婚活イベントの1人参加の利点など

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!

婚活イベントは、同性の友人や知り合いと一緒に参加した方が心強いでしょう。緊張の度合いも和らぐし、誰も話す相手がいなくて気まずい思いをする可能性も減るし、一緒に行動すれば自分だけが話さなくても良いし、居心地よく過ごせそうです。けれども、婚活イベントには思い切って一人で参加した方がメリットがある場合も多いです。 1人参加のよいところは、知り合いがいない場では知らない人と交流せざるを得ない状況に追い込まれること、自分の好みや直感だけで話し相手を変えたり場所を簡単に移動しやすかったりすること、声をかけてもらいやすかったりすることなど様々あります。1人参加の婚活イベントで楽しい時間を過ごすのはハードルが高いですが、1人参加でも努力次第で楽しむ事ができますし、友人知人と参加して楽な気分で過ごして成果が得られないのと、1人参加で多少大変な思いをしつつも成果を出すこととを天秤にかければ、成果が出た方がよいのは言うまでもありません。 こちらから相手側をみたときにも、1人で来ている人と交流した方がよい点は、気に入った人と気に入らない人を選別しやすいところです。2人組で行動している人にアプローチされるまたはアプローチを受ける場合、その2人が友人関係であればそのうちの1人しか選べない空気になる可能性が高いです。どちらも同じ程度に好感度がある場合は、1人しか選べないのはもったいないといえるでしょう。場合によっては、どちらも選べない、どちらからも選ばれないこともあり得ます。限りある時間を有効に使うには、1人参加の人と積極的に交流するとよいでしょう。 1人参加同士でよい出会いに結びついた場合、婚活の第一段階はクリアですが、二人で少しお付き合いしてみて関係性が継続できそうであれば、相手の友人など親しい人を紹介してもらい、大勢で会ってみることも必須です。どのような人間関係を構築している人なのか、友人とはどのようなコミュニケーションをとっているのか、友人からの信頼は得られているかどうか、など、二人だけで会っているだけでは分からない様々な情報を得ることができます。その段階をクリアしたら、ご両親にも会ってみることが必要です。難しいですが、できるだけ正式な婚約者というポジションになる前に、気楽な立場で会えた方がよいと思われます。 二人だけで会っている段階でも、飲食店の店員さんやその他、周りの人にどういう態度を取るかも、きちんと観察しておいた方がよいでしょう。飲食店の店員さんなど、自分より下のポジションにいると思われる人に対する態度が横暴な男性は、結婚後奥さんに対しても横暴な態度を取る、と主張する人もいます。あながち間違いでもないかもしれません。 このように、始めは1人参加で相手を見つけて、お付き合いの段階では他の人ともコミュニケーションを取りつつ、一緒に過ごせる相手かどうかの見極めをしていくとよいかと思われます。