婚活と恋活の違いとは?

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!
“婚活と恋活の違いは読んで字のごとく、活動の目的が結婚にあるか、それとも恋愛にあるかという点です。 婚活という言葉の初出は2007年の『AERA』だとされています。現代は積極的に活動しないと結婚が難しくなってきたという論旨で語られました。その後、社会的な観点からの批評から、当事者たちが気軽に使う言葉へと変化していき現在にいたります。確実な成婚を目的としていますので、出会いにあたっては互いの身分を詳しく明かすことや、結婚観についてすりあわせを行うことが必須です。こうした作業は個人では手が回らない部分も多いので、結婚相談所や婚活サイトに登録する人がほとんどです。複数の相談所やサイトに登録している人も少なくありません。結婚に対する性急さは人それぞれで、できるだけ早く結婚したいという人もいれば、じっくり活動して楽しみながら相手を探したいという人もいます。 一方の恋活は2009年頃から使われている言葉です。婚活と対比し、「結婚を前提とせず、純粋に恋愛ができる相手を探す活動」と定義されています。活動の場は合コンや社会人サークルが中心です。また、民間の会社や各自治体が主催する「街コン」も有力な活動の場としてここ数年注目度が上がっています。恋人を探すだけでなく、気軽に遊べる異性の友人を作りたいという人も多く参加しています。また、特定の恋人や友人は作らなくても良いが、異性と交流したいという人たちもいます。さらに女性は「女を捨てたくない」「ときめきを感じていたい」という動機を持っている人もいます。 このように婚活と恋活は活動の場が大きく異なっています。さらにこの二つの活動は年齢層が大きく異なります。婚活は結婚を強く意識する30代、40代が行っています。恋活は前述のようにより多様な面があり、気軽に出会いを楽しみたい20代が中心です。 恋活はもともとは結婚を前提とした出会いではありませんが、恋活で知り合って結婚した人もたくさんいます。婚活をこれから行おうと考えている人で、結婚を急ぐ必要がなく、恋愛的な要素も楽しみたいと考えているのであれば、まずは恋活から始めてみるのも良いかもしれません。”