警察官の婚活について

警察官の婚活は、職業柄、色々と大変だと思います。配属先によりますが、警察官という仕事柄、勤務時間も休みも不規則だったり、世間的にも、どうしても家庭より仕事の比重が重いといった印象が強く、実際問題そういったこともある程度あるので、そういった仕事を理解してくれるお相手じゃないと、長続きしません。そういった仕事をしてくれている人々のおかげで、日本は安全で安心な国と、日本国内はもとより、外国の人から思ってもらえる治安の良い国なんですけどね。でも、自分の結婚相手となると話が違うと思うのも、正直なところです。また結婚相手となると、そのお相手や家族の方々などの中に、前科のある人はいないかなど調査されます。そういった