東京で社会人飲み会をするときに準備しておきたい5つの物

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!
“飲み会は、出席した方々と新しい人間関係を築くことができる、大切な交流の場です。多様な業種から様々な方々が参加する東京の社会人飲み会で、楽しく有意義な時間を過ごせるように準備しておきたい、5つの物をご紹介します。 1つ目は、「基本的なマナーとルール」です。東京は企業の数や種類が多く、飲み会には時に自分が所属する企業とは異なる業種の方々が大勢参加します。そこで、あらゆる飲み会に共通する「参加者皆が楽しむ為の順番やルールを守る」という基本をしっかり守ることで、参加者1人1人が快適な盛り上がりの大きい飲み会になります。飲み会で楽しく過ごしたいと思われるなら、まず、飲み会で守るべき基本的なマナーやルールをもう1度調べ直し、いつの間にか無視してしまっていた点を身に付け直しましょう。 2つ目は、「恥ずかしがらず色々な方に声をかける勇気」です。声をかける時は、1つ目に挙げた基本的なマナーを身に付けておけば、興味を持った方に自信を持って話しかけられます。社会人の飲み会である以上、多かれ少なかれお酒を飲み、その分開放的で打ち解けやすい場です。飲み会で一番の楽しみは「お話」ですから、声をかけるのに遠慮はいりません。 とはいえ、多くの人で盛り上がっている輪に入るのは勇気がいります。どうしても話の輪に入れない時は、1人で飲んでいる方に話しかけると「実は、自分と同じように中々人に話しかけられなくて困っていた」という事があるものです。2人になれば心強く、他の話の輪にも自然に入りやすくなります。 3つ目は、「他者への気配り」です。飲み会の席では喧嘩や口論がつきもの。特に女性の場合は「セクハラ」という危険があり、場の空気を読んで我慢している事が少なくありません。マナーを逸脱した行動を見かけたら、他の方と協力して被害者を助けてあげる方が、結果的に皆が楽しめます。「他の人を楽しませる」と同じくらい「お互いが不愉快にならない」気配りも大切です。 4つ目は、「自分が飲める量を守る」ことです。お酒を飲んで潰れてしまうと、介抱する他の方に迷惑がかかります。友達同士であれば大目に見てもらえますが、飲み会で初対面の方までに迷惑をかけてしまうと、自分だけでなく自分が所属する企業や部署の悪評に繋がりかねません。飲み会とはいえ、自分が企業や部署の顔の1つであることはお忘れなく。社会人として無理な飲酒、無茶な酒量は控えましょう。 5つ目は、「自分が楽しめるように準備する」ことです。落ち込んだ人を見かけると自分も気落ちするように、1人の人間の気持ちは他の多くの人達に伝わります。他人を楽しませようとばかり考えず、まずは自分が楽しみましょう。自分が何を話していると楽しいか、何を聞いていると楽しいかを、日頃から把握しておけば、飲み会という沢山の人が集まる場では必ず話の合う人、話を聞いていて面白い人がいます。 社会人として東京で飲み会に参加するのに、特別に難しいことは何もありません。社会人らしくマナーとルールをスマートに守り、リラックスして楽しく過ごしましょう。”