異業種交流会で押さえておきたい基礎知識3つ

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!
異業種交流では、自分とは違った職業の人と交流していくことで、次の仕事に繋げたり、または人脈を広げていく大きなチャンスの場所でもあります。 自分を磨いていくために必要な交流の場所でもありますが、ただ何となく顔を出すわけではその本当の効果はありません。 異業種交流で、効果を出すためにも次のような三つの基礎的な知識が必用になってきます。 まず、一つ目に異業種交流会では様々な職業の方が訪れてくるので、その方と話をすることで仮の体験にもなりますし、自分の知らない視野を広げるきっかけにもなります。 また、友達になることで、ビジネスでも私生活でも助けられることがあります。 分野の違う方を仲良くなることで、新しいチャンスにも繋がります。 二つ目には、人と出会うことでビジネススキルも上げることが出来ます。 様々な職種が集まってくるので、親しくなって知らないスキルを上げたり、または新しいビジネスを掴むことも可能です。 更に、信頼関係を築くことで、心強いパートナーを見つけることも出来ます。 起業家の方も多いので会話などをしていくことで、自分が起業するときの勉強にも繋がります。 三つ目は、名刺交換を多くの方とすることです。 この場合も、ただ手渡すだけでなく、目的よって渡し方も変わってきます。 覚えてもらうためにも、伝え方や出向く場所、伝える人や時間、渡すときに伝えるものを変えたりして、出来る限り印象深く残るように接します。 また、一度だけでなく同じ交流会に何度も参加することで、相手も顔を覚えてくれるようになります。 手渡す人も、自分の目的にあった人に絞り込んで、何度も挨拶していくようにしましょう。