マッチングアプリにいるやばい女とは?変な女の見分け方や写真の特徴、見分け方を徹底解説

マッチングアプリにいるやばい女とは?

更新日:


男性がマッチングアプリを利用していると、時に「やばい」と感じる女性に出会うことがあります。

スマホひとつで異性と出会えるマッチングアプリはとても便利な一方で、男女の出会いが思わぬトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

実際に、マッチングアプリを利用する男性の多くが「この女性はやばい」という人に出会った経験を持っており、アプリの利用には注意しなければなりません

そこで今回は、「マッチングアプリに潜んでいるやばい女」の特徴を解説するほか、やばい女に出会ってしまったらどのように対処すべきなのか、見分け方などを詳しく紹介します。

実際に、マッチングアプリでやばい女に出会った経験を持つ男性の体験談も見てみましょう。

目次

【男女共通】マッチングアプリにいる「やばい人」の特徴


マッチングアプリは老若男女問わず多くの人が利用しており、アプリで出会うことは今や珍しいことではありません。

実際に付き合ったり結婚したりした人も多く、普段の生活では出会えない人に出会えるとして人気です。

しかし、中には「やばい人」もいます。

真剣な出会いを求めているのではなくヤリモク(体目的)でアプリを使っている人、メシモク(ご飯目的)、宗教やネットワークビジネスへの勧誘、業者など、恋人・結婚相手探しではない目的で利用している人も実際にいます。

真面目に出会いを探している人にとって、こうした悪質会員とのマッチングやメッセージのやり取りは、貴重な時間を無駄にしていると言っても過言ではありません。

そこで、まずはマッチングアプリにいる「やばい人」の特徴について、男女問わず見られる3つの特徴を見てみましょう。

やばい人の特徴①ビジネスや宗教へ勧誘するために紛れ込む「業者」

マッチングアプリには、アプリとはまったく関係のない「業者」が紛れ込んでいます

業者とは、マッチングアプリの運営とはまったく関係のない人物で、アカウントを作ってアプリの会員にメッセージを送り、他のサイトやサービスに誘い出そうとします。

業者の特徴は次の通りです。

【マッチングアプリに潜む業者の特徴】

  • 「こっちのサイトで話そう」と誘導する
  • すぐに会おうとしてくる
  • すぐにLINEや連絡先を聞き出そうとする
  • 副業や転職の話を持ち掛けてくる
  • 会う場所を指定してくる
  • 「夢」「ネットビジネス」「投資」などのワードを出す

相手のプロフィールやメッセージにこれらの特徴があった場合、高い確率で業者と言えます。

また、よくマッチングアプリを使っている人の口コミで「サクラからメッセージがきた」という内容が見られますが、これはサクラではなくほとんどが業者です。

サクラ 業者
マッチングアプリとの関係 ・関係あり
・アプリの運営から雇われている人物
・関係なし
・アプリとはまったく関係なく、紛れ込んでいるだけ
マッチングアプリを利用する目的 ・アプリの会員にいいねやメッセージをして課金してもらおうとする
・マッチングしやすい(会員んが多い)アプリだと思わせる
・外部サービスやサイトへの誘導
・直接会い、ビジネスや宗教への勧誘を行う
・性的サービスと引き換えに料金を請求する援デリ業者
活動するマッチングアプリの料金体制 ・ポイント課金制
(前払い制)
・月額制
(定額制)

上記のように、業者はサクラとは違ってマッチングアプリとはまったく関係ありません

その理由として、現在多くのマッチングアプリで料金体制がポイント課金制ではなく月額制(定額制)になっており、サクラを雇ってまで課金させる必要がないためです。

ポイント課金制のマッチングアプリだと、メッセージ1通を送るたびに購入したポイントを消費する仕組みになっているため、サクラはメッセージを送り続けてポイントを購入してもらうように仕向けます。

月額制(定額制)のアプリなら、いくらメッセージを送っても一定の金額しか支払う必要がないため、サクラを雇ってメッセージのやり取りをする必要がありません。

やばい人の特徴②デートをドタキャンしたり急に退会したりする人物

マッチング後、デートをする約束をしていたのに当日になって相手が来なかったり、突然「会えなくなった」とドタキャンしたりする人物がいます

マッチングアプリはお互いの個人情報を明かさず、アプリ上でメッセージのやり取りができるというメリットがある一方で、デートの約束を平気でドタキャンしたり突然アプリを退会したりする人も少なくありません。

