婚活研究所が贈るここだけの街コン事情
本音が見つかる大人向け街コン&婚活コラム

婚活で多い別れる原因7つ!


結婚したいけど、出会いがない…そんな人の間で、婚活のためのマッチングアプリや婚活パーティーが賑わいをみせています。真剣にパートナーを探している人が集まる場では、結婚に向けた話しがすすみやすいのも魅力。

そんななか、婚活ならではの別れの原因もあるようで…。これから真剣に婚活したい人、できるだけ早く結婚に向けた出会いを見つけたい人は、婚活ならではの別れの原因を知っていると、とても役立ちますよ!

別れ話をされた時の心得や、別れ話を切り出す時のポイントとともにご紹介します!

婚活のメリット・デメリット


婚活アプリや婚活パーティーでは、普段の生活の中で出会いがない人が結婚に向けて前向きに考えている人と出会えることが大きな魅力ですね。偶然出会って恋をして、時間をかけて相手のことを知ってつきあって、結婚を意識して…となると、相当の時間を要することもあります。

婚活では、職業や年収、趣味などはあらかじめプロフィールで確認することができ、結婚を考えるうえで大切と思うポイントがある程度はじめから把握できることはとても効率的。しかも、婚活に積極的な男女が集うため、つきあってみて「結婚する気はないんだよね~」と言われてしまう心配も少ないでしょう。

婚活では、とても魅力的な人もたくさん参加していますが、明らかに恋愛経験の少ない人もいます。婚活ならではの、別れる原因もいくつかあるのがデメリットでしょう。

もっと具体的に、婚活ならではの別れの原因をいくつかのカテゴリに分けて見ていきましょう。

婚活で生じやすい心理的余裕がもたらす別れ


婚活は、結婚に前向きな異性との出会いが豊富です。そのため、慣れていくうちにいくらでも出会いはあると錯覚してしまう落とし穴が…。

ダメでも次があると思ってしまう

婚活をはじめると、普通に生活しているだけでは出会えないほど、たくさんの異性と出会えるチャンスが到来します。ですから、もしダメでも他にもっと気の合う人がいるかもしれないと、心に余裕ができやすい状態に。

もちろん、出会って気に入った人との別れはつらいものがありますが、相手に寄り添うための努力をないがしろにしてしまうと、少しの感情のもつれでお別れ、ということにもなりかねません。

複数の異性を常に比較

婚活では、努力しなくても収集できる情報がいくらかあります。見た目以外にも、年収や趣味、結婚歴や子どもの有無など、自分の理想に当てはまる人をそれらの情報の中から判断していきますね。デートを重ねるような間柄でも、正式なお付き合いでなければ他の異性とのやりとりも平行して行う人が多いため、もし新たにより理想に近い異性と出会ったら、別れの原因につながってしまいます。

婚活を急ぐ人が遭遇しやすい別れ


婚活をしている人のなかには、「1年以内に結婚する!」などの目標を掲げている人もいます。また、期間を定めなくともできるだけ早い段階でと焦っている人も多いです。特に20代後半~40代にかけては、結婚がより身近なものとなり、焦る人も多くなりますね。

一気に気持ちが冷めてしまう

婚活で知り合った異性とマッチングした当初は、こまめなやりとりやデートを重ねて楽しい時間が過ごせるでしょう。しかし、急な出会いで見ず知らずの人と親密になるのですから、冷めるのも早いという人が多いです。

急いで物事をすすめようとするあまり、たくさんの人とマッチングして、複数の人とやりとりをすることに疲れてしまうケースもあります。

急にメッセージが途絶えた、などの意味不明な現象は、おそらく相手が「飽きた」という線が濃厚です。

デート後に分かることも多い


婚活パーティーでは、面と向かって話すため、相手の見た目はもちろん、雰囲気や話し方など五感を通して感じる印象からも判断できますね。しかし、マッチングアプリではプロフィール内容やメッセージのやりとりが主となります。

プロフィールの嘘が発覚

マッチングアプリの場合、プロフィールは基本自己申告で記載されています。写真が何年も前のものだった場合、実際は体型が大きく変わっていたり、年相応に年齢を感じさせたりと、会った時の違和感を感じるケースもしばしば。もちろん、正直に現状を掲載している人も多いですが、写真の加工をしてよく見せようとしている人も一定数います。

