男性と女性で差がある30代の婚活

“結婚を目標にパートナーを探す婚活は、パーティー式、イベント式、地域に密着した街コン、結婚前提のインターネット出会い系サイトなど様々な種類があります。男女共に幅広い年齢層の人が参加、登録していて、探している相手の条件も人によって様々です。 婚活の仕方や目的は世代ごとにかなり異なります。20代はまだ余裕を持ってそれほど真剣にならず、50代や60代になると離婚や死別を経験した後の数回目の結婚相手や第3の人生のパートナー探しの人が目立ちます。しかし、一番大変なのは30代、40代の婚活です。特に30代は子供を持ちたい女性にはギリギリのラインで、男性も仕事が軌道に乗ってきて出世の見込みもあり、家庭を築くには最適の時期なのでチャンスを逃さずにパートナーに出会いたいと考える人が大勢います。周りからのプレッシャーも強く、友人知人がどんどん結婚していくのに自分だけ取り残された気持ちになったり、兄弟の中で自分だけがシングルで、親から孫の話をされて肩身の狭い思いをした経験がある人も多いでしょう。 30代の男性の多くは自分より年下の20代女性を結婚相手に希望します。男性は会社にも馴染んだ頃で、収入や貯金もそこそこにあれば目当ての相手に出会える確率はそれほど低くありません。逆に30代の女性は20代の頃のような若さが衰えていくのを感じ、子供が欲しい人は焦りを感じる年齢で、何が何でも結婚しなければ、と無理をしてしまう傾向があります。しかし、会社でキャリアを積み、仕事も面白くなってくる時期なので家庭に引きこもって主婦になることへの不安や、今の独身生活レベルを下げたくないという気持ち、相手の男性は自分より高収入・高学歴でなくてはならないなどの希望も多いので、相手はそう簡単に見つかりません。そのため、30代の婚活市場は女性が圧倒的に多くなる傾向があります。 周りの意見や理想に流されすぎるといつまで経っても相手は見つかりません。男性も女性も、あまり希望条件を高く設定し過ぎずに自分に見合った最適なパートナーを探すようにしましょう。”

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!