Banner
Banner
SNSの出会い方攻略!無料で出会える最強コスパ術

本ページはプロモーションが含まれています。

更新日:

SNSの出会い方攻略!


SNSは、現代の代表的なコミュニケーションツールのひとつ。メジャーなものとして、TwitterFacebookインスタグラム、そしてLINEなどが挙げられます。

多くの人は、情報を集めたり、発信したり、また友人や家族と交流したりという目的で使っていると思います。そして、なかにはヒマつぶしになんとなく見ているという人もいるでしょう。

今回は、そんなSNSを出会い目的で使うことはアリなのか、SNSで知らない人と出会ってその後付き合ったり、結婚したりということが起きるのか起きているとしたらその割合はどれくらいなのか

そんなことがらについて、じっくりと解説したいと思います。
この記事の監修者

目次

そもそもSNSから始まる恋愛はアリなのか・・・SNSで知り合うとは


ここ10年ほどで、SNSは飛躍的に広がりました。様々な企業が参入し、アプリもどんどん増加し、誰もが手軽に利用できるようになりました。無料でたくさんの知らない人と出会うことができるようになったので、知らず知らず人間関係が広がり、そこで気になる異性ができることもごく自然な流れです。ただ、まだ顔の見えない相手との出会いや恋愛に抵抗がある人がたくさんいるのも事実。

そこでSNSを通じた出会いのメリット・デメリットについてまとめました。

SNSを通じた出会いのメリット

SNSを通じて出会うことにはメリットがあります。それは相手のページの写真やメッセージ、過去のつぶやきなどからある程度の個性が読み取れることです。正直SNSは個人のプライバシーが満載であるため、逆に言えば、相手の情報を事前に掴むことができてしまうということになります。出会い系アプリなどの年齢や職業、年収情報などの単なる羅列ではなく、人間性をみることができるのがSNSのメリットです。それも家でゆったりと、なんなら友人に相談しながら吟味できてしまいますよね。大きなメリットです。

また「出会い」目的ではない人がいる以上、SNSをきっかけに出会ってその後付き合うことは、なんとなく自然な恋愛の始まりのような気がしませんか?仮に結婚という段階までいったとしたら、立派な恋愛結婚ということになり、マッチングアプリなどと比べると出会いへの貪欲な印象が薄まるのはメリットです。

SNSを通じた出会いのデメリット

SNSは全く相手の地域が限定されません。国内、さらには海外まで範囲が広がります。仮に気に入った人がいたとして、その相手と進展したとしても、実際に会うとなるとかなり遠方の人であったり、恋愛に発展しても遠距離恋愛になる確率は高いと言えます。
また、結婚式での馴れ初めを「友人の紹介」「コンパ」などと言い換えるくらい、親世代への手前からか、まだまだネットを通じた恋愛を隠したいという人もいますので、その辺りは人によってはデメリットになってしまうかもしれません。

最後のデメリットは誰もが分かっていることだと思われますが、ネットを通じた出会いでの事件があとをたたないことです。メールでのやりとりのみで全く知らない相手を信頼できるのかどうか見極める力が必要になることは最大のデメリットと言えるでしょう

SNSの出会いに関する実態調査【アンケート結果】

SNSの出会いがきっかけで実際に交際したり、結婚したことがある人はどのくらいの割合なのでしょうか。
ここでは、SNSの出会いに関するアンケート調査からその実態を見ていきましょう。

SNSを利用した出会いを探していますか?

SNSを利用した出会いを探している人はどのくらいいるのでしょうか。
その実態を調査すべく、e-venzでは全国の20~40代の男女1,000名を対象にアンケート調査を実施しました。

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
調査期間:2021年08月30日 ~ 2021年09月01日
調査対象:全国の20才〜49才 独身男女
有効回答数:1000(男性510人・女性490人)

Q1.SNSを利用した出会いを探していますか?

今回の調査では、SNSを利用した出会いを探していると答えた人が17%、SNSでは出会いを探していない人が83%という結果になりました。

男女ともにSNSで出会いを探している人は20代の若い世代が最も多く、男性は26%、女性は22%の割合となっています。
その後30代、40代と年代が上がるにつれてSNSで出会いを探している人の割合は下がっていく傾向があります。

実際にSNSを通じて異性の方と会ったことありますか?

