面白い体験談の婚活ブログ!
圧倒的人気イベント参加男女の本音炸裂!

パーティースケジュール

お見合い結婚でも幸せになれる!体験談・交際期間・流れを紹介

お見合い結婚でも幸せになれる!体験談・交際期間・流れを紹介

2:01 pm, 26 7月 2021


社会人になると、仕事に追われる日々でなかなか出会いがありません。
中にはお見合いをセッティングしてもらう人もいますが、「お見合い結婚って幸せになれるの?」と不安に思われる方もいます。お見合いで会える人はそこまで多くないことが気になるポイントです。
この記事では、お見合い結婚の魅力や、離婚率といった現実的な部分など様々な面からお見合い結婚について解説していきます。

この記事の監修者

お見合い結婚とは

現代のお見合い結婚は昔ほど堅苦しくなく、数ある婚活方法のひとつの選択肢として捉えられてきています。

昔はお見合い結婚が主流

昭和時代はお見合い結婚が主流で、上司やご近所さんなどの身近な人が仲人を務めて親が同席するスタイルでした。昔はお見合いでお互いが気に入れば結婚が決まったと同然だったので、ほとんど交際期間なしで結婚の話が進んでいきました。

また、もっと昔は好きな人がいても親が決めたお見合い相手としか結婚できないなんてこともあったようです。今の時代のようにさまざまな婚活サービスがなかった時代は、そもそも出会いが少なかったため恋愛する機会が少なかったのでしょう。

今は恋愛結婚が主流になっている

時代の移り変わりとともに男女平等の世の中になりつつある現代では、恋愛も自由にできるようになったことでお見合い結婚より恋愛結婚が主流になっています。

さらに現在はお見合いの形が多様化し、結婚相談所やネット婚活、気軽に利用できる婚活マッチングアプリのほか、一度にたくさんの異性に出会えるお見合いパーティーなどさまざまなスタイルがあります

また、このような婚活サービスで異性と出会った場合もお互い気に入れば交際・結婚するという流れなので、お見合い結婚といえど恋愛結婚に似た要素も含んでいます。

お見合い結婚で後悔しないのか?


生涯を共に過ごすパートナーを選ぶとなると、男女ともに慎重になります。
お見合い結婚を考えていても「恋愛結婚の方がいいのでは?」「失敗したらどうしよう」と不安が頭をよぎるでしょう。

お見合い結婚で後悔する理由としては、以下のような5つが挙げられます。

    • お見合い相手に恋愛感情を持てない

お見合い結婚では条件や結婚観が合えば交際を開始するケースも多いので、ドキドキしたりときめいたりといった恋愛感情が芽生えないまま結婚を決める人もいます。しかし、愛情を持てない状態でお見合い結婚すると、結婚生活でうまくいかなくなった際に乗り越えられなかったり、日々の暮らしをつまらなく感じて後悔しまうことがあります。

    • 結婚してから相手の欠点に気が付いた

お見合い結婚はそもそも結婚前提で交際がスタートするので、婚約が決まるまでの期間が短い傾向があります。結婚前に同棲をしないケースも多いので、長い時間一緒にいないと分からないような相手の欠点を知らないまま結婚生活をスタートすることになります。このように、結婚後に相手の欠点が気になって後悔してしまうパターンがあります。

    • 価値観が合わなかった

それぞれ違う環境や家庭環境で育っているので、価値観が違うのは当然です。しかし、結婚生活を送るうえでライフスタイルやお金などの重大な価値観は一致していないと厳しいものがあります。お見合いで価値観の違いが判明すると、信頼関係が浅いことからお互い歩み寄れなくなり、夫婦関係が悪化してしまう可能性があります。

    • 夜の相性が合わなかった

夜の相性によって身体だけでなく精神的なつながりも得られるため、夫婦円満のための大切なポイントとなります。ところがお見合い結婚したあとに夜の相性が合わないことが判明すると夫婦間のコミュニケーションが減り、お互いにストレスがたまってしまう原因に。また、子どもを望んでいる場合は夜の相性が合わないと作業のようになってしまい、つらく感じてしまいます。

