婚活研究所が贈るここだけの街コン事情
本音が見つかる大人向け街コン&婚活コラム

街コンでパイロットと出会う方法と注意すべき3つのポイント


パイロットは非常に女性人気の高い職業です。華やかな仕事内容ですし、夢を感じる職業ですよね。そんなパイロットと出会いたいと願っている女性も多いのではないでしょうか。
しかし多くの女性が「どうせパイロットとは出会えない」と最初から諦めてしまっています。それも仕方のない話で、パイロットはそうそう出会える相手ではありません。
パイロットと出会うためにはあなた自身が積極的に出会いを探しに行く必要があります。数ある出会いの方法の中で一番おすすめの方法が「街コンで出会う」という方法です。この記事では街コンでパイロットと出会う方法と、注意点を解説します。

街コンでパイロットと出会う前に知っておくべき3つのポイント


実際に街コンでパイロットと出会う前に、パイロットについて知っておきましょう。特殊な職業なのであなたが知らない事実もあるでしょうし、将来的に付き合うことを考えれば知っておいて損はありません。

1.パイロットは高収入で女性にモテる職業

パイロットは年収が非常に高いことが特徴です。厚生労働省の調査では、ANAが1,981万円、JALが1,834万円と超高収入と言えるでしょう。大手航空会社以外のパイロットでも平均年収が約800万円と一般的に見たらかなりの高収入です。
この年収の高さに加え、華やかなイメージもありパイロットは女性にモテる職業です。出会ってからもライバルが多いことを覚悟しなければなりません。

2.パイロットは体調管理が命

意外かもしれませんが、パイロットは健康管理が欠かせない職業です。パイロットは定期的に厳しい身体検査を義務付けられており、それにクリアできなければパイロットとして空を飛ぶことは認められないのです。
そんな厳しい職業ですから、パイロットは人一倍健康に気を使っています。食べ物や運動はもちろん、睡眠時間やお酒を絶つなど様々な努力をしているのです。
もしあなたがパイロットと付き合うことになった場合には、過度の食べ歩きや深夜までの深酒などに付き合わせないような配慮が必要となるでしょう。

3.パイロットは家を空けることが多い

国内線、国際線にかかわらず、パイロットの仕事は家を空けることが多いという特徴があります。場合によっては1回のフライトで4日ほど費やすこともありますし、様々なパターンがあるので肉体的にもつらい仕事です。高収入であることにはやはり理由があるのです。
そんなパイロットと付き合うことになれば、頻繁に会ったり連絡を取ることは望めないでしょう。誕生日や記念日、クリスマスなど普通の恋人が楽しむイベントも我慢しなければなりません。結婚後もずっとこの状況は続きますし、果たしてそれを耐えることができるかどうか、しっかり考えておくことをおすすめします。

パイロットはどこで出会いを探しているのか


パイロットはその女性人気とは裏腹に、そこまで出会いが多い職業ではありません。パイロットはバリバリの男社会ですし、主な職場は操縦室。これでは出会いが無いのも頷けます。
では果たしてパイロットはどこで出会いを見つけているのでしょうか?これには主に4つのパターンがあります。

学生時代からの彼女

パイロットは学生時代から将来有望と見られている人が多く、特に航空大学校出身者であればパイロットになることがほぼ確実であるため、学生時代からモテていた人が多いのです。
したがって学生時代から付き合ってきた彼女とそのままゴールインするケースは意外と多いようです。

地上研修中にグランドスタッフと出会う

パイロットとして入社しても、最初の1~2年は地上研修からスタートします。そのタイミングでグランドスタッフなどの地上職員と出会い、結婚するケースも多いようです。空港関係者は女性が多いので、将来有望なパイロット候補生はやはりモテるのです。

CAと出会う

続いてはCAと出会って結婚するパターンです。同じ飛行機に搭乗して数日間仕事を共にするわけですし、恋愛関係に発展することも珍しくはないでしょう。しかし世間が思っているほどパイロットとCAが結婚するケースは多くないようです。

