異業種交流で守るべき3つのマナー

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!
“異業種交流会という言葉を耳にします。 社会には数多くの職業がありますが、殆どのビジネスマンは分業されたライバルとの付き合いになりますと、視野も狭くなり、高い技術やアイデアも枯渇してしまいます。 そこで必要になりますのは、異業種交流会です。 異業種ですと、お互いにライバル関係では無い為、情報交換が可能ですが、守るべきルールがあります。 異業種交流会で守るべきルールの第一は、自分だけのメリットを考えるのではないということです。 異業種交流会に参加される方の目的は様々な目的があるかと思いますが、1)知識や見聞を広げる為、2)引き出しを増やす、3)人脈を増やすことで、ビジネスに結び付ける等、しかし自分だけのメリットだけを考えるのではなく、相手のメリットを考えて上げることも必要です。 信頼関係が深まってきますと、相手もあなたの為に行動してくれます。 守るべきルールの2番めは、異業種交流会に参加した目的は会話を楽しむことにあります。 異業種交流会では、普段会う事の無い他社の上役とお会いするチャンスです。 初対面や年上の方とお会いするチャンスですので、上下関係をわきまえておく必要があります。 又、会話を楽しむのですから、食べることに神経を集中してしまうと、相手からの会話をシャットアウトしてしまいます。 守るべきルールの3番目は、人の悪口は言わないことです。 異業種交流会は、良好な人間関係を築く場所です。 悪口はあまり気持ちの良いものではありませんし、無関係と思っていた話し相手と関係がある可能性もあります。 相手の気持ちを尊重して、楽しい場にすることは忘れてはならないことです。”