    • 結婚後の生活について十分にすり合わせていなかった

金銭管理や休日の過ごし方、趣味や家事分担など、結婚生活について結婚前にすり合わせができていないと喧嘩が増え、結婚を後悔してしまう原因になります。特に、子どもはいつ作るかといった妊娠や出産のタイミングがお互いにズレると、夫婦間の溝が深くなってしまうことも。

年齢を重ねるにつれて結婚への焦りが出てきますが、焦ってお見合い結婚をすると、相手の性格を見抜けていなかったり、価値観の相違で結婚生活が辛いものになったりする人もいます
また、お見合い結婚自体に自分が納得していなければ、パートナーに対してもネガティブな印象を持ったまま生活を送ることになるので、相手にもよくありません。
そして、親や友人がセッティングしてくれたからといって、安易に結婚を決めるのも後悔の元。結婚では多少の妥協は必要ですが、周囲の人を意識しすぎて結婚をしても、「結局は別れることになった」なんてこともありえます。

お見合い結婚で幸せになれる?


逆に、お見合い結婚で幸せになれる場合について、恋愛結婚と比べながらご紹介しましょう。

お見合い結婚と恋愛結婚の幸せの感じ方には違いがあります。
恋愛結婚の場合、付き合ってから結婚するため、恋愛の延長線上に結婚があります。それに対して、お見合い結婚は、結婚相手となるかどうかを判断してから結婚に至ります。そのため、結婚後の生活はお互いの知らなかった部分を発見する楽しみがあり、恋愛結婚よりも幸せを見つけられるポイントも多くなります。

さらに、結婚してから恋愛感情を育んでいけるお見合い結婚は、「お互いのことを深く知らないから、うまくいかないのもしょうがない」という前提があります。最初の満足度が低くとも、時間をかけてお互いを知っていくことで満足感も感じやすい傾向にあるでしょう。また、お見合い結婚は理想の男性を見つけやすい手段でもあります。事前にお見合い相手の条件を提示しておけば、同じような価値観を持った人が選ばれるので、理想的な人に出会える確率が高いと言えます。

恋愛結婚より低いお見合い結婚の離婚率

古めかしいイメージのあるお見合い結婚ですが、司法統計によるとお見合い結婚の離婚率は恋愛結婚の40%よりもはるかに低い10%というデータがあります。その理由はお見合いという独特な形式にありました。

恋愛結婚の場合、勢いや長く続いた同棲の末に結婚するなど様々な理由があります。それに対して、お見合い結婚の場合、結婚を前提にセッティングされており、希望の条件に合うかどうか見極めやすいのがポイントです。さらに、お見合いには「お見合いから3ヶ月で結婚するか決める」というルールも。このルールで時間が区切られているため、理想の男性を探せるほか、恋愛の駆け引きが不要になっています。
また先述したように、恋愛結婚よりもお見合い結婚の方が、結婚後の生活で発見できる相手の魅力も数多くあります。そのため、結婚してから恋愛をしている気分が味わえるお見合い結婚は、その後の生活も楽しみがあるので、離婚率が低いのでしょう

お見合い結婚の相手を見極める決め手!

お見合い結婚をされた方の中にはこういった口コミもあります。

「何かが起きても、彼となら乗り越えていける」と思える相手を選ぶのが一番のポイントだと私は思います。

引用元:ozmall

お見合いでは、相手に求める条件などを伝えられますが、「結婚」となると最終的な決め手が必要でしょう。
結婚にふさわしい相手かどうかを見極めるポイントは、「精神的に安心できるか」そして「経済的に安定しているか」の2点です。相手の見た目や年収などにこだわりすぎると、良縁を逃すこともあるでしょう。
結婚生活に必要なのは価値観が似ていることや、一緒にいて安らげることのほか、稼ぎが多くなくとも定職に就いて安定しているか、というポイントを見極めてください。

お見合い結婚して良かった方の体験談紹介

お見合い結婚でも幸せな結婚をしている方は大勢います。ここでは、お見合い結婚をして良かった方の体験談を3つ紹介します!

