年収は600万はあったほうが婚活しやすい

“近頃では、出会いのない男女が出会いを求めて、お見合いしたり、コンパをしたりすることを婚活と呼んでいます。 この婚活ですが、やはり30代の結婚したい男女が多く、付き合いはイコールして結婚だと考える人も中にはいるようです。 しかし、結婚にはお金が絡んできます。 恋人同士の頃ですと、あまり金銭的なことではもめたりしませんが、結婚生活が始まると、何かとお金の話が出てきたりするのです。 特に、結婚しても女性に働いて欲しいと希望する男性と、結婚すれば専業主婦になりたいと希望する女性では、考え方も違いますし、お互いの意見も合わないことが多いでしょう。 男性のほうは、やはり収入面が心配で、一人の稼ぎで家族を養っていけるのかと考えてしまうのかも知れません。 おおよその目安として、家族四人で収入が600万ほどあれば、充分に暮らしていけるとも言われています。 しかし、それを下回った場合や、家族が一気に増えてしまった場合には、いろんな問題が起こってくるのです。 子供の習い事の月謝が払えない、夫の小遣いを減らしたい、旅行すらいけないなどという問題が起こることもあり、専業主婦でも働かないといけなくなります。 それに、独身の頃とは違い、服や化粧品などにあまりお金をかけることも難しくなります。 そういったことから、結婚後も妻には働いて欲しいと思うこともあるようです。 しかし、どうしても専業主婦でいたい、働くのは嫌だと考える女性も中にはいるようで、そういった場合には、結婚はかなり難しくなります。 収入も充分にあり、社会的なステータスもある男性は、出会いも沢山あり、早い人ならば20代で結婚していることがほとんどです。 そのため、好条件の男性を探しているうちに、もっと歳をとってしまうという女性も増えてきているのです。 専業主婦希望でも、何かあれば自分も働く、もしくはパートなどを続けるということであれば、結婚の門扉も拡がり、良い相手にめぐり会うことが出来るかも知れません。”

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!