お互いのLINEや連絡先を交換していない場合は、アプリを退会されると相手との繋がりがなくなってしまうため、諦めるしかありません。

また、相手のアカウントを見たときに「このユーザーは退会しています」などと表示されても、実は退会しておらずアカウントをブロックされただけというパターンもあります。

理由もないのにドタキャンや突然のブロックをしたにもかかわらず、アプリを使い続けている人は少なくありません。

真面目に出会いを探している会員にとっては、こうした人物は迷惑以外の何者でもないため、深追いしないほうが良いでしょう。

やばい人の特徴③あまりにも高いスペックで登録するプロフィール詐欺

マッチングアプリのプロフィールが、あまりにも高いスペックの人にも注意が必要です。

プロフィールはすべて自己申告制のため、身長や年収、職業などの記載があったとしても、それが本当かどうかを確かめられません。

たとえば、公務員や医師などいわゆる高収入と言われている人気の職業に就いていると嘘をつき女性アカウントを狙っている男性がいたり、看護師などと言って男性アカウントを狙ったりする女性もいます。

正式に付き合えばどんどんバレていくような嘘をついているケースもあり、結婚の話が出てから思わぬトラブルに発展する可能性もあります。

こうしたアカウントの多くは、真面目に付き合うことを考えているのではなく、ヤリモク(体目的)や遊び目的、暇つぶしにマッチングアプリを使っている人が多くみられます

マッチングアプリにはめんどくさい女しかいない?ブロックすべきやばい女の特徴


マッチングアプリには、やばい女・めんどくさい女しかいないと感じている男性も少なくありません

もちろん、すべての女性会員がやばいわけではありませんが、真面目に相手探しをしている人は一度でも「やばい女」に出会ってしまうと、「アプリでは出会えない」というイメージが染み付いてしまうこともあります。

ここでは、マッチングアプリで出会ってしまった場合、ブロックしたほうが良い女性の特徴を5つ紹介します。

やばい女①プロフィール写真を加工しまくりの女

プロフィール写真を、加工アプリなどを使って過度に加工している女性には注意が必要です。

アプリでは「かわいい!」「美人だな」と思ってマッチングしても、実際に会ったときに別人のように見えたり、「騙された…」と感じたりします。

こうした失敗をしないためにも、過度にプロフィール写真を盛っている・詐欺っている女性には初めからかかわらないようにするのが賢明です。

【写真を加工しているかどうかの見分け方】

  • ウォーターマーク(アプリのロゴ)があるか
  • 肌が不自然に白くないか
  • 顎がやたらとシャープ
  • 目がやたらと大きい
  • 写真の一部が歪んでいる

写真を加工しているかどうかは、アプリのロゴ(ウォーターマーク)が入っているかをまずチェックしてみましょう。ただし、加工をしている多くの女性が、このロゴも消した写真を使っています。

写真が明るくなっている、肌がやけに白い写真も加工されていますが、顔がはっきり見える程度であれば問題ありません。ただし、鼻筋が見えなくなるくらい白飛びしているものは注意が必要です。

目がやたらとぱっちりしていて大きい、顎がシャープ(とがっている)など、体の一部分に目が行ってしまう場合も注意しておきましょう。この場合は高確率で体のパーツを大きくしたり小さくしたりするなど、加工されています。

また、こうした加工を施すとよくあるのが、写真の歪みです。

どこかのパーツを引き延ばしたり縮めたりすることで、他の場所も不自然になってしまいます。写真の加工に夢中になると本人は気付かないことも多いため、プロフィール写真を見たときに歪みがあった場合は、確実に加工されていると言えるでしょう。

サブ写真をチェックしたり、メッセージのやり取りが続いたときに「他の写真も見てみたいな」と送ってみたりして、過度な加工がないかをチェックするのもおすすめです。

やばい女②マッチングアプリをヤリモク(体目的)で使う女

男性がヤリモク(体目的)でマッチングアプリを使うことが多いように、女性もまたヤリモクでアプリを使っていることがあります

中には、マッチングしてすぐに会おうとしてきたり、すぐにホテルに行きたいとメッセージしてきたりする女性もいます。

男性側もヤリモクなら手っ取り早くて良いかもしれませんが、真面目に恋人や結婚相手探しをしている場合は、迷惑としかいいようがありません。この場合、一度体の関係を持つとフェードアウトしてしまい、連絡が取れなくなるケースが多く見られます。

