婚活するなら年収は500万はあれば良い

“近頃では、婚活がブームとなっています。 婚活とは、結婚したい男女がいろんな方法で出会うことで、例を挙げるならば、お見合いパーティに行くのもそうですし、出会い系サイトなどを利用して会うのも婚活の一つです。 このような方法を利用する男女は増えており、その理由の一つに、なかなか異性と出会うきっかけがないなどというものがあります。 男性ならば、工場や土方ですと、職場に女性がいなかったり、女性ならば、看護師や美容師などの資格職の場合には、女性が多いので、出会うことが出来なかったりするのです。 こういったことから、出会って付き合いが始まり、結婚までたどり着く男女も多いようです。 しかし、現代の女性は、男性を見る目が肥えており、また、独立して仕事をしている女性もいて、自分よりも収入が少ない男性はお断りというケースもあります。 しかも、男性のほとんどは、女性には一緒に働いて欲しいと希望していることもあるようで、専業主婦を希望する男性は少ないようです。 この訳は、男性の家庭のほとんどの母親が、パートやフルタイムなどの何らかの形で働いており、それを見て育ったからということもあります。 しかし、やはり大きな理由としては、夫婦で共働きしたほうが、収入もアップしますし、生活にも余裕が生まれ、子供が出来ても安心という気持ちからでもあるようです。 また、男性の収入が少なく、40歳を過ぎても500万を切る場合もあり、このようなことからも女性には働いて欲しいと希望する人がいるようです。 けれど、そういった形で結婚を望む人の多くは、女性には働いて欲しいが、家事や育児も完璧にこなして欲しい、いつまでも若くて綺麗でいて欲しいなどとスーパーウーマンを望むことが多いのです。 世の中には沢山女性がいますが、なかなかこのような人はいませんし、また、いたとしても、自分だけが辛い思いをして、結婚生活をするメリットがないために、独身でいいやと思うことがほとんどのようです。 このように共働きを希望する場合には、男性も家事や育児をするのは当たり前だと考えておいたほうが良いでしょう。”

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!