日曜日には異業種交流へ行ってみるのはいかが?

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!

異業種交流とは、その文字のまま、普段出会うことの少ない自分とは違った業種の人々と交流をもつということです。お互いの世界を教えあい、関係を作って刺激を与え合うのですね。サービス業の飲食関係で普段はずっと厨房にこもっている、という方が、どこかの企業の社長やコンピューター関連の規格会社の人、弁護士やデザイナーなどと出会うのは難しいでしょう。こういう会に参加することで、普段は会えない人達と出会い、話をしあうことが出来るのです。新しい出会いが欲しくて異業種交流のパーティーに参加する人もいれば、仕事を広げようと参加する営業の人もいます。男性女性関係なく参加出来る会がほとんどですが、時間帯によっては参加する業種の方はある程度限られてきます。  例えば日曜日に異業種交流会があるとすれば、一度参加してみてください。日曜日の昼間に参加出来る人というのは公務員やフリーランスのアナウンサーや自営業者などです。サービス業などはやはり日曜日が休みであるということは余りないので、異業種間交流も何度か参加しているならばいつもと違う曜日の違う時間帯に参加してみるのも楽しいでしょう。参加して、名刺を交換し、普段どのような仕事をしているのか、どういう考えのもとでそこで働き、今の満足度はどのくらいか、など、一定のマナーを守って積極的に話しかけてみてください。自分の世界というのは結構狭く、その中で固定観念に捉われていたのだな、などの気付きがあるかもしれません。