また、ヤリモクで厄介なのが恋人持ちや既婚者の女性であるケースです。

男性側が既婚者で、女性が知らずに引っ掛かってしまうケースがあるように、女性側が夫とのセックスレスなどを理由にしてマッチングアプリを使うことがあります。

既婚者と知らずに体の関係を持ってしまったり付き合ったりしてしまうと、後になって女性の配偶者にバレて大きなトラブルに発展する可能性もあります。

すぐに体の関係を持とうとしてくる女性や、あまりにも積極的に会おうとする女性には注意しましょう

やばい女③彼女気取りで嫉妬・束縛、情緒不安定・メンヘラな地雷系の女

メッセージのやり取りが続いたり、実際に会ってデートをしたりした後に起こりやすいのが、女性が「彼女気取り」をし始めることです。

正式に付き合っているわけでもないのに、自分の行動を把握したり制限したりするような言動が増えていくようになります。

【彼女気取りの女性の例】

  • マッチングアプリを退会して欲しいと言う
  • 付き合っていないのに「会いたい」「早く結婚したい」などと言う
  • 距離感がおかしい
  • 「何で連絡してくれないの?」などと束縛する

こうした女性とのやり取りは、だんだんと疲弊してしまいます。

付き合っていないのであればストレートに「俺たち付き合っていないよね?」と確認してみるのもおすすめです。女性側が勘違いしているというケースもあるため、お互いの立場を確認するのは重要と言えます。

それでも逆上してきたり、話が通じなかったりする場合には相手をブロックするのも一つの手です。

やばい女④おごられるのは当たり前、メシモク(ご飯目的)の女

真面目に男性との出会いを探しているのではなく、デートでのご飯目的(メシモク)でアプリを使っている女性もいるので注意しましょう。男性に食事をおごってもらう、つまり「タダメシ目的」です。

初めてのデートで「何が食べたいですか?」「どんなジャンルがお好きですか?」と聞いて高級なものをねだってくる女性や、あそこのお店に行ってみたいと高級店を指定してくる女性は、メシモクの可能性が高いでしょう。

中には、このようにメシモクではなく真剣に相手探しをしている女性もいます。

「なんでも好きですよ」「お任せします」と言ってくれる女性は、メシモクの可能性が低いと言えるでしょう。

やばい女⑤時間の無駄!暇つぶし・寂しがりでかまってちゃんな女

マッチングアプリには、パートナーが欲しいわけではなく単なる暇つぶしで登録している女性や、男性にちやほやされたい・かまってほしいという目的で使っている女性も多くいます

こうした女性アカウントに遭遇した場合、真剣に出会いを求めている男性にとっては迷惑と言えます。

しかし、実際には暇つぶしで登録している女性は少なくありません。会う気もないのにだらだらとメッセージのやり取りを続けたり、男性側の都合も考えずに「今何してるの?」「暇だよ~」などと追撃メッセージを送ったりするなど、迷惑行為とも言える行動をとる人もいます。

メッセージのやり取りを長く続けてもLINE交換をしてくれない、なかなか会ってくれない、お互いのことを知ろうとするメッセージがみられない場合は、徐々にフェードアウトするのも良いでしょう。

マッチングアプリにいるヤバい女の見分け方


マッチングアプリにいる「やばい女」がどうすれば分かるのか、見分け方となる3つのポイントを紹介します。

見分け方①プロフィール写真がやたら美人、業者の可能性

プロフィール写真がやたら美人、可愛いという場合、本人の写真ではない可能性があります

本人が過度な加工をしている場合もありますが、芸能人やモデルのように可愛い女性の場合、ネットから適当に拾ってきた画像をプロフィール写真に設定している「業者」のケースもあります。

写真をGoogle画像検索にかけてみると、過去にアップされた写真が検索できるため、調べてみるのもおすすめです。

また、プロフィール写真だけでなく自己紹介文とあわせてチェックするとわかりやすいでしょう。業者の場合は自己紹介文にLINE IDを記載していたり、外部サイトのURLを貼っていたりします。

