婚活研究所が贈るここだけの街コン事情
本音が見つかる大人向け街コン&婚活コラム

婚活デート3回目で勝負を決める!この人だと思わせる4つのポイント


婚活デートで3回を迎えるのはとても大変なこと。婚活歴の長い人は、3回目のデートを迎えることがいかに難しいかを実感しているのではないでしょうか?

言い換えれば、3回目のデートを迎えられたらひとまず大きな山をふたつ乗り越えたということです。

ですが、3回目のデートで失敗した、その後のデートに続かなかった…という人は、3回目のデートを振り返るべき。

そう、3回目のデートは、勝負のデートなんです。

ここでは、婚活3回目のデートを成功させる5つのポイントをご紹介します。せっかく3回目のデートまでたどり着いたのなら、ここでダメにしてしまうのはもったいないですよ!

婚活3回目のデートは重要な局面を迎える!

婚活初回デートは、よほどの悪印象でなければクリアする場合が多いです。相手のプロフィールを簡単に知り、「この人がいい!」と思わなくても「とりあえず、もう一度なら会ってもいいかな…」という感覚で2回目のデートに突入する人も多いからです。

そして、もっとも重要と言われる2回目のデート。ここで、恋人や将来的に結婚を見据えたお付き合いができるかどうかを真剣に考え始めます。

2回目のデートは、初回デートに比べてはるかに壁が高くなり、この2回目のデートをクリアするのが難しいんです。もし、2回目のデートで微妙なラインなら、ほぼ次はないと言ってもいいでしょう。

ほとんどの婚活経験者が、2回目のデートまでで連絡しなくなったり、次の人を探したりし始めます。つまり、3回目のデートを実現することは、脈アリと考えてもいい、ということです。

結婚相談所から学ぶセオリー

結婚相談所のお見合いでは、食事3回がトントン拍子でうまくいくと、結婚への可能性がグンと高まると言われています。

ここからも分かるように、3回のデートがうまくいくかどうかで、成婚率が全然違ってくるんですね。

さて、この婚活3回目のデートを成功させる秘訣はあるのでしょうか。注意すべきポイントとともに見ていきましょう。

ポイント1婚活3回目のデートに誘う時期


婚活2回目のデートを終え、これからもっと相手のことを知りたい!もしくは恋してしまった!と思った時は、次のデートに誘いましょう。

3回目のデートの時期は、2回目のデートが終わってからあまり間を空けないようにするのがポイント。

あまり間を空けすぎると、「私に興味がないのかな…」「あまり大切に思われてないのかな…」と相手のテンションはどんどん下がっていきます。

特に男性は、女性に比べてメールをすぐに返信しないなど、こまめな連絡が苦手な人が多いですね。

しかし、婚活を真剣にしている女性からすれば、「私はこんなに真剣に婚活してるのに、相手はあまり真剣じゃないみたい」と誤解されかねません。

3回目のデートは超重要な局面を迎えます。ここはぜひ、早めに男性からデートのお誘いをすることをおすすめします。

ポイント2おすすめのデートプラン


婚活デート3回目は、時間の余裕がある時に、丸一日デートを楽しむのがおすすめです。初回デート、2回目デートよりも長い時間を過ごせるように、プランニングしましょう。

デートの内容は、基本的に自由ですが、これまでのデートで行ったことのない場所を選び、できれば二人で楽しめる体験型デートがおすすめ。

二人とも未経験の分野に挑戦する、少し遠出のプチ旅行に行く、共通の趣味を楽しむなど、素直な部分が出しやすいところへ出かけましょう。

これまでのデート場所と一緒の店を選ぶ、集合してからどこに行くか考えるなど、明らかな手抜きはNGです。長期的に見れば、ノープランデートも許せる時期がきますが、始めから手抜きをするようでは真剣みが伝わってこないためおすすめできません。

婚活デート3回目でショッピングはあり?


ファッションのセンスが似ていると、ショッピングも楽しいでしょう。しかし、女性ものと男性もののお店はバラバラなことが多く、どちらか一方が買い物を楽しんでいる間、もう一方は手持ち無沙汰にならないように注意が必要です。

また、ファッションの好みが合うかどうかは、初回デートや2回目デートの服装からは分かりにくいのも悩みどころ。

デートの時間すべてをショッピングに費やすのではなく、一部に組み込む方がベターかもしれませんね。

ショッピングの最中に、もしかしたら相手にプレゼントしてあげるという場面もあるでしょう。その際は、高額すぎる贈り物はNGです。

高額すぎる贈り物は相手にとって負担感を感じさせるきっかけになる可能性があります。また、ショッピングをはじめて1件目の支払いの時点でおごってあげると、相手にとってはその後の買い物がしにくくなります。