上記のQ1で「SNSを利用した出会いを探している」と答えた男女174名を対象に、実際にSNSを通じて異性に会ったことがあるかどうかを調査しました。

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
調査期間:2021年08月30日 ~ 2021年09月01日
調査対象:Q1で「はい」と回答した全国20~40代の独身男女
有効回答数:174(男性96人・女性78人)

Q2.実際にSNSを通じて異性の方と会ったことはありますか?

この調査結果から、実際にSNSを通じて異性と会ったことがある人が67%、会ったことがない人が33%ということが分かりました。
SNSで出会いを探している1.5人に1人が実際に異性に会っていることを考えると、かなりの高確率で会えていることが分かります。

出会いに利用しているSNSは何ですか?

次に、Q1で「SNSを使って出会いを探している」と答えた男女174名を対象に、どのサービスを最も利用しているのかを尋ねました。
すると以下のような内訳になりました。

  • ・Twitter(59名):31%
  • ・マッチングアプリ・出会い系アプリ(46名):26%
  • ・Instagram(14名):8%
  • ・LINE(9名):5.1%
  • ・Facebook(7名):4.0%
  • ・その他(8名):5.1%
  • ・特になし・分からない(31名):20.8%

割合としてはTwitterが最も多く、InstagramやLINE、Facebookも多いことが分かります。
なかにはmixiやYouTubeという声もありました。
また、マッチングアプリや出会い系サイトをSNSに含むと認識している方も多いようです。

SNSを通じて知らない人と出会ったきっかけはなにか

お次は、「SNSを通じて知らない人と出会ったきっかけはなにか」というアンケート。7位までを一気に紹介します。

【1位】リプライなどでやりとりをしているうちに自然に
20代 52.3%
40代 40.0%

【2位】共通の趣味などを通じて会う機会があった
20代 44.3%
40代 46.1%

【3位】オフ会やイベントなどで顔見知りになった
20代 25.5%
40代 30.4%

【4位】会わないかと相手から誘われた
20代 17.9%
40代 23.5%

【5位】共通の友人などを通じて会う機会があった
20代 17.9%
40代 20.0%

【6位】好意を持ったので自分から誘ってみた
20代 9.4%
40代 18.3%

【7位】その他
20代 0.9%
40代 5.2%

以上です。
1位はやっぱり、リプライなどを通じて仲良くなってからということなんですね。信頼関係を積み重ねていった結果、自然にリアルでも会おうよということになったのでしょう。

反対に、もっとストレートに、好意を持ったので自分から誘ったというのは、6位です。ただ、40代の方は、20代の方に比べて約2倍、この回答が多かったとのこと。

『黄昏流星群』などの漫画でも、中高年の恋愛が赤裸々に描かれていますが、40代、恋愛に積極的ですね。

黄昏流星群
created by Rinker
著者:弘兼憲史

SNSを通じて異性の方とお付き合いまで発展しましたか?

アンケート調査にて「SNSを通じて異性に出会ったことがある」と答えた独身男女100名に、その後お付き合いまで発展したかどうかを尋ねました。

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
調査期間:2021年09月01日 ~ 2021年09月02日
調査対象:「SNSを通じて異性に会ったことがある」と回答した全国20~40代の独身男女
有効回答数:100(男性58名・女性42名)

Q.SNSを通じて異性の方とお付き合いまで発展しましたか?


この調査結果から、SNSを通じて異性と交際に発展した男性は71%、女性は86%ということが分かりました。
全年代を通じて男性より女性の方がSNSの出会いから交際に発展しやすい傾向があり、特に30~40代の女性に関しては90%以上と高確率でお付き合いに至っています

SNSを通じて結婚したことはありますか?

アンケート調査によってSNSの出会いが交際に繋がりやすいことが分かりましたが、結婚に繋がった割合はどのくらいなのでしょうか。

そこでe-venzでは20~40代の既婚男女200人を対象に、SNSを通じて結婚した経験についての調査を行いました。

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
調査期間:2021年09月01日 ~ 2021年09月01日
調査対象:全国20~40代の既婚者男女
有効回答数:200(男性77名・女性123名)

Q.SNSを通じて結婚したことはありますか?

