婚活も妊活も35歳がターニングポイント

“近頃では、結婚したい男女がいろんな方法で出会うことを婚活というそうです。 この婚活ですが、やはり年齢は高い人が多いようで、ずっと仕事をしてきて、異性と出会うきっかけがなかった、周りがみんな結婚していくので、自分も家庭を築きたいなどと言う理由から、婚活をする男女がほとんどを占めています。 しかし、中には、別に結婚はしなくても、子供だけ欲しいという女性もいるようです。 現代では、結婚するための手段として婚活がよく取り上げられていますが、男女が結婚した後には、妊娠するために行う妊活がクローズアップされています。 有名な芸能人が妊娠するためにしばらく休業に入るとのことで、メディアでよく聞かれるようになりましたが、現代は少子化が大きな問題となっており、この少子化を止めるためにも、妊活が必要だとも言われているようです。 妊活とはどのようなことをするかというと、妊娠するために良いとされていることを一般的に全て妊活と呼んでいるようです。 特に、卵子と精子を取り出し、シャーレーで受精させ、受精卵として成長させた後、妊娠しやすいように子宮に戻す体外受精などは、妊活としても有名ですし、最近では、有名人も多く行っている妊活です。 一般的には不妊治療とも呼ばれ、軽いものでは生理周期をきちんとさせるホルモン剤を飲むことや、夫婦生活のタイミングをとるように指示したりすることから、高度なものになれば、先ほどの体外受精や、精子を直接、卵子に注入する顕微鏡受精などもあります。 子宮は年齢と共に衰えていき、卵子も生まれた時にあるものが、やはり子宮と同じく衰えていきます。 そのため、妊娠のターニングポイントは35歳ぐらいだとも言われ、これ以上の年齢だといわゆる高齢不妊となるようです。 また、妊娠もしにくくなり、40後半になると、妊娠しても流産する確立が高いとも言われています。 そのため、すぐに子供が欲しい場合には、出来るだけ早く、結婚相手を探すことも大事です。 フィーリングが合えば、女性からでもドンドン押していきましょう。”

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!