『お見合い結婚で12年です
年月が経つほど、妻を愛おしく感じます

過去に数人の女性をお付き合いしましたが
結婚当初も、妻との付き合いが一番に高い恋愛感情をもちましたよ』

引用元:YAHOO!知恵袋

「私はお見合い結婚して20年、
もともと結婚とはロマンスより共同生活だという意識だったので
さほど夢も持っていませんでしたが、誠実で芯の強い主人のことは
とても尊敬していますし、年々好きになっています。
この人となら困難があっても一緒に協力して
乗り越えられるだろうと思いましたし、事実そうでした。』

引用元:YAHOO!知恵袋

『ちなみに私、お見合い結婚です。
結婚5年目ですが、周りもうらやむラブラブ夫婦です♪

最初に会った時、正直自分のタイプじゃなくて、連絡がきても返事しなかったり、
会うことも随分はぐらかしてましたが、先方の懐の広さにカンドーする出来事が
あってから、見る目が変わりました。

「付き合いましょう」となるまで半年の時間を要しましたが、見合いで出会って
いなければ、ここまでじっくり相手を見ることもせず、断っていたと思います。
なので、今思えば「見合いで出会ってよかったなぁ…」と思います(*^-^*)』

引用元:YAHOO!知恵袋

ほんとにお見合い結婚はうまくいくの?

お見合い結婚がうまくいくと言われるのにも、いくつかの理由があります。
ある程度の条件を決めた上で出会っているので、結婚相手としてのギャップを感じることは少ない傾向にあります。また、恋愛感情ではなく結婚相手として出会うため、落ち着いて相手を見極められるのもうまくいくポイントでしょう。
また、「絶対にこの人がいい!」と結婚相手にこだわりを持ちすぎると、価値観や経済面を見落とすことも。結婚相手へのハードルは妥協できる程度に留めておけば、結婚生活で相手をさらに好きになれる可能性も少なくありません。

そして、このような中でお見合い結婚に向いている人もいます。
特に結婚相手に理想がある場合は、対面する時点で条件をクリアしているため、求める人物像に出会いやすくなっています。また、経済面での安定性を重視する人や、恋愛にそこまで興味がない人はお見合い結婚がオススメです。

お見合い結婚のメリット

お見合い結婚には、以下のようなさまざまなメリットがあります。

    • 自分の希望条件の相手と結婚できる

お見合い結婚では、恋愛結婚では聞きにくいような学歴や家族構成、収入など相手のスペックをあらかじめ知った上で出会える点が大きなメリットです。そのため、結婚後に「こんなはずじゃなかった」と後悔するリスクを減らせます。

    • 出会いから結婚が決まるまでが早い

恋愛結婚では、お互いが結婚したいタイミングが合わないことが破局の原因になってしまうことも珍しくはありません。その点、お見合いでなら一般的に「いい人がいればすぐにでも結婚したい」と思っている方が多いので、結婚までトントン拍子で進む可能性が高くなります。

    • お互いの身元がはっきりしているので安心できる

お見合いの代表ともいえる結婚相談所では入会の際に独身証明書や収入証明書、卒業証明書などを提出する必要があります。そのため、身元がハッキリしている相手と出会える点で安心して出会えるのは大きなメリットです。

お見合い結婚のデメリット

お見合い結婚には多くのメリットがある一方で、以下のようなデメリットも挙げられます。

    • 断りづらいことがある

近所の人や親族、会社の上司や友人が仲人としてお見合い相手を紹介してくれた場合、プレッシャーを感じてしまい「交際を断りづらい」と感じてしまうことがあります。
特に会社の人に紹介してもらった場合、断った後の仕事に影響してしまわないかを不安に感じてしまうでしょう。

