婚活研究所が贈るここだけの街コン事情
本音が見つかる大人向け街コン&婚活コラム

婚活デートは回数がポイント!何回目までに落とさないとNG?


婚活マッチングアプリや婚活パーティー、結婚相談所からの紹介など、婚活ではデートをしながら相手との相性を確かめますね。

ふつうの恋愛と違うところは、はじめから結婚を意識した相手探しというところ。

デートの前段階で、職業や年収、趣味などの簡単なプロフィールは把握していますから、簡単に言えば効率的。

でも、やはり人と人とのお付き合い。デートを重ねることで、分かることもたくさんあります。

ここでは、婚活デートの回数と、脈アリかどうかの判断ポイント、告白成功のための知っておきたいポイントについてご紹介します。

婚活デートで回数を重ねることが難しいワケ

超重要なポイントを先にお話すると、婚活デートは初回デート、2回目のデートで終了というケースがとても多いです。

これには婚活ならではの理由がありますが、デートに至る異性が一人というケースがむしろ稀で、正式なお付き合いをする異性ができるまでは、複数人とのメールのやりとりや、デートを重ねている人が多いことが関係してきます。

もちろん、正式なお付き合いまではおたがいにフリーですから、より理想に近い異性を探すべく複数人とデートをするのは、まったく悪いことではありませんね。しかし、それだけ競争率もあがるということです。

まずは神奈川の婚活パーティーでデートのお相手を見つけてみませんか♡

回数を重ねればいいってもんじゃない!


婚活デートは、回数を重ねればいいというわけでもありません。まったく進展ナシの状態を続ければ、相手からは「真剣なお付き合いを考えていないんだ」と誤解されてしまうことも。

ですから、回数を重ねるごとに進展がみえるよう、行動や会話の内容を変化させたり、次のデートが楽しみになるような配慮も必要です。

婚活は、結婚を前向きに考えている人がするものです。なかには、「1年以内に結婚相手を見つける!」と期間を絞っている人もいます。

特に、20代後半から40代にかけては、友人ではなく真剣にお付き合いできる人、結婚をしたいと考えている人をせっぱ詰まって求めているケースが非常に多いです。

ですから、ダラダラとただ楽しい時間を過ごす、だけではダメなんです。

デートの回数を重ねて分かること


デートの回数を重ねるごとに、相手への緊張感が徐々にほぐれていきますね。

はじめは誰だって緊張しますから、ぎこちないやりとりでもOKです。

徐々にデートの回数を重ねていくことで、言葉使いは丁寧なままでも、語調が柔らかくなったり、カジュアルさは自然と増していくはず。

そうすると、少しずつ核心をついた話もできるようになるでしょう。

それでは、具体的に理想的な婚活デートの流れを回数とともに見ていきましょう!

婚活デート1回目

とにかく緊張してしまう1日となる人も多いでしょう。婚活デート1回目は、記念すべき二人の初デートでもあります。

しかし、ふつうの恋愛と違うところは、お互い結婚を意識した相手を探していること。そして、それをお互いに知っていることです。

そのため、やや面接に似た雰囲気にもなりがち。面接で大切なことといえば…印象ですよね!

婚活デート1回目は好印象を心がける


婚活デート1回目は、とにかく好印象をこころがけること。清潔感ある装いや、体臭・口臭にも気を配りましょう。

デートは3時間程度の短時間でOKです。それ以上長くなると、緊張によるストレスから疲れてしまい、次に会うのがおっくうになってしまうかもしれないからです。

結婚についての深い話しや自分の内面についてのディープすぎる話しはできるだけ避けて、趣味や好みなどの前向きな話題がいいですよ!

婚活デート1回目は次につなげて成功

婚活デート1回目は、とりあえず会ってみようという感覚でデートする人が多いです。

ふつうの恋愛と違い、会社や学校、趣味などで出会う機会のない二人がマッチングするんですから、当然といえば当然。

ですから、次につながらなくても、あまり気を落とす必要はありません。しかし、相手から嫌われることは避けたいですね。

婚活デート2回目


婚活デート2回目こそ、もっとも大切と言われています。

それは、初回デートは相手のことを軽く知る程度となる場合が多いため、結婚を考える異性かどうかまで判断しにくいから。

多くの場合、2回目のデートを終えて、その全体的な印象で今後のことを決めると言われています。

そのため、初回デートが特に悪くないという程度で2回目デートのお誘いにはのるっていう人、多いです。

ただし、2回目デートがイマイチなら…。もう次はないと思った方がいいですね。

2回目デートのここに注意!

初回デートを終え、2回目のデートが実現したことで嬉しくなる気持ちは分かりますが、相手にとっては初回デートの延長みたいな感覚でいることもあります。

NGなのは、脈アリだと勘違いすること。馴れ馴れしい態度や言動は、相手が混乱する可能性が高いため気をつけましょう。

婚活デート3回目


婚活デート3回目は「勝負のデート」

3回目のデートまでたどり着くのは、けっこう難しいんです。

それが実現できたのなら、脈アリを期待してもいいですよ。ただし、のんびり相手を知っていくタイプの人もいるので、脈アリかどうかの判断は難しい場合もあります。

3回目のデートは、できるだけこれまでより長い時間デートを楽しむのがおすすめです。

3回目のデートで告白を!

婚活デートの場合、この先の結婚に向けたお付き合いを前向きに考えている人が多いですね。

そのため、ダラダラと友人関係のようなデートを繰り返すのはNG。

ここで、一度、結婚を視野に入れた正式なお付き合いができる相手かどうかを真剣に考えましょう。

そして、告白は男性側からするのがベターです。なぜなら、婚活の場合は結婚前提のお付き合いとなるから。男性側がきちんと意思表示をする方が、今後の生活を考える時に女性の安心感につながります。

婚活デート4回目


4回目のデートは「一区切りのデート」。

4回のデートを重ねるということは、脈アリの可能性大です。

3回目のデートまでに告白がすんでいない場合は、もういつでも告白できるように心の準備をしておくことが大切です。

4回目のデートでは進展も期待

4回目のデートを終えても告白なしの場合、特に女性側の心境としては「いつまでこの状態なの?」と思ってしまいます。

場合によっては、「婚活に真剣じゃないのかな」と誤解され、心が離れてしまう可能性も。

3回目のデートで告白した場合は、そのお返事をもらったり、正式なお付き合いに発展したりと、何らかの進展をする区切りのデートでもあります。

とにかく、4回目のデートを終えて何も進展ナシの状態は、避けましょう。

まとめ

婚活デートは回を重ねるごとに注意すべきポイントが違いましたね。

デートの内容ももちろんですが、婚活デートの場合は「なぜ2回目のデートが実現できたのか」「なぜ3回目のデートが実現できたのか」がポイントです。

相手の気持ちは、デート回数を重ねるごとに変化していきます。回数を重ねられるということは、あなたに興味を持っていますというサインです。

回数を重ねるごとに、脈アリの可能性がどんどん膨らんでいきますが、特に3回目、4回目となると脈アリの可能性が濃厚。

相手の気持ちが冷めてしまわないように、「婚活に真剣です!」という気持ちを伝え続けることが重要です。

特に、4回目までに告白しないと、それ以降のデートは“進展なし”の烙印により実現できなくなるかもしれません!

これから婚活を始める人や、婚活デートを控えている人は、ぜひ参考にしてくださいね!

婚活カテゴリの最新記事

PAGE TOP