婚活研究所が贈るここだけの街コン事情
本音が見つかる大人向け街コン&婚活コラム

婚活パーティーにおすすめの服装【男性編】


婚活パーティーに申し込んだものの、何を着て行けばいいのかと悩んでしまう男性は多いのではないでしょうか。男性の服装は、女性以上に悩んでしまうかもしれませんね。
「男だからオシャレする必要ない」なんて思ったら大間違いです。女性は男性の服装をしっかりチェックしていますので、第一印象を良くするためにも女性から好感を持たれる服を選ぶようにしましょう。
この記事では、男性が婚活パーティーに参加するときのおすすめの服装についてご紹介します。初対面で「素敵!」と思われるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

【曜日別】服装の選び方

婚活パーティーは平日も土日祝日も開催されています。仕事帰りの人が多い婚活パーティーと、お休みの人が多いパーティーでは、服装の傾向が違います。

平日ならスーツで


大都市では毎日のように婚活パーティーが開催されていますので、平日夜のパーティーに参加する方も多いでしょう。平日夜は仕事帰りの男性が多いので、スーツで参加する方が多いです。
スーツといってもくたびれたものはNGです。カッコよく着こなすには、サイズが合ったものを選びましょう。また、シャツをカラーシャツや柄のシャツにすることで、さりげなくオシャレな印象を与えることもできます。

忘れがちなのはバッグと靴。毎日使っているものは傷だらけになったり擦れたりしていませんか?女性は意外とチェックしていますので、持ち物にまで気を配りましょう。
平日がお休みという方もいらっしゃるでしょうが、周りがスーツ姿の男性ばかりだと、カジュアルな服装では浮いてしまうかもしれません。お休みであってもスーツを着て行く方が無難でしょう。スーツを着ないなら、ジャケットを着るなどして、カジュアルになりすぎないようにすることをおすすめします。

休日はきれいめなカジュアルスタイルで


休日に開催される婚活パーティーに参加するなら、上質なカジュアルスタイルがおすすめです。基本はジャケパン(セットアップでないジャケットとパンツ)で、オフィスカジュアルのような雰囲気なら、きちんと感が出て女性を安心させます。
スーツとは違い、自分でコーディネイトを考えるので、組み合わせ方が正しいのか不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。組み合わせのポイントは、無地×無地、または無地×柄にして、柄と柄の組み合わせは避けましょう。色は上下を同じ色にせず、濃淡をつけるのが一般的です。また、サイズは自分の体に合ったものを選ぶのが鉄則です。細身のシルエットを選べばスタイリッシュでカッコいい印象に。

カジュアルなスタイルはスーツより難しいでしょうが、清潔感を意識してきれいめな服装を心がけましょう。奇抜な服装よりは、普通っぽいシンプルな服装の方が女性に好まれます。トータルの色使いを3色以内に抑え、シンプルで爽やかなコーディネイトにしましょう。

【季節別】服装の選び方

カジュアルな服装は、季節感も大事にしましょう。季節別に男性の服装の選び方をご紹介します。

春夏に選びたい服装


春夏は爽やかな服が似合う季節です。白や水色など爽やかな色のシャツにチノパン、白のインナーにジャケットなど、清潔感が感じられる服装を選びましょう。
夏は婚活パーティーの会場に行くだけで汗だくになるかもしれません。汗をだらだら流していると清潔感に欠けますので暑さ対策は必要ですが、カジュアルになりすぎないように注意が必要です。

また、夏の婚活パーティーには涼しげなポロシャツもおすすめです。襟がありますのでラフになりすぎず、爽やかな印象を与えます。ポロシャツの色は、白やネイビーなどベーシックなカラーがよいでしょう。

秋冬に選びたい服装


秋冬は温かみがある服装が似合う季節です。ジャケパンは1年を通しておすすめのスタイルですが、秋はシャツの上にカーディガンを羽織るのもよいでしょう。冬はセーターを着ることがあるでしょうが、何年も着ていて伸びたり縮んだりしている、毛玉ができているものはNGです。

アウターはカジュアルなダウンよりもコートがおすすめです。大人っぽいアウターの方が、女性に安心感を持たれるでしょう。
セーターやコートは上質なものをおすすめします。あまりに安っぽいものを婚活パーティーで着ていると印象が悪くなるので注意しましょう。

会場やパーティーの雰囲気に合わせて選ぶ

婚活パーティーの服装選びでは、会場やパーティーの雰囲気に合わせて選ぶことも重要です。たとえばホテルのラウンジやスタイリッシュなレストランで開催される婚活パーティーには、スーツを着て行くのが適しています。一方、大人数で楽しむタイプの婚活パーティーや、屋外で楽しむイベント系の婚活パーティーにスーツや革靴は似合いません。そのような企画には、カジュアルな服装や、動きやすい服装が向いているでしょう。

TPOに合った服を選ばないと浮いてしまい、女性からも避けられてしまいます。会場の雰囲気やパーティーの趣向に合わせた服装を選びましょう。

避けておきたいNGファッション

普段着るにはオシャレでも、婚活パーティーには不向きなファッションもあります。避けておいた方がいいNGファッションをご紹介します。

1. ハーフパンツ


夏は暑いので涼しげなハーフパンツをはく男性も多いでしょうが、婚活パーティーには不向きです。足を露出するハーフパンツはカジュアルすぎて遊びの印象が強いので、避けておいた方がよいでしょう。

2. ダメージジーンズ


カッコいいダメージジーンズも、婚活の場に着て行くのはNGです。ダメージジーンズは好きな人にとっては魅力的でしょうが、一般的には清潔な印象がしません。
ダメージ加工されていないものでも、ジーンズはできるだけ避けた方がよいでしょう。

3. パーカー


普段着としては重宝するパーカーも、婚活パーティーにはあまりにもカジュアルすぎて不向きです。スポーツ婚活ならパーカーもありですが、屋内で開催される一般的な婚活パーティーには避けておきたいアイテムです。

4. 皮ジャン


カッコいいイメージの皮ジャンですが、婚活パーティーには向いていません。ハードなイメージがあり、周りから浮いてしまいますので女性にも避けられるでしょう。
個性的なアウターよりもジャケットやコートを選んだ方が、女性に安心感を与えます。

女性の理想像に合うファッションを


婚活パーティーは単なる異性との出会いの場ではなく、結婚相手を探すためのものです。そのため最先端のオシャレできめたり、奇抜なファッションで目立つ必要はありません。
婚活パーティーで女性が求めている男性は、「一緒に温かい家庭を築いていけそうな人」「信頼できる人」「穏やかで優しそうな人」などです。あまりオシャレをしすぎると、「金遣いが荒そう」「こだわりが強そう」などマイナスのイメージを持たれることもあるでしょう。

女性はどちらかというと普通のファッションの男性を好みます。ただし、普通と言っても普段着ではなく、清潔感があって年相応の若々しさがあるファッションを魅力に感じます。
男性が女性のファッションに注目するのと同様、女性も男性のファッションをチェックしています。女性の理想像を意識して、婚活パーティー当日の服装を選びましょう。

まとめ

婚活パーティーに着て行く服は、自分だけフォーマルだったりカジュアルだったりして浮いてしまいたくないですよね。TPOを考えつつ、季節に合わせた服装を選びましょう。
「清潔感重視」「ジャケットで信頼度アップ」「体のサイズに合ったもの」といった点に気を付けて、女性から好感を持たれるファッションで婚活パーティーに参加してくださいね。

お酒好きのおしゃれな男性が集まるイベントはこちら♡

婚活カテゴリの最新記事

PAGE TOP