婚活での600万以上の基準

“婚活をするときに、高望みをしないという人でも年収の条件として600万以上を希望するという人は少なくりません。この金額は、専業主婦になってもぎりぎり生活できるラインで、子供を育てながら住宅を持つことも考えられる金額と考えられています。そのため、結婚した後は専業主婦を希望しているという人も、共働きで余裕のある生活をしたいという人も、この金額を条件として希望しているケースが多いです。 一方で、近年では不況が長続きしていることから、実際にこの年収をクリアしている人というのはかなり少数派になってます。その中で婚活をしている異性となるとさらに条件が限られてきますので、最初からこの金額を提示しても出会い自体が限られることがほとんどです。また、年齢によってはこの金額に将来的に到達する可能性があっても、入社して日が浅いので給料が少ないという人もいますし、転職したばかりで収入が少ないという人もいますので、最初のうちは年収にこだわらず、安定した仕事をしている人であれば交流してみるように心がけるというのもよい出会いを探すうえで重要です。 実際、最初は条件を重視して相手探しをしていたものの、実際に話をしてみると人柄や性格が気に入って、結婚した後で実績が認められて高収入になっていったというケースは少なくありません。結婚する相手は条件ではなく人ですので、ある程度は柔軟性を持って相手探しをするということも考慮してみましょう。相談書などを利用している場合には、コンサルタントが具体的にアドバイスをしてくれますし、条件を低めに設定しておいて、直接連絡を取った後で絞り込んでいくということも可能です。現実的には理想が高い条件であることもよく考えて、年収や年齢などの設定をするようにしましょう。ここまで頑張ったので好条件の人と結婚したいという気持ちになるのは当然ですが、まずは出会いを増やすことで自分自身の対人スキルも向上します。”

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!