この調査では、SNSを通じて結婚したことがある人が14%、SNS以外で結婚したことがある人が86%ということが分かりました。
男女別に見ると、SNSで結婚したことがある男性が19%であるのに対し女性は10%にとどまりました。

SNSで異性に出会ったことがある男性は30代、40代と年齢が上がるほど結婚に至る割合が大きくなり、40代男性に関しては21%が結婚に至っています
一方でSNSで結婚した女性は30代(17%)でピークとなり、40代になると7%まで一気に下がる傾向があります。

SNSを通じて出会った知らない人とその後どうなったか

さて、アンケート結果の最後は、出会った人とその後どうなったか、です。これも1位から7位までを紹介します。

【1位】その後も交流は続いている
20代 40.0%
40代 50.4%

【2位】友人になった
20代 32.8%
40代 34.8%

【3位】1度会ったきりで終わった
20代 31.1%
40代 37.4%

【4位】何度か会ったがフェードアウトした
20代 22.6%
40代 33.9%

【5位】恋人になった
20代 11.9%
40代 11.3%

【6位】結婚した
20代 2.6%
40代 1.7%

【7位】その他
20代 1.7%
40代 0.9%

以上です。
20代でも40代でも、恋人になったケースは11%以上!10人に1人は恋人になっているということなので、かなりの割合じゃないでしょうか。普段の暮らしで10人に会っても、そのうちの1人と恋人になることなんてありませんから。

そして、気になる結婚の割合は、20代で2.6%、40代で1.7%。低い割合ですが、それでもSNSでの出会いを通じて実際に結婚した人がいるという統計データですので、ここに希望を見出すことも不可能ではないと思います。

ツインレイとの出会いがSNSだったパターンは多い

ツインレイとは自分の魂の片割れのことをいいます
スピリチュアルの世界では人がこの世に生まれるときに魂がふたつに別れ、お互いを探してひとつの魂に戻ることを目指すといわれています。
つまり、自分と同じ魂を持つ人はこの世にたった一人。

そしてツインレイの多くが男女の対になっていて、「生まれたときから結ばれることが決まっている運命の人」という意味合いが強いのです。

ツインレイとの出会いはナンパや職場などさまざまですが、最近はSNSを通じてツインレイに出会う人も多くなっています
相手が遠く離れた場所にいてもSNSがあればすぐに繋がれるので、自分のツインレイを見つけやすくなっているのです。

SNSでツインレイに出会うとお互いに「特別だ」という直感を感じ、二人の人生は大きく動き出します。

SNS(インターネット)を通じた出会いからの結婚は離婚率が低い


SNS(インターネット)を通じた出会いからの結婚はなんとなく軽はずみなイメージとともに、やっぱり離婚も多いのではないかと疑う人もいるでしょう。しかし、現在の20代〜30代では約40%の人がネット上での出会いからの結婚を肯定しているというのが現状です。
また、米国科学アカデミー発行の機関誌『米国科学アカデミー紀要』が2013年に発表した調査によると、ネット上で知り合ったのちに結婚したカップルの「別居中あるいは離婚した」割合はわずか7%という結果だったそうです。米国の離婚率は40~50%と言われるため、かなりの低確率になっているのです。
SNSで出会った人とは趣味が合うことや、顔が見えない世界でお互いに自分をさらけ出した上でのやりとりができるので、本当に価値観が共有できるのかどうかの見極めがしやすいからだと言われています

SNSで出会い目的をかなえるオススメの方法を種類別に伝授

最初にお断りしておきますが、基本的にはどのSNSも、出会いをオススメしてはいません。出会い目的での利用を明らかに禁止しているSNSもあるくらいです。
LINEやFacebookなどは、基本的にはリアルで知り合いになった人とその後の交流を続けるためのSNS。知らない人と出会うため、そのなかでも恋人やパートナーを探すために使うものではありませんので、その点にご注意ください。LINEのオープンチャットは、気軽に知らない人とも出会える楽しい掲示板のようなものですが、個人情報やLINEのIDを聞き出すこと、また教えることが禁止されています。

それらの点を踏まえた上で下記のオススメの出会い方を参考にして下さいね。

LINEでの出会い方


一口にLINEで出会いを作ると言ってもLINEは他のSNSと違い、プロフィールなどが全体に公開されていないのでIDやQRコード、電話番号を知っている人や、電話帳に登録してある人しか友達に追加することが出来ません。友達に追加出来なければやり取りが出来ないので出会いには繋がりませんよね。