    • 気持ちが盛り上がりにくい

恋愛から結婚に至るケースでは、相手にときめいたり寂しくて不安になったりといったドキドキ感を味わえますが、お見合い結婚の場合は盛り上がりに欠ける場合があります。条件だけでお見合いをした場合、特に気になる部分がなければそのまま結婚するパターンもあり、恋愛のドキドキを感じたい人には少し物足りなく感じてしまうかもしれません。

    • 結婚後に価値観のズレが生じる場合がある

お見合い結婚では交際から半年以内に成約することも多いため、結婚してから相手のさまざまな側面を知ることになります。その際にお互い譲れない価値観のズレが判明したり生活スタイルが合わなかったりすると、夫婦関係に溝が生まれてしまうことも。

お見合い結婚の比率ってどれくらい?


お見合い結婚の魅力について解説してきましたが、現在の日本でどれくらいの割合でお見合い結婚をしているのでしょうか?
結婚全体に対するお見合い結婚の比率や、お見合い結婚の成婚率など、具体的なデータを元に解説していきます。

お見合い結婚と恋愛結婚ってどっちが多いの?


出典:国立社会保障・人口問題研究所

国立社会保障・人口問題研究所が初婚同士の夫婦を対象にした調査によれば、1935年時点では恋愛結婚の約13%に対してお見合い結婚が69%と大きく上回っていました。その後1965年を境に恋愛結婚の比率がお見合い結婚を逆転。そして、2015年時点では恋愛結婚が約88%なのに対し、お見合い結婚は約6%となっています。

お見合い結婚の成婚率ってどれくらい?

次に、気になるお見合い結婚の成婚率についてご紹介しますが、基本的に家族単位で行われているため、正確な数値は算出できません。
大手の結婚相談所で公開しているお見合いでの成婚率は13%〜17%となっています。結婚相談所によって成婚率の算出方法が異なっている場合もあるので、ある程度の目安として捉えてください。

また、結婚相談所よりも家族単位でのお見合いの方が、結婚する意思が固まっている場合も多いので、成婚率が高いと言われています。

お見合い結婚の交際期間

上で簡単に説明しましたが、結婚までの交際期間を具体的に設定せずに自由に交際できるのが恋愛結婚ですが、お見合い結婚の場合は条件があります。
一般的に結婚相談所を利用した場合「お見合いをしてから3ヶ月で結論を出す」というしきたりがあります。
そのため、結論を出す期限が決まっていることで間延びしにくいというメリットがありますが、反対に3ヶ月で結論を出すことがプレッシャーになるというデメリットがあります。
けれども、お見合い結婚の場合は、相手のことを好きになろうと3ヶ月を費やすよりも、「結婚相手として理想的がどうか」ということに着目しましょう。お見合い結婚の本番は結婚してからです。
また合わない人と3ヶ月間は交際しないといけないこともないので、合わないなと感じたら次のお見合いに切り替えていくのも重要です。

お見合い結婚までの具体的な流れ


これまで恋愛結婚しか考えていた方も、良い出会いがなければお見合い結婚も検討してみてください。
実際にお見合い結婚をすることを想定した場合、以下のような流れで進んでいきます。

  • ・お見合いすることを決める
  • ・仲人に結婚の意思や条件を伝え、写真や経歴書を用意
  • ・希望に合った相手がいれば、お見合いの申し込み
  • ・お見合い
  • ・交際
  • ・結婚

家族に仲人をお願いする場合も、結婚相談所でお見合いをセッティングしてもらう場合も基本的な流れは同じです。お見合いで希望の条件を伝えても実際に会ってみなければ価値観や考え方のすり合わせは難しいもの。「お見合い」の時点で違うなと感じた場合は、再び仲人にお見合い相手を紹介してもらうことになります。
相手がどんな人か気になった場合は、再度お見合いの場をセッティングしてもらったり、お見合い後に何度が会ってみたりしても良いでしょう。
LNEや電話よりも直接会った方が相手の雰囲気も感じやすいので、交際期間中はなるべく会って確かめることをオススメします。
会っていくうちにお互いに「この人となら結婚しても良いな」と結婚の意思がわけば、結婚まで至ります。

