40歳の婚活について

“40歳を超えてからの婚活というのは、とかく条件が優先されやすくなります。
この年代は、初婚の人も再婚の人もいますので、条件として初婚ということを挙げると出会いがかなり限られてしまいます。
また、男性にとってはネックとなる子供が難しい年齢ともいえますので、条件の折り合いがなかなかうまくいかないというケースも珍しくありません。
女性の場合、年齢が若いほど出産しやすい傾向にはありますが、この年代になると自然妊娠はかなり難しくなります。
また、体力が落ちてきますので、出産後に育児をするというのも現実的には厳しいといわざるを得ません。両親もある程度高齢になっていますので、協力が不十分になりやすく、子供を希望しての婚活となると意見のすり合わせが難しくなります。
ただ、将来的に老後を仲良く二人で過ごしたいというようなスタンスで相手探しをする場合には、比較的すんなりカップル成立することもあります。
この年代になると、仕事をしている人はある程度職場での地位も安定しており、収入も高めになっていますので、二人で生活するには十分な収入を得ることができます。
女性の場合にも職場での地位を確保していることが多く、共働きで老後の資金をためるといった夫婦もよくいます。
この年代は、仕事が面白くなって毎日にメリハリがついている、円熟した時期ではありますが、一人で過ごすことや将来への不安を考えて一緒にいる相手がほしくなる時期でもあります。
これまで充実した人生を送ってきた人は良縁に恵まれやすいですが、何も考えずに遊んでいて、この年代になって婚活をしても、年が近いとはいえ、これまでの環境の違う人とは会話がうまくかみ合わない可能性があります。
ある意味、これまでの自分の人生をどう過ごしてきたかによって出会いの頻度や質も決まってくる時期ですので、相談書を選ぶときにはよく吟味して、よいアドバイザーと出会ったらきちんと相談するようにしましょう。”

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!