そこでおすすめなのが、タイムラインに付けるハッシュタグです。これはツイッターと同様で、投稿の内容をカテゴライズするような意味合いがあり、「#○○」であれば、○○に関する投稿や○○に興味がある人が検索しやすいという仕組みです。出会いを求める人がよく使うハッシュタグは「#profile」。このハッシュタグで検索すると、プロフィールとともに、どんな理由で出会いを求めているのか、相手に求めること(例えばLINEメッセージのやり取りをしてくれる、長期間に渡って話し相手になってくれる、実際に会える人を募集しているなど)が書き込まれています。同じことに興味を持つ人、同じことを求めている人が見つかりやすくなったことで、メールもしやすく、もし気があったら、LINEで知り合った人と付き合うのも夢じゃないかもしれません。

Facebookでの出会い方


フェイスブックは言わずと知れたSNSの王道です。全盛期よりは少し利用者が減っている印象もありますが、今だに海外でもよく使われていますし、出会いやすいSNSの1つとなっています。フェイスブックを通じた出会いからの結婚は、通算すると世界的にかなり多いのではないでしょうか。
コツはまずリアルの友達と繋がることです。昔の同級生を探して現在の生活圏と違う繋がりもできますから、その友達の「友達欄」を見て気に入った人にコンタクトを取ることが可能です。まずは相手の投稿に「いいね」をしてみてからやりとりを始めましょう。もちろん気に入った人を友達にお願いして直接紹介してもらうのも良い方法です。

また、Facebookには、友達募集コミュニティがあります。写真やプロフィールを載せている人がほとんどなので、このコミュニティの中から好みの人や気が合いそうな人にアタックしてみるのも一つの手段です。そのためにはまず自分自身のページを充実させる必要がありますので、自分の興味のある分野の投稿をしてみたり、顔写真、自己紹介なども載せておきましょう。

追記:2019年9月5日に、Facebookアメリカ版では「出会い系」のサービスが追加されました!ユーザーの好みや趣味を参考にして、最適な人をFacebookが紹介してくれる機能です。残念ながら日本版ではまだ流通していませんが、今後に期待できそうです。

インスタグラムでの出会い方


一番自然な出会いが期待できるSNSは、現時点ではインスタグラムだと思います。まずは素敵な投稿をしている人をフォロー、相手からもフォローしてもらえたら、個別にメッセージのやりとりが可能になります。相手からのフォローがない場合にも、ダイレクトメッセージであれば、送ることは可能です。相手がそのダイレクトメッセージのリクエストを承認すれば、読んでもらえます。投稿してあることへの純粋な感想や賞賛、自分との共通点なんかを自然に送るのが最初のポイントです。返事がきたら、短いやりとりに徹して、自分を認めてもらえていると感じるように、相手のテンションを上げていきましょう。

Twitterでの出会い方


Twitterでは、まずは自分の趣味や好きなことなど、つぶやくジャンルを決めて活動を始めると効率的です。Twitterなどのネット上では同じ趣味などを共有する集団を「クラスタ」と呼び、このクラスタ同士で繋がり、交流を広めている人が多くいます。クラスタに属せば、元々共通点があるのが分かっているため、すぐに打ち解けやすいというメリットがあります。よって是非趣味や好きなことなどのジャンルを決めてつぶやいて、気が合いそうな相手を探すための活動をすることをオススメします。その際に、異性があまりいないジャンルであると同性の友達は増えるかもしれませんが、出会いといった面では可能性が低くなりますのでご注意を。

マッチングアプリでの出会い方

最後に紹介するSNSはマッチングアプリですが、実はこの出会い方が一番効率的です。
これまで紹介したSNSは出会い目的で使っている人ばかりではないので、出会えたとしても恋愛に繋がらないケースも多々あります。

しかし、マッチングアプリはそもそも出会いを求めている人だけが利用しているので話が早く、非常に出会いやすいのです。
マッチングアプリでの出会い方はとてもシンプル。
まずは年齢やエリア、身長、体型などの希望条件を絞り込んで相手を検索し、気になる人に「いいね」やメールを送ってアプローチします。
しばらくメールのやりとりをしてお互いに「会いたい」と思ったらデートの約束をして、実際に会います。

