パーティーで知っておきたいマナー3つ

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!

婚活においても、異業種間でのパーティが盛んになってきました。名刺交換して人脈をつくる、ビジネスの意味だけではないのです。 異業種交流パーティの場合の是非ともパーティーで最低限でも知っておきたい3つのマナーがあります。
ポイント1:挨拶、そして自己紹介です。
挨拶があるかないかでは、今後の印象は天と地ほどの差があると言っても過言ではありません。異業種交流パーティーの場合、挨拶はまず主催者にすることが礼儀です。参加した際には、必ず主催者には挨拶をしておきましょう。同じ参加者同士でも挨拶から自己紹介に入れば、会話は自然とスムーズに流れます。
ポイント2:最初から相手に踏み込み過ぎないことです。
このような場では大抵の人とは初対面です。いきなり「どれくらい稼げるの」と尋ねられれば確実に気分は悪くなります。異業種で、自分には分からない分野で働いている方もいらっしゃいますが、最初はどのような仕事なのか、とぼかしたくらいの質問が妥当でしょう。相手もぼかして答えれば、あまり答えたくない質問だったなとすぐに察して別の話題に切り替えます。間違っても、しつこく質問するのは止めましょう。
ポイント3:お酒や食事のマナーも大切に
会費制のパーティーだからと言って、そこに出た料理やお酒を値段分は取ろうとするのは大間違いです。 他の参加者とほとんど会話もなく、ただ食べて飲んでいるだけでは参加した意味がありません。特にビュッフェ式の場合はお皿に盛り過ぎず、適度に会話をと食事を挟む程度が良いでしょう。泥酔なんてもっての外です。会話も食べながらではなく、フォークを置いてドリンクを片手に会話しましょう。