見分け方②プロフィール写真の加工・盛り方が激しい、写真と別人の可能性

プロフィール写真の加工が激しいものを使っている場合、実際に会ったときに「別人では?」と驚く可能性があります。

特に女性はメイクと写真加工を行うため、二重で注意しなければなりません

見分け方③職業は「家事手伝い」、無職でメシモクの可能性

女性のプロフィールをチェックして、職業が「家事手伝い」や「無職」の場合には注意が必要です。

そもそも家事手伝いとは、女性が実家で掃除や洗濯、料理など家事全般を行って将来の結婚に向けた練習をすることを指します。中には家業を手伝っているという意味で「家事手伝い」を職業にしている人もいますが、大半は前者です。

仕事をする女性が増えたことで家事手伝いという言葉を聞く機会も減っていますが、特に男性からは「ニート(無職)」と同じ意味でとらえられます。

厳密にはニートとは違うとされているものの、結婚を視野にして仕事をせず家事の手伝いをしている女性は、真剣に結婚を考える男性にとっては心もとないと感じてしまうかもしれません。

また、職業を家事手伝いにしている女性の中には、収入がなく実家で暮らしている人も多くみられます。そのため、マッチングアプリを使う理由が相手探しではなくパパ活やメシモク(タダメシ目的)という可能性もあるでしょう。

メシモク・タダメシ目的の女性はこのような見分け方があります。

もちろん、職業を家事手伝いにしているすべての女性が上記に当てはまるわけではありません。

やり取りをしたり、実際に会ったりしたときに一銭もお金を払おうとしない、はじめから専業主婦を希望しているなど、自分とは合わないと感じたらフェードアウトすると良いでしょう。

見分け方④自己紹介文やメッセージに下ネタ、業者の可能性

自己紹介文やメッセージに下ネタがあったり、すぐに「エッチしよう」「ホテルに行きたい」と言ってきたりする女性アカウントは、業者の可能性が高いでしょう。

男性アカウントを対象として活動する業者が多く、男性に対してエッチなメッセージを送ってきたり、ここで連絡をとろうなどと言って別のサイトのURLを送ってきたりします。

上述のとおり、マッチングアプリには業者が紛れ込むことが多く、どれだけ取り締まりを行っている大手のマッチングアプリでも根絶することは難しくなっています。

外部に誘導される、早い段階からセックスを匂わせる言動をする女性アカウントは業者の可能性が高いため、様子を見たりブロックしたりするなど注意しましょう。

見分け方⑤デートにお店を指定、ぼったくりの可能性

メッセージのやり取りを重ねてデートの話になったとき、女性側から「行きたいお店がある」と指定されるのは、ぼったくりの可能性があります

多くの場合、女性側が「行きたいお店がある」としか伝えず、お店の詳細を教えてもらえないため事前に口コミをチェックすることもできません。

マッチングアプリで知り合った人と初めて会って食事に行く際、多くの女性は「本当に2人で会って大丈夫かな」と、不安を抱いています。そのため、事前にどのような店に行くかわかっているほうが安心できるため、店の提案をしても却下されたり、直接会ってから決めようと言われたりした場合は、ぼったくりの可能性が高いと言えるでしょう。

「イタリアンが好きです」「このお店に行ってみたいです」と、男性側に店のチョイスを任せたり店舗の詳細を事前に教えてくれたりする場合は、あまり心配しなくても良いでしょう。

見分け方⑥マッチングしてすぐに会おうとする、勧誘や業者の可能性

マッチングアプリは、男女がいいねを送り合ってマッチングするとメッセージができるようになります。

マッチングしたばかりにもかかわらず、どのような人となりなのかもわからない段階で「会いたいです」と誘ってくる女性アカウントは、業者や勧誘が目的の可能性があります

ただし、中には初回のデートで勧誘するのではなく、より深く関係を築いた上で話を持ち掛けて来るケースも増えています。

初めて会ったときに勧誘されなかったから大丈夫、というわけではありません。

また、勧誘とは気付かれにくいパターンでデートに誘ってくることもあるため、相手が本当に出会いを求めているのかを見極める必要があります。

マルチ勧誘、宗教勧誘、ネットワークビジネスへの投資勧誘など、業者ではなくてもさまざまな危険が潜んでいます。

少しでも怪しいと感じたり、相手からのメッセージに「夢」「希望」「副業」「救済」などの怪しいワードがちらついたりしたら、メッセージを切り上げて様子を見てみましょう。

ペアーズやタップルにいる要注意人物・やばい女の名前一覧リストを知るには?