最も安全なSNSの出会い!おすすめマッチングアプリ5選

多くのマッチングアプリは年齢確認や運営による監視パトロールがあり、ほかのSNSに比べて最も安全性が高いのが特徴です。
そこでここでは、出会いやすいおすすめのマッチングアプリを目的別に紹介します。

恋活に最適な人気No.1アプリ:pairs(ペアーズ)

ペアーズは会員数1,000万人を突破した人気No.1のマッチングアプリです。
知名度抜群で安全性も高いので、恋活するならまずはペアーズを選んで置いて間違いないでしょう。
年齢や地域、身長、お酒、たばこ、結婚願望など細かい項目で絞り込んで相手を検索できるので、希望の相手が見つかりやすいのが特徴です。
さらに趣味や価値観が近い相手を探せるコミュニティが10万個ある点も、ほかのアプリから一歩抜きんでている理由。
共通の話題でメッセージが盛り上がりやすいので距離が縮まりやすいんです。

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活のためのマッチングアプリ

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活のためのマッチングアプリ

eureka,Inc.

真剣な婚活や再婚活におすすめ:マリッシュ

マリッシュは恋活というより、真剣な婚活向きのマッチングアプリです。
特に再婚活を応援しているアプリなのでバツイチやシンママ、シンパパ優遇制度が用意されています。
一般的なマッチングアプリは女性より男性会員の比率が高い傾向がありますが、マリッシュは男女比が半々
そのため、女性だけが有利になることもなく男性も出会いを探しやすくなっています。

マリッシュ(marrish) 婚活・マッチングアプリ

マリッシュ(marrish) 婚活・マッチングアプリ

ノリが良い&ラフな出会いを探すなら:タップル


サイバーエージェントが運営するタップルは気軽に使える恋活アプリで、ノリが良い20代が多いのが特徴です。
次々に表示される異性の顔写真を見て、直感で「いいかも」または「イマイチ」を決めてスワイプするスタイルです。
多少ルックスで判断される部分が大きいのでイケメンや美女が有利にはなりますが、ほかのマッチングアプリに比べて全体的なマッチング率は高くなっています
「おでかけ機能」では「#今日これから」といった募集もあるので、気軽な友達作り感覚でも使っている人も多いです。

タップル-マッチングアプリで出会い/恋活

タップル-マッチングアプリで出会い/恋活

MatchingAgent, Inc.

安い料金で気軽に遊べる相手を探すなら:ハッピーメール

ハッピーメールは累計会員数3,000万人を突破した業界大手の出会い系マッチングアプリです。ほかのマッチングアプリに比べて会員数が群を抜いているので、地方でも問題なく出会えます。
女性は完全無料、男性はポイント課金制ですが登録時に120P(1200円分)の無料ポイントがもらえます。月額制ではないので使う分だけポイントを購入すれば費用を安く抑えられますよ。
検索はもちろん掲示板や日記、通話などさまざまな機能があり出会いやすいのが特徴です。

ハッピーメール-恋活・マッチングアプリ

ハッピーメール-恋活・マッチングアプリ

すぐに会える飲み友達やセフレを探すなら:Jメール

飲み友達やセフレなど、気軽な出会いを探したいならJメールがおすすめです。
男性・女性ともに遊び目的や大人の関係で使っている人が多いので真剣な恋活や婚活には不向きですが、干渉しない関係を求めるならピッタリです。
「いいね」を送り合ってマッチングしなくてもメールを送れるので、気になる相手全員にアプローチできるチャンスがあります。

Jメール -出会い・恋人探し・マッチングアプリ

Jメール -出会い・恋人探し・マッチングアプリ

MIC GENERAL PLANNING

SNSから出会いにつながるメッセージのコツ

「SNSの出会いを恋愛に繋げたいけど、どうやってメッセージすれば良いか分からない」という人は多いのではないでしょうか。
そこでここでは、SNSから出会いに繋がるメッセージのコツを紹介します。

マッチングアプリ以外のSNSの場合

LINEやFacebook、インスタグラム、Twitterなどマッチングアプリ以外のSNSは出会い目的で使用していない人も多いため、あくまでも自然に仲良くなるのがポイントです。