お見合い結婚生活

あまりイメージしづらいかもしれませんが、お見合い結婚での生活と恋愛結婚での生活には違いがあります。
ここではどういった違いがあるのかを解説していきます。

恋愛結婚はお互いにときめきを感じて結婚に至るケースがほとんどです。それに対して、お見合い結婚は親の意見を聞いたり、タイプではないが会っていくうちに誠実さが感じられたりといったケースで成婚となることもあります。
そのため、結婚の時点で「外見が好みではない」ということも少なくありません。また会う頻度も多くはないので、結婚をしてみて相手の性格が分かることも。
互いに恋愛感情がない場合は衝突することを避けようと、思っていることが言いづらいというのもお見合い結婚に見られます

お見合い結婚をテーマにした漫画も話題

SNSでは、お見合い結婚をテーマにした漫画が話題です。ここでは、お見合い結婚について描かれたおすすめの漫画を紹介しますのでぜひ読んでみてください!

お見合い結婚 恋愛なしってアリですか?

お見合い結婚 恋愛なしってアリですか?
created by Rinker
作者:はるこ
20代後半の慶子は、まわりの結婚ラッシュに焦って婚活を始めます。ところが、なかなか婚活が実を結ばないまま仕事も忙しくなり、気づけば30代に突入。

そんなとき突如として舞い込んできたお見合いで会った男性のペースに飲み込まれて恋愛なしで結婚するものの、さまざまな悩みが発生していきます。

恋愛結婚もお見合い結婚も、結婚後に価値感のズレや合わない部分を発見してしまう人は少なくないはず。そんな夫婦がもう一度向き合うきっかけになるような漫画になっています。

まとめ

恋愛結婚とお見合い結婚に正解はありません。
というのも、結婚生活が幸せになるかどうかは、人や家庭による部分が大きいからです。
最初は嫌でも「今は幸せ」と感じている人もいれば、最初は好印象だったけど「結婚生活に不満がある」と思う方もいます。
恋愛でいい人が見つからない場合は、お見合い結婚を検討してみてもいいでしょう。
この記事を読んで、皆さんの選択肢を広げてみてはいかがでしょうか?

婚活アプリ
おすすめランキングTOP4

◆1位 youbride ユーブライド

結婚するなら登録無料の婚活サイト/youbride(ユーブライド)


婚活:★★★★★
恋活:★★☆☆☆
友活:☆☆☆☆


◆おすすめポイント◆


・真剣度が高い
・サクラ0宣言
・登録・基本機能は無料 
・スタンダードプラン2400円〜

 

ユーブライドを見る▶

 

 

◆2位 pairs ペアーズ

pairs


婚活:★★★★
恋活:★★★★
友活:★★★☆☆


◆おすすめポイント◆


・圧倒的な会員数で無限に出会いがある
・Facebookの友達を自動ブロック、身バレの心配なし
・女性は月額料金無料
・男性は月額4100円〜

 

ペアーズを見る▶

 

 

◆3位 マリッシュ

マリッシュ


婚活:★★★★
恋活:★★★☆☆
友活:★★★☆☆


◆おすすめポイント◆


・再婚活したい人でも利用しやすい
・バツイチ再婚者、シンママ、シンパパ
・中年婚、年の差婚、地方婚ができる
・女性は月額料金無料
・男性は月額3400円〜

 

マリッシュを見る▶

 

 

◆4位 ブライダルネット

ブライダルネット


婚活:★★★★
恋活:★★★☆☆
友活:★★★☆☆


◆おすすめポイント◆


・IBJによる真剣度が高い婚活アプリ
・30代のユーザーがおおく、女性ユーザーが多い
・登録は無料  男女ともに2600円〜

 

ブライダルネットを見る▶

PAGE TOP