力勝負な仕事ではありますが、逆に体力がある人にとっては天職になるかもしれません。

空き時間に働きたいだけ働けるので、サラリーマン副業としても優秀です。

4位:webライティング

先ほども紹介しましたが、webライティングは「20万円問題」を回避するのにも向いています。

webライティングは特別なスキルを必要としていない上、気軽に行える仕事が多いため、年の副収入を20万円以内に抑えたいサラリーマンにも人気です。

また、webライティングを始めると文章を書く力が上達するため、会社内の仕事を進める上でも役に立つでしょう。

気軽な副業を探しているなら、webライティングをおすすめします。

5位:データ入力

実は最近注目されているのが、データ入力です。

データ入力とは、主にワードやエクセルなどのフォーマットにデータを打ち込んでいく作業のことで、扱うデータは数字や英文など様々あります。

非常に単純な作業とはいえ、データ入力が効率よくできる人材を探している企業は多いため、すぐに仕事が見つかる点で便利な副業です。

さらに、データ入力ができるようになると、タイピング作業が周りより圧倒的に速くなるので、会社内の業務でも活躍するようになるでしょう。

タイピングの練習としても、データ入力はおすすめの副業です。

スマホで気軽に副業したいならデータ入力が最適

気軽に誰でもできるデータ入力は、最近着実に人気度を上げており、スマホでもできる仕事も増えてきています。

中には自分のPCを持っていない人もいるので、そんな人にとってスマホでできるデータ入力は、非常に助かる仕事内容です。

また、アンケート回答などの仕事も気軽にできる代表的な仕事なので、通勤中のスキマ時間を使って行うにはぴったり。

副業禁止の会社に勤めているサラリーマン全員の敵である「20万円問題」を回避したいなら、スキマ時間でデータ入力を副業にするのが賢明と言えます。

サラリーマン男性におすすめな副業3選

次に、サラリーマンの中でも男性におすすめな副業を3つに厳選して紹介してみました。

身体を使った体力勝負な仕事でもこなせるサラリーマン男性は、チェック必須項目です。

Uber Eats

Uber Eats は、上記でも紹介しましたが、サラリーマン男性に特におすすめできる副業となっています。

Uber Eats は配達すればするほど報酬が増える成果報酬制度なので、1時間あたりに何回配達できるかで、時給も上昇していきます。

そのため、普段から筋トレなどで身体を鍛えている男性であれば、持ち前の身体の強さでたくさん配達することが可能です。

フィジカルに自信がある男性ほど、ぜひ挑戦してもらいたい副業になります。

紹介営業

次に紹介する紹介営業も、サラリーマン男性におすすめです。

紹介営業とは、すでに繋がりのある人物から新しい見込み顧客を紹介してもらう営業手法となっています。

新規顧客を獲得する通常の営業では、事前の信頼構築に多くの時間を要する必要がありますが、既存顧客を通して営業が始まる紹介営業では、改めて丁寧に信頼構築をする必要がないため、効率的に営業活動を行うことが可能です。

普段から多くの人とコミュニケーションを取っていて広い人脈を持っているなら、紹介営業を行うことで多くの成果を上げることができるでしょう

特に、本業が営業マンなら持ち前のスキルを活かして取り組めるため、相性はぴったりと言えます。

オンライン講師

3つ目に紹介するのは、オンライン講師です。

オンライン講師とは、オンラインで生徒さんに対して授業を行う仕事で、ジャンルは大学受験から資格試験、語学試験まで様々あります。

基本は生徒さんに直接教えることが仕事となりますが、その他にも教材を作ったり、スケジュール管理をしたりと、場合によっては複数の業務を同時進行することもあるでしょう。