上記のSNSでは自ら日常生活に関することを投稿して自己開示していきましょう。
いきなりメッセージすると警戒されるので、まずは「いいね」やコメントをマメに送って信頼関係を築くことが重要です。

SNSでのメッセージは硬くなり過ぎず、お互いの投稿内容についての話題から話しかけてみるのがおすすめです。
ちょっとしたことでもいいので、共通点を見つけるだけで話しやすくなります。
もし相手の反応がイマイチな場合は、ただの挨拶で終わらせればOK。
反応が良ければメッセージのやり取りを続けて、直接会う約束を取り付けてみましょう。

いきなり1対1で会うことに抵抗を感じる人も多いので、何人かに声をかけてオフ会を計画するのもおすすめです。

マッチングアプリの場合

マッチングアプリの場合はお互いに出会い目的で利用しているので、気になる人には積極的にメッセージしていきましょう。
最初は軽い挨拶と自己紹介から始め、相手が返信しやすいように必ず1つは質問を入れるのがおすすめです。
メッセージする前は必ず相手のプロフィールや入っているコミュニティをチェックし、共通点を見つけて内容に盛り込みましょう。
また、信頼関係を築くためには自分から自己開示することが重要なので、自分のプロフィールや写真をしっかり作り込んでおくのも忘れずに。

>>マッチングアプリのメッセージを盛り上げるコツは?

危険!SNSでの出会いにおける過去の事件から気をつけておきたいこと

「SNSは怖い」という印象はまだまだ払拭できません。SNSでは事件や犯罪はあとをたちませんし、ニュースだけを見れば、親世代の拒否反応も納得できます。

SNSの出会いで起こった事件の事例:座間9遺体事件

座間9遺体事件(ざま きゅういたいじけん)
2017年(平成29年)10月30日に行方不明女性(当時23歳)を捜査する過程で発覚し、翌31日までに9人の遺体が見つかった死体遺棄事件であり、その後、犯人とされる男A(逮捕当時27歳)の逮捕後尋問にてAが単独実行したことが発覚した連続殺人事件である。Aが住んでいた神奈川県座間市緑ケ丘のアパート室内で、若い女性8人・男性1人の計9人とみられる複数人の遺体が見つかっている。殺害、遺体損壊を行った期間は8月22日から10月30日までの期間で、全て遺体が発見された室内で行われたとみられている。2017年10月31日にAは逮捕され、以降、Aの供述および司法解剖の結果などからAはさらに複数人の殺人・死体遺棄容疑で再逮捕された後、9人に対する強盗・強制性交等罪、強盗殺人罪、死体損壊・遺棄罪で起訴された。
本事件は日本国政府の関係閣僚会議や海外メディアにも大きな影響を与え、事件に利用されたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス) のTwitter(ツイッター)では事件後に利用規約変更がなされた。

引用元:Wikipedia

 

Twitterでの出会いがきっかけで起こった連続殺人事件です。
犯人はTwitterで複数のアカウントを使って自殺願望者になりきったり、「確実に自殺できる方法を知っている」とアピールしていたとのこと。

SNSの出会いで起こった事件の事例:小金井ストーカー殺人未遂事件

小金井ストーカー殺人未遂事件(こがねい ストーカーさつじんみすいじけん)
2016年5月21日に東京都小金井市で発生した殺人未遂事件。当時芸能活動を行っていた20歳の大学生の女性Aをファンを自称する男BがTwitterなどのSNS上でストーカー行為を繰り返した後、小金井市内のライブハウスにてナイフで刺殺しようとし重体に陥らせた。Aは意識を取り戻し一命は取り留めたものの、一部の神経が麻痺し、視野が狭くなり、男性恐怖症など心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負う、などの後遺症が残った。

引用元:Wikipedia

 

ファンの男にTwitterでストーカーされ、イベント時に襲われた事件の事例です。
被害者の大学生はこの事件が起きるまでストーカーの件で繰り返し警察に相談していたものの、ずさんな対応をされたそう。