ドタキャンを繰り返したりヤリモクで相手を振り回したりする悪質会員や、アプリに紛れ込んだ業者アカウントは、通報されて退会措置がとられても、別のスマホで再登録してしまうためキリがありません。

こうした要注意人物の名前(アカウント名)や特徴を事前に知っておきたい場合には、ネット掲示板や口コミサイトをチェックするのがおすすめです。

すべての情報が正しいわけではありませんが、こうした情報を留め置いてアプリを利用することで、トラブルに遭う可能性を低くすることはできるでしょう。

ここでは、マッチングアプリに潜んでいる悪質会員の情報について、キャッチアップの方法を3つ紹介します。

方法①ネット掲示板の2ちゃんねる(2ch・5ch)をチェック

まずは、国内最大級のネット掲示板「2ちゃんねる(2ch・5ch)」をチェックしてみましょう。

アプリ名で検索したり、マッチングアプリでの体験談・失敗談に関するスレッドを探したりすると、関連する情報を見つけられます。

また、2ちゃんねるだけでなく、「Yahoo!知恵袋」や「ガールズちゃんねる(ガルちゃん)」、「爆サイ.com」などのネット掲示板でも同様に多くの情報が掲載されています。

方法②口コミサイトをチェック

マッチングアプリの口コミサイト、比較サイトをチェックするのもおすすめです。

マッチングアプリを実際に利用した感想を記事にしているブロガーも多く、よりリアルな体験談や口コミが見つけられます。ブログのコメント欄には、似た経験を持つブログ読者からのコメントが投稿されることもあるため、ぜひ参考にしてみましょう。

方法③ツイッターなどのSNSやハッシュタグをチェック

Twitter(ツイッター)などのSNSでは、マッチングアプリで会ったやばい人の情報や写真が投稿されています。リアルタイム性が高いため、こうした投稿が一気に拡散されることも珍しくありません。

「婚活」「マッチングアプリ」などのキーワード検索をしたり、「#(ハッシュタグ)」を使ったりして、注意喚起されているアカウントを探してみましょう。

もちろん、ネット掲示板の情報だけでなくSNSにある情報もすべてが正しいとは限りません。すべての情報を鵜呑みにするのではなく、こうやって騙されるケースもあるということを留め置いてアプリを活用しましょう。

マッチングアプリでやばい女に会ったら?要注意すべき怖い女・最低女への対処法


マッチングアプリには、実際に「やばい女」が潜んでいます。もしアプリでやばい女、怖い女に出会ってしまったときにどう対処すれば良いか、ケース別に3つの対処法を紹介します。

対処法①すぐに「会いたい」「LINE教えて」は即運営に通報

すぐに会いたいと言ってきたり、LINEなどの連絡先交換を持ち掛けてきたりする女性アカウントは、高確率で業者です。

その後のメッセージの内容で業者だと判断できたら、まずはマッチングアプリ運営に通報しましょう。運営による調査の結果、業者のアカウントだと確認されると強制退会という形になります。

また、通報後はメッセージを返すことはせず、自身も相手のアカウントをブロックしておきましょう。

業者のアカウントは別のスマホを使うなどして復活しますが、一時的な対策として通報・ブロックをするのがおすすめです。

対処法②「寂しい」「何してるの」メンヘラはストーカー化する前にブロック

マッチングアプリを利用する女性の中には、男性に依存しやすい人もいます。寂しがり屋、かまってちゃん、男性を束縛する、いわゆる「メンヘラ」の女性です。

やりとりをしている男性や気になっている男性がアプリにログインすると、すぐにメッセージを送るなどの行動をとることもあります。

こうした女性アカウントをブロックすると逆上し、場合によってはアカウントを変えてコンタクトを取ってきたり、LINEを次から次へと送り付けてきたりする可能性もあります。