ショッピングでは相手の金銭感覚を知るいい機会なので、以外と冷静に相手は見ているかもしれません。舞い上がって散財してしまわないように注意が必要です。

デートの最後は静かで人気が少ない場所を選ぶ


丸一日デートを楽しんだら、夕方もしくは夜になりますね。デートの最後は、人が少ない海や公園、夜景スポット、水族館、落ち着いた雰囲気のレストランなどがおすすめです。

なぜなら、婚活デート3回目では、男性が勝負を決めて欲しいからです。

そう、3回目のデートの一番重要なポイントは、勝負を決める!これに尽きます。

ポイント3婚活デート3回目で勝負を決める!

個人差はありますが、多くの場合、婚活デート3回目では重要な局面を迎えます。

婚活している人にとっては、そのままお付き合いをすすめていきたい相手なのか、それとも違うのかを決める分かれ道になる場合が多いんです。

男性側が「この人と結婚について前向きに考えたい!」と感じた場合は、3回目のデートの終わりにその意志をはっきりと告げましょう。

告白は男性から?女性から?


よほど女性が肉食系でない限り、男性からの告白がいいですね。肉食系の女性だったとしても、多くのケースは男性からの告白の方がいいとも言えます。

なぜなら、恋愛ではなく婚活だから。

結婚を前提にお付き合いしたいというフレーズは、男性に結婚の意志があることを示す超重要なキーワードです。

結婚となると、多くの場合は男性側に女性側が合わせる場面が多くなります。住む場所、名字、仕事の継続、子どもを産むかどうか…など、女性の場合はこれまでの生活どおりとはいかなくなる場合が多いです。

そうなった時、やはり男性がしっかり支えてくれる、協力してくれるという安心感を得たいですね。

いくら共働きだといっても、まだまだ日本は男性が働きやすい社会であることに変わりありませんから、その意志を男性から伝えることはとても重要です。

もし告白しなかったら…?

好意があるにもかかわらず、告白なしでデート終了した場合、女性は4回目のデートのお誘いを受けるべきか悩むようになります。

婚活は、前向きに結婚したい人が行うものですから、いつまでたっても平行線の関係は求めていません。

また、婚活は複数の異性とのコミュニケーションをとっている場合が多いため、先に他の異性から告白される可能性だって大きいです。

お付き合いが始まってしまうと、他の異性との連絡はとらなくなるのが通常ですから、せっかくのチャンスを無駄にしてしまうかもしれませんよ。

ポイント4婚活デート3回目のNG例


ここでは、婚活デート3回目の失敗例をいくつかあげてみます。

男性の意見

・女性が性的に積極的すぎて、遊びか本気が分からなくなっった
・いつもおごってもらって当たり前という態度がいや
・デートにいつも遅刻してくる
・収入や結婚後の生活について細かいことを聞かれすぎた
・いつも仕事のグチばかりで、これが毎日続くのかと思うといやになった

男性が3回目のデートで告白してくれない時には、相手を責めるばかりではなくて、自分の行動を見直す必要があるかもしれません。

特に、まだ知り合って間もない人に対して、マナーが守れないのは問題外。いくら話しやすい人でも、グチばかりにならないように注意が必要ですね。

そして、過度なボディタッチ等も不評のようです。お付き合いが成立するまでは、スキンシップは控えたほうがよさそうですね。

女性の意見

・アプローチされなかった
・結婚後の具体的な話をされて困った
・強引に泊まりをすすめられた
・すぐに携帯電話を見るクセが気になった
・全然好みじゃないデートでつまらなかった

婚活している女性にとって、ずっと友達付き合いするための異性は求めていません。何となく会う、暇つぶしのような存在なら、時間の無駄だと思ってしまいます。そのため、3回目のデートでのアプローチはかなり重要ですね。

長い時間一緒に過ごすと、だんだん見えてくる相手のクセ。貧乏揺すりや腕組み、時計のチラ見、大丈夫ですか?クセって自分では気づきにくいですから、友人に聞いてみるといいでしょう。

まとめ

今回は、婚活デート3回目の重要性と成功させるポイントについてご紹介しました。3回目のデートでは、これから真剣なお付き合いができる相手かどうかを決める局面を迎えることが分かりましたね。

素直に「この人といて楽しい!もっと一緒にいたい!」と思ったら、きちんとケジメをつけるために勇気を振り絞ってがんばってくださいね!

素直にそう思えるような相手に出会うために!!大阪のアウトドアパーティーでたくさんの方と交流してみましょう♡

婚活カテゴリの最新記事

PAGE TOP