他にもSNSで知らない男性に出会った未成年者の拉致監禁、なりすましに騙されて詐欺にあったという例も多くあります。

自己責任で慎重に利用すべきなのはもちろんですが、相手の素性がよくわからない段階で、相手の家に行ったり、車に乗ったり、密室(カラオケなど)で2人きりになったりという状況は必ず避けてくだい

脅かすわけではありませんが、少なくない数の女性が被害に遭っています。信頼できる人なのかどうかをメールでのやりとりだけで見極めるのは至難の技です。筆者としては、「異性との出会い」が目的であるならば、相手が本人確認の証明書を提出していて、利用目的もハッキリしている婚活アプリや、婚活イベントをオススメしたいです。

もちろん、なかにはちゃんとSNSを通じて知らない人と出会い、付き合ったり、結婚したりということも実際にあります。そのような出来事も、まずはメッセージのやりとりから始まりますので、相手を不快にさせない、丁寧なメッセージのやりとりを心がけましょう。慎重に信頼関係を築くことが、お互いになによりも大切です。
30代40代向け婚活アプリ徹底比較ランキング6選

初デートまでのコスパがいいのはどっち?SNSそれとも婚活・出会いアプリ?


さて、最後にお話ししたいのはコスパです。SNSは基本的に利用料無料のものが多いですよね。なので、SNSを通じてうまく異性と出会えたなら、コスパ最強ということになります。

ただ、出会うまでに費やす時間などを考えると、時間的なパフォーマンスは、婚活アプリやマッチングアプリ、婚活パーティーの方が上なのではないかと思います

SNSは人によって利用の目的が違うのも特徴の1つであるため、趣味や娯楽の共有や現況報告などに利用している人もいれば、実は異性との出会いを目的にしている人もいます。マッチングアプリなどとは違い、色々な目的で利用されている分、「恋愛」に結びつく可能性はやや低めと言えるかもしれません。

金銭的なパフォーマンス(コスパ)と、時間的なパフォーマンス(時短?)を比べて、のんびり気の合う人を探すか、早く恋人を探すかの目的別に選んだ方がよいと思います。

まとめ

SNSでの出会いについて解説した今回のコラム、なかなか面白いアンケート結果を紹介できたと思います。SNSでの出会いでも、知らない人と出会って恋人になったり結婚したりということが可能であることが証明されたのですから。

ただ、SNSはもちろんですが、インターネットを通じた出会いにはもっと色々なものがあります。SNSに限らず、ネット恋愛にチャレンジしてみるのもいいですね。最近では、オンラインの婚活イベントの提供が始まりました。
家にいながら、画面の向こうにいる異性と会話するという形式です。こんな時代だからこそ、安心安全に異性と出会うためには、まずはオンラインでというのも、ひとつの手段かもしれないですね。

おわり

婚活アプリ
おすすめランキングTOP4

◆1位 youbride ユーブライド

結婚するなら登録無料の婚活サイト/youbride(ユーブライド)


婚活:★★★★★
恋活:★★☆☆☆
友活:☆☆☆☆


◆おすすめポイント◆


・真剣度が高い
・サクラ0宣言
・登録・基本機能は無料
・スタンダードプラン2400円〜

 

ユーブライドを見る▶

 

 

◆2位 pairs ペアーズ


ペアーズ

ペアーズ


婚活:★★★★
恋活:★★★★
友活:★★★☆☆


◆おすすめポイント◆


・圧倒的な会員数で無限に出会いがある
・Facebookの友達を自動ブロック、身バレの心配なし
・女性は月額料金無料
・男性は月額4100円〜

 

ペアーズを見る▶

 

 

◆3位 マリッシュ

マリッシュ


婚活:★★★★
恋活:★★★☆☆
友活:★★★☆☆


◆おすすめポイント◆


・再婚活したい人でも利用しやすい
・バツイチ再婚者、シンママ、シンパパ
・中年婚、年の差婚、地方婚ができる
・女性は月額料金無料
・男性は月額3400円〜

 

マリッシュを見る▶

 

 

◆4位 ブライダルネット

ブライダルネット


婚活:★★★★
恋活:★★★☆☆
友活:★★★☆☆


◆おすすめポイント◆


・IBJによる真剣度が高い婚活アプリ
・30代のユーザーがおおく、女性ユーザーが多い
・登録は無料  男女ともに2600円〜

 

ブライダルネットを見る▶

PAGE TOP