婚活と諦めの狭間で

近年、結婚年齢の晩婚化が叫ばれています。ある程度の年齢に達すると、結婚は自分だけの問題ではなくなり、周囲からの圧迫も加味されていきてしまいます。家族や親戚、職場などからの結婚への圧迫は強いものになり、友達もどんどん結婚し始めて出産していきます。自分は結婚していないのに、友達には家族がいて、それぞれの家族を見ると焦りが出てきてしまいます。雑誌や本、テレビなどで、婚活などの記事が目に付くようになり、自分はどうしてよいものかと迷います。学生時代などでは無条件に意中の人と会うことができる機会があったり、たくさんの人とかかわる中で恋が生まれやすいですが、社会人になると出会いの機会も減少してきます。昔であれば、仲人のような人が近所や親戚におり、結婚のお世話などをしてくれましたが、最近ではそんな人も減ってきています。その代わり、友人の紹介や婚活イベント、結婚紹介所に登録するなどといった人が増えています。さらに、街コンなどの婚活イベントも開催され、地域の町おこしに一役買っていたりしています。テレビ番組でも、お見合い系の番組や、街婚系の番組が人気になっています。そんな中、婚活を行って幸せになりたいと願う一方で、自分は結婚できないのではないかという不安と、諦めなければならないのではないかという思いが生まれてきます。一人でいることへの慣れと楽さに気づいてしまったり、出会いのなさにガッカリしてしまうことがあります。出会いは人それぞれです。出会いは突然やってくる場合もあります。その機会をいかに敏感に察知していくかが大切でもあります。いつゴールになるかわからないという場合はとてもストレスを感じやすくなってしまいます。長い道のりと割り切り、ゆっくりと投げやりになって結婚を諦めないように、諦める判断を行うとしても、じっくり考えて生活を送れば結婚に関してのストレスも減ります、そうすることで、明るい雰囲気になり、運命が良く回ります。

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!