中には、マッチングアプリでの出会いがきっかけでストーカー化し、逮捕された女性もいます

このように実生活にも大きな影響が及ぶ可能性があるため、場合によってはLINEアカウントの初期化を行うなど、これ以上近づけないように対処しましょう。

ハッキリ言っても伝わらない、手を変えて接触しようとしてくる、危険を感じる言動があるなど、最悪の場合は警察への相談も視野に入れることをおすすめします。

対処法③初デートで財布を出さない場合は2回目以降会わない

男女が初めて会うデートで大きな論争になるのが、「財布」問題です。

真面目に恋人やパートナー探しをしている場合、初デートでのお会計時に女性が財布を出すかどうかは大きな注目点と言えます。

賛否両論ありますが、全額を男性が払う場合でも「ありがとう」「ごちそうさまでした」などお礼を言ったり、財布を出すそぶりをしたりするのが女性側のマナーと言えます。

しかし実際には、次のような女性が多いのも事実です。

また、マッチングアプリによってはプロフィール欄で「デートの費用」についてどのように考えているのかを選択できるものもあります。

真面目に女性との出会いを探している人は、こうした部分もチェックしておき、お金の使い方について価値観の合う人を探してみましょう。

マッチングアプリで実際にやばい女に出会った男性の体験談まとめ

ここでは、マッチングアプリで実際にやばい女に出会ったという男性の体験談をピックアップして紹介します。

やばい女に会いづらい!おすすめの優良マッチングアプリ3選

ここからは、安心して利用できる大手の優良マッチングアプリを3つ紹介します。

いわゆる「やばい女」に遭遇しづらく、万が一のときには通報や相談などができ運営体制が整っているアプリです。

おすすめアプリ①pairs(ペアーズ)

運営会社 株式会社エウレカ
インターネット異性出会い紹介番号 三田21-033455
運営開始 2012年
会員数 1,500万人
仕様 アプリ/Webサイトどちらも利用可能
会員年齢層 20代~50代
会員男女比率 男性:女性=6:4
料金体系 定額制
利用料金 男性:3,590円~/1ヶ月 女性:無料

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活のためのマッチングアプリ

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活のためのマッチングアプリ

eureka,Inc.

国内最大手のマッチングアプリとして知られているのが、pairs(ペアーズ)です。

会員数は1000万人以上と出会いの数が豊富で、実際に恋人ができたり結婚したりした人の声も多く寄せられています。

公的証明書による年齢確認(本人確認)はもちろん、24時間365日体制のサポート、安全な方法での個人情報管理など、安心して利用できる体制が整っています

おすすめアプリ②Omiai(オミアイ)

運営会社 株式会社ネットマーケティング
インターネット異性出会い紹介番号 赤坂21-071868
運営開始 2012年
会員数 約600万人
仕様 アプリ
会員年齢層 男女ともに20代後半~30代前半がメイン
会員男女比率 男性:女性=6:4
料金体系 定額制
利用料金 男性:1,950円~/1ヶ月 女性:無料
マッチング Omiai - 婚活・恋活アプリ

マッチング Omiai – 婚活・恋活アプリ

結婚を本格的に意識する20代・30代がメインユーザーのOmiai(オミアイ)は、本気で婚活を考えている人におすすめのマッチングアプリです。

24時間365日の監視体制を敷いているほか、恋人がいる人は利用禁止のため、既婚者が紛れ込む可能性が低いのも安心できるポイントです。

これまでにテレビや女性誌などさまざまなメディアで取り上げられた実績もある、大手マッチングアプリとなっています。

おすすめアプリ③marrish(マリッシュ)

運営会社 株式会社マリッシュ
インターネット異性出会い紹介番号 30160062002
運営開始 2016年
会員数 約200万人
仕様 アプリ/Webサイトどちらも利用可能
会員年齢層 男性:40~50代 女性:30~50代
会員男女比率 男性:女性=5:5
料金体系 定額制
利用料金 男性:3,400円/1ヶ月 女性:無料

マリッシュ(marrish) 婚活・マッチングアプリ

マリッシュ(marrish) 婚活・マッチングアプリ

婚活メインのマッチングアプリですが、もちろん恋活にも利用できます。シングルマザーやシングルファーザー、バツイチの人による再婚活にも力を入れているアプリのため、会員の真剣度も高いのが特徴です。

24時間365日での監視体制が整っているだけでなく、連絡先を交換しなくてもアプリ上でビデオ通話ができる機能もあり、実際に会うまでに距離を縮められるのもおすすめポイントと言えるでしょう。

マッチングアプリでも出会える!まともな女性や誠実で真面目な人の特徴


「マッチングアプリ=まともな女性がいない」

一度痛い目を見てしまった男性の中には、そう感じている人も少なくありません。

しかし、実際には本気で出会いを求めている女性アカウントは多く存在しており、マッチングアプリの出会いをきっかけに交際したり結婚したりした人は増えています。

ここでは、マッチングアプリで誠実な女性や真面目に出会いを求めている女性を見分けるための、3つの特徴を詳しく紹介します。

特徴①自己紹介文やメッセージの内容がしっかりしている

まず、気になる女性アカウントを見つけたらプロフィールをじっくり確認してみましょう

写真も見るべきポイントですが、より重要なのは自己紹介文です。真面目な出会いを求めている人、結婚願望の強い人は自分を知ってもらうためにさまざまな情報を書き込んでいます。