実際に会ってみて、見た目が全然好みじゃなかった…と、一気に冷めてしまうことも別れの原因です。

金銭感覚の違い

また、年収に関しても所得証明の提示が行われない限り、はっきりとしたことが分かりません。ふつうの恋愛でも相手の年収まで踏み込んで聞くのはなかなか難しいことですが、実は多額の借金があった、金銭感覚が自分とは大きく違ったなど、後になってから分かることもありますね。

結婚を意識する人にとっては、経済的な問題も大切な要素になり得ます。あまり気にならない人もいますが、特に女性は相手の職業や年収、安定性を大切に考える人も多いですから、デートした相手のお金の使い方や考え方も実は気にしている場合があります。

結婚が具体化してくると…?


マッチング後、デートを重ねて正式にお付き合いとなると、いずれ結婚という流れになりますね。特に、婚活で出会った人は、結婚を視野に入れたお付き合いが前提ですから、お付き合いとなった段階で結婚もすぐそこ、と考えますよね。

結婚に向けた話がすすまない

結婚相手を探すために婚活をはじめ、お付き合いする人ができたにもかかわらず、一向に結婚に向けた具体的な話がまとまらない、というケースがあります。婚活といっても、長期的にみて結婚したいと考える人と、できるだけ早く結婚したいと考える人とでは、足並みがそろいにくいかもしれませんね。

そのため、結婚を焦るほうがしびれをきらして別れ話に発展することもあります。残念ながら、出会い系と同じ感覚で婚活している人もいますから、あらかじめ結婚観についてはお付き合いの前に確認しておいたほうが良さそうです。

負担感のバランスがとれない

婚活以外のケースでもあり得ることですが、婚活の場合は自分の居住地から離れた場所に暮らす人とも交流が持ちやすくなります。しかし、お付き合いは遠距離で可能でも、実際に結婚するとなった時にはどちらかが引っ越しをすることになりますね。場合によっては、どちらかが仕事をやめたりすることも必要になるかもしれません。

こうした時、当たり前のように相手が引っ越してくるものだという認識だと、相手の人の負担感が大きくなります。さらに、「もしかしたら結婚後も相手中心の生活になる?」と想像されるでしょう。こうした態度がきっかけで、結婚の話がパーになってしまうことも…。

別れ話、どうやってもちかける?


婚活の場合、親しい友人を介したり、職場の人間関係など、二人にとって共通の人物がいないですよね。ですから、きちんと別れ話しをして決着を付けずに、ある日を境に突然連絡がとれないなど、残念ですが一方的な別れとなることもしばしばあります。

誰か共通の人物がいないことを良いことに、誠実な対応をせずに別れてしまう、悲しい現状もあるんです。取り残された方は、わけが分からずしばらく心配したり、気になって仕方がないかもしれません。

婚活で知り合った人と別れたいと思った時は、きちんと言葉にして伝えるべきです。電話ではなく、直接会った方が相手から引き留められてズルズル話が終わらない…ということも回避しやすくなります。たとえば、昼間のカフェや公園など、人の出入りがほどほどにある場所を選ぶと、感情的にならずに話がしやすくなります。

別れ話をもちかける人は、お相手への感謝の気持ちを忘れないことが大切です。しかし、復縁のつもりがない場合は、中途半端な言動はやめましょう。復縁の可能性があると相手が認識した場合、混乱を招いてしまいます。

反対に別れ話をもちかけられた人は、あまりの出来事にショックを受けるかと思いますが、ここはできるだけ感情的にならない方がベターです。公共の場で感情的になると、相手が強引にその場を立ち去ろうとするかもしれませんし、周りにも迷惑がかかる可能性がありますね。

まだ付き合いたいと思う人の場合は、素直な気持ちを冷静に伝えるようにして相手の反応を確かめてみましょう。

まとめ

今回は、婚活ならではの別れの原因についてご紹介しました。別れる原因が分かっていれば、それをできるだけ回避しようと意識するだけで、より結婚したいと思える人とのお付き合いに近づくかもしれません。ぜひ今回の内容を参考に、長くお付き合いできるパートナーを見つけてくださいね!

まずはパーティーに参加してみてからですね♡静岡のパーティーは毎回ご好評いただいておりますよ^^

婚活カテゴリの最新記事

PAGE TOP