決まった教室に通勤して授業を行う一般的な講師と比べると、在宅でもできる上に、好きな時間に授業を行えるので、本業があるサラリーマンでも無理なく働けます

人に何かを教えるのが好きなら、オンライン講師が向いているでしょう。

サラリーマン女性におすすめな副業3選


続いて、サラリーマン女性におすすめな副業を、3つに厳選して紹介します。

男性ではできない、女性ならではの仕事はたくさんあるので、ここで魅力的な仕事を探してみてください。

コールセンター

まずは、上記でも紹介したコールセンターです。

コールセンターは、企業に掛かってくる問い合わせに対応したり、見込み客に電話営業をしたりする仕事になっています。

コールセンターは男性でもできますが、昔から女性の方が多く、ほとんどの企業では女性の従業員を求めていることが読み取れます。

初めての相手と電話越しに話すコールセンターバイトでは、他の仕事では到底身につかないレベルのコミュニケーションスキルを身につけることが可能です。

さらに、コールセンターは他のアルバイトに比べて時給が比較的高いので、副収入源として優秀と言えます

人と話すのが好き、もしくは会話を上達させたいなら、コールセンターで働いてみてはいかがでしょうか。

配信アプリ

「Pococha」「17LIVE」のように、ここ数年で配信アプリの知名度は急上昇してきました。

配信アプリとは、リアルタイムで配信者(ライバー)の配信を視聴できるアプリのことで、配信しているライバーは報酬がもらえるものとなっています。

ライバーの報酬は、基本的に配信中に視聴者から受け取った投げ銭によるもので、人気のライバーであればあるほど報酬が高くなっていると言えますね。

また、アプリによって報酬体系は様々で、配信時間に応じて給料のような形で報酬を受け取れる場合もあります。

自分のことを発信するのが好きであれば、配信アプリで働いて人気ライバーになってみるのも面白い選択肢です。

ナイトワーク

女性しかできない代表的な仕事としては、キャバクラやラウンジなどで働くナイトワークがあります。

ナイトワークは昔から女性が大きく稼ぐ場面で使われてきた職業で、仕事の性質上から世間で敬遠されがちですが、ナイトワークが稼げることは覆せない事実です。

地域によって様々ですが、都内の高級ラウンジなどで働くようになると、月収数十万円に到達することも珍しくなく、本気で取り組んでいる女性は月収数百万円にも昇ることがあります。

さらに、キャバクラ等に訪れるお客様は経済的に余裕のある経営者や著名人であるケースが多く、そこで働く女性にとっては人脈を一気に広げるための重要な場ともなっているのです。

もちろん安全な働き方とは言えず、並々ならぬ精神力を持って挑むべきではありますが、短期間で大きく稼ぐ覚悟があるなら挑戦する価値はあるでしょう。

サラリーマンの副業でYouTuberはどうなの?

サラリーマンの副業でYouTuberをすることについて考えてみます。

結論から言うと、会社員が副業でYouTuberをするのは、時と場合によると言えるでしょう。

会社が副業禁止となっていて副業がバレるとまずい場合、YouTuberに取り組むと身バレの危険性が高くなるので、おすすめできません。

また、本業の都合上身バレするとマズい場合も、YouTuberはリスクが大きいので向いてないでしょう

一方で、会社が副業禁止ではなく、身バレを恐れていない人がYouTuberをするのは大いに賛成です。

実際に会社員時代に副業としてYouTuberをスタートした結果、今では超有名インフルエンサーとして何億も稼いでいる方もいらっしゃいます。

超人気YouTuber「ラファエルさん」も、会社員の副業YouTuberから大成功した方の1人です。

参考:https://book.asahi.com/article/13296412

このように、YouTuberは身バレなどのリスクがありますが、成功すると一生お金に困らないレベルの収入源にも仕上げることができます。

YouTuberとして大成するのは中々難しいですが、確かな戦略と長期的な努力ができれば可能性はあるので、熱意のある人はぜひ挑戦してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はサラリーマンが副業するにあたって、おすすめの副業や、副業を行う上での注意点について詳しく解説してきました。

昔では「怪しい」「詐欺」と揶揄されていた副業ですが、今では多くの人が当たり前のように取り組んでいます。

しかし、現状では副業で成果を出せている人はごく少数です。

正しい情報と適切な知識を取り入れないと、副業で成功するのはかなり厳しいものになっています。

この記事を読み終えたあなたには、ぜひ副収入を勝ち取っていただき、余裕のある「プチ贅沢」を楽しんでもらいたいと考えています。

今回の記事を参考に、ご自身の生活や目標とマッチした最適な副業を探し出してみてください。


【新】ビジネスマッチングサービス

 

 width=

パソコンでもスマートフォンでも利用可能な、ビジネスに繋がるWEBマッチングサービス。スワイプ方式ではなく検索型なので、出会いたい時に出会いたい業種で選択可能!

PAGE TOP