その人が書いた文章からどのような気持ちが伝わってくるのかが重要なポイントです。年齢や職業だけでなく、真面目に婚活・恋活しているのかどうかがわかるような自己紹介文になっているかチェックしてみましょう。

プロフィール文にあらかじめ「不純な出会いは求めていない」という内容を記載しているアカウントは、真面目に相手探しをしていると判断できます。

特徴②わかりやすいプロフィール写真やサブ写真を載せている

マッチングアプリのプロフィール写真に、表情がわかりやすいものを載せている人や、サブ写真までしっかりと載せている人は真面目にアプリを利用している傾向にあります。

自己紹介文と同様に、プロフィール写真をしっかり載せている人は「自分のことを知ってほしい」という思いがあり、出会いを求めていると言えます

特に、サブ写真で趣味に関する写真や飼っているペットの写真を載せるなど、プライベートが垣間見える場合、より真面目な出会いを求めている可能性が高いと言えるでしょう。

ただし、上述のとおり写真を過度に加工している人や、あまりにも美人という場合は少し様子を見ながら「いいね」を送り、マッチング後にメッセージをして判断すると良いでしょう。

特徴③真剣度の高いマッチングアプリを利用している

真面目に相手探しをしている場合、恋活・婚活への真剣度が高いユーザーが多いマッチングアプリを利用してみましょう

一口にマッチングアプリと言っても、友達作りや遊び目的で利用する人が多いもの、中高年向きのもの、既婚者向けのものなどさまざまです。

男女のパートナー探しが真剣に行われていると評判のマッチングアプリや、女性料金が有料のマッチングアプリを利用すると良いでしょう。

マッチングアプリの料金は、多くの場合男性が有料である一方、女性は無料です。しかし、女性も男性と同じく料金が必要なマッチングアプリであれば、「お金を払ってでも真面目に出会いを探している」と言えます。

女性も有料のマッチングアプリを使うのがおすすめ!

ここでは、女性も有料のマッチングアプリを紹介します。

上述のとおり、

女性も有料のアプリ①youbride(ユーブライド)


運営会社 株式会社Diverse
インターネット異性出会い紹介番号 30120005027
運営開始 2000年
会員数 約224万人
仕様 アプリ/Webサイトどちらも利用可能
会員年齢層 20代後半〜50代
会員男女比率 男性:女性=7:3
料金体系 定額制
利用料金 2,400円~/1ヶ月(男女共通)

婚活アプリとして知られているyoubride(ユーブライド)は、男女ともに有料となっています。

有料ということで女性比率は少なくなるものの、真面目に出会いを探している人ばかりであることや、会員数自体が多いためマッチングしやすいことがメリットです。

さらに、女性の有料会員からメッセージが来た場合、男性側が無料会員のままでもメッセージのやり取りをすることが可能です。自分からメッセージを送るには有料会員にならないとできませんが、有料会員から送られたメッセージへの返信は、無料会員のままできます。

他のアプリと掛け持ちするなどうまく活用すれば、通常は費用がかさみやすい男性でもお得にアプリを使えます。

>>ユーブライドの口コミと料金、要注意人物を解説【キャンペーン情報あり】

女性も有料のアプリ②ゼクシィ縁結び


運営会社 株式会社リクルート
インターネット異性紹介事業届出 30130012008
運営開始 2014年
会員数 140万人以上
仕様 アプリ/Webサイトどちらも利用可能
会員年齢層 20代後半〜50代
会員男女比率 男性:女性=5:5
料金体系 定額制
利用料金 2,640円~/1ヶ月(男女共通)

ゼクシィ縁結びは、誰もが知る結婚情報誌「ゼクシィ」でおなじみのリクルート社が運営する婚活マッチングアプリです。

男女ともに有料であるほか、スタッフがデートをセッティングしてくれるサービスも利用できるため、本気でパートナー探しをしたい人に定評があります。会員の年齢層も幅広く、男女比のバランスも良いため、出会いやすいと人気のアプリです。

まとめ

マッチングアプリで遭遇するやばい女(やばい男)には、さまざまな特徴や共通点があります。

「こんな人もいるんだ」ということを知っておくと、初めてマッチングアプリを使ってやばい人に出会ったときにも対処しやすくなるのではないでしょうか。

もし、やばい人に会ってしまったときは…

  • メッセージが来ても無視する
  • アカウントをブロックする
  • マッチングアプリの運営に通報する

などの対処をしましょう。もし、すでにLINEなどの個人情報を教えてしまっているときにはそちらもブロックし、方法を変えてコンタクトを取ってくるなど恐怖を感じるレベルになったら、LINEの初期化を行うなど必要に応じた対策をしましょう。

真面目に出会いを探すのであれば、同じように誠実に対応してくれる相手を探すことが大切なポイントです。

そして、マッチングアプリでは真剣な出会いを探す男女がいる一方で、時には驚くような言動をするやばい人も一定数いるということを知り、自ら安全対策をするように心がけましょう。

マッチングアプリにいるやばい女に関するよくある質問

最後に、マッチングアプリにいる「やばい女」に関して、よく寄せられる質問をQ&Aでまとめました。

マッチングアプリにいるやばい女を避ける方法は?

プロフィールを見たときに、「他の人と違うかもしれない」と怪しく思うポイントがあった場合は、コンタクトを取るのを避けましょう。

マッチングアプリには多くの女性が登録しています。複数の気になるアカウントを見つけて同時進行でやり取りを進め、フィーリングの合わない人は徐々にフェードアウトしていくのも一つの手です。

特に、男性は多くのマッチングアプリで料金がかかります。業者ややばい女性を相手にするのは時間の無駄と言えるでしょう。そのため、少しでも「おかしい」と感じた場合は早めにメッセージのやり取りを切り上げるようにするなど、直感を信じて行動するのがおすすめです。

やばい女に会いづらいおすすめのマッチングアプリは?

真面目に出会いを探す女性を見つけたいときには、男性だけでなく女性も料金がかかる有料マッチングアプリ・婚活アプリを使うのがおすすめです。

多くのアプリは男性のみ料金がかかるため、無料で利用できる女性が暇つぶし目的やタダメシ目的で利用することがあるからです。

こうした女性をできるだけ避けるには、女性も利用料金がかかるアプリを使いましょう。料金を払ってアプリを利用するぶん、出会いへの真剣度が高くなります。

女性も有料のマッチングアプリは、「youbride(ユーブライド)」や「ゼクシィ縁結び」などがあります。

マッチングアプリにいるやばい女は、どのような特徴がありますか?

マッチングアプリを利用する女性の中には、真剣に出会いを探しているのではなく、「遊び相手が欲しい」「体目的」「ご飯をごちそうしてもらいたい」など、その他の目的で利用している人も少なからずいます。

こうした女性は真剣に交際したり結婚相手を探していたりするわけではないため、だらだらとメッセージのやり取りをしたり、直接会えなかったりすることもあります。

やばい女性の特徴としては…

  • ・プロフィールの写真が美人すぎる
  • ・写真を加工し過ぎている
  • ・会う店や時間を指定してくる
  • ・自分のペースでメッセージを次々送ってくる

など、さまざまなパターンがあります。

メッセージは続くのになかなかLINEを教えてもらえない、なかなか会う話が出ない、デートをしても財布を出す素振りすら見せないなど、違和感がある場合にはフェードアウトしたり連絡を取ったりしないようにしても良いでしょう。

恋活アプリ
おすすめランキングTOP3

◆1位 pairs ペアーズ




婚活:★★★★
恋活:★★★★
友活:★★★☆☆


◆おすすめポイント◆


・圧倒的な会員数で無限に出会いがある
・Facebookの友達を自動ブロック、身バレの心配なし
・女性は月額料金無料
・男性は月額4100円〜

 

ペアーズを見る▶

 

 

◆2位 タップル誕生

タップル-マッチングアプリで出会い/恋活

タップル-マッチングアプリで出会い/恋活
開発元:MatchingAgent, Inc.

◆3位 youbride ユーブライド

結婚するなら登録無料の婚活サイト/youbride(ユーブライド)


婚活:★★★★★
恋活:★★☆☆☆
友活:☆☆☆☆


◆おすすめポイント◆


・真剣度が高い
・サクラ0宣言
・登録・基本機能は無料
・スタンダードプラン2400円〜

 

ユーブライドを見る▶

 

 

PAGE TOP