婚活で付き合うことになった時の注意点

“婚活で出会いがあり、付き合うことになった場合、色々と注意しなければならない事があります。 まず、婚活だからこそですが、長くなりすぎるつきあいにはならないようにしましょう。結婚相手を求めることが婚活ですが、年齢は重ねていきますし、年齢が上がれば上がるほど、結婚は難しくなっていきます。そのため、何年も付き合うような事はNGです。結婚するつもりであれば、早めにプロポーズして結婚するようにします。少なくとも半年程度で一区切りつけるようにしましょう。半年つきあっても結婚することを悩むのであれば、別れてしまった方がよいです。相手のチャンスも奪うことにもつながりますので、しっかりとけじめをつけるようにしましょう。 次に、付き合うことを、結婚につなげるためには、男性も女性も、家庭的であることをアピールするようにします。料理が出来るのであれば、料理が出来ることをアピールするようにしましょう。出来ないのであれば、料理教室に通うようにして努力している姿を見せることが大切です。結婚することを望んでいるのだということを、相手に伝えることにもなります。子供が好きである場合は、好きだということをアピールすることも良いです。ペットを飼っている場合は、ペットを飼っていることを伝えるようにしましょう。ペットを飼うということは世話をすることです。それが出来る人であれば、育児も積極的にするだろうと相手は考えるためです。 また、付き合う中で金銭の問題が出てきます。食事やお茶の支払いについてですが、その場合は、割り勘にしておくようにしましょう。男性が自分が払うと言った場合はよいですが、初めから奢ってくれるのが当然という態度はNGです。割り勘にしておいた方が金銭感覚がきちんとしているのだと、相手は受け取ります。但し、男性の方から割り勘を申し出るのはNGです。ケチだと思われてしまうので、注意するようにしましょう。 このように婚活で付き合うことになった時には、色々と注意しなければならないことがあります。”

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!