合コンや街コンで出会う

最後は仕事関係ではなく、外に出会いを求める方法です。いくら職場で出会いがあっても結婚まで順調にいくとも限りませんし、あまり社内で女性をとっかえひっかえしていては悪評が立って仕事がやりづらくなるリスクもあります。そう考えるパイロットは積極的に外に出会いを求めに行くのです。
そんなパイロットと出会う方法は定番の合コンや街コンが挙げられます。特に気軽に参加できる街コンはパイロットと出会う穴場とも言えるでしょう。

パイロットと出会いやすい街コンとは?


街コンでパイロットと出会う確率を上げるためには、パイロットが多く参加している街コンを選ぶ必要があります。それはズバリ「男性ハイステータス限定」の街コンです。
パイロットは間違いなくハイステータスですし、どのような参加条件の街コンでも参加を拒否されることは考えづらいでしょう。パイロットからしても自身の武器を最大限生かすためにハイステータス限定の街コンに参加するのは普通の流れです。
ただし注意しなければならないのは、ハイステータス限定の街コンと一口に言ってもその参加条件はピンキリであるということです。中には「この人がハイステータス?」と言いたくなるような人でも参加できる街コンもあるので、より参加条件が厳しい街コンを選んだ方がパイロットと出会える確率は高くなるでしょう。

全国のハイステータスパーティーイベントはこちらからご覧ください^^

街コンでパイロットと出会う際に注意すべき3つのポイント


実際にパイロットと街コンで出会った際は、どのような点に注意すべきなのでしょうか?「パイロットに選ばれる女性」のポイントを3つにまとめましたので、最低限これだけは実行することをおすすめします。

1.料理上手や栄養管理に詳しいことをアピールする

先ほど触れた通り、パイロットは体調管理が仕事に大きく影響してきます。独身のパイロットは自分自身で食事や栄養管理をしなければならず、それが負担となっているのは想像できると思います。要するにパイロットは「料理上手で栄養に詳しい女性」と結婚したいという希望があるのです。
もしパイロットと出会った場合、その点をしっかりアピールしておきましょう。今現在あなたが料理が苦手で、栄養にも詳しくない場合には勉強する覚悟が必要となることでしょう。

2.自立した女性でなければパイロットの彼女は務まらない

パイロットは一度フライトに出たら数日間帰宅できないことはザラにありますし、国際線であれば一度のフライトに数十時間を要することもある大変な仕事なのです。
そんな仕事を理解せず、「もっと頻繁に会いたい」「連絡したらすぐ返して欲しい」などとわがままを言う女性ではパイロットの彼女は務まるはずもありませんよね。
寂しい気持ちは分かりますが、パイロットと付き合いたいのであればある程度の寂しさは我慢しなければなりません。実際に出会った際には「連絡はマメじゃなくても平気なタイプ」と自立した女性をアピールすれば好印象間違いなしです。

3.パイロットを支えることを決意する

ここまで読んでいただいた方はもう分かると思いますが、もし将来パイロットの妻になるのであれば「パイロットである夫を支える」という強い決意が必要となります。もし子供が生まれても夫の育児や家事への参加は厳しいでしょうし、家族サービスなどもあまり期待はできません。
それでも高収入で責任のある仕事をしている夫を誇りに思い、徹底的に支える姿勢を持てるかどうかをもう一度自分自身確認してみましょう。

まとめ

パイロットは華やかで高収入という点で女性に人気の職業です。しかし、特殊な職業なので普通のカップルのように楽しめなかったり、我慢しなければならない場面も覚悟する必要があります。この記事で紹介した様々な面を考慮してそれでもパイロットと出会いたいと思うのであれば、健康面や精神面で彼の支えとなれるよう努力する必要があります。
大変な面はありますが、やはり高収入は最大の魅力ですよね。街コンならパイロットと出会うチャンスはきっとありますので、積極的に参加してみることをおすすめします。

街コンカテゴリの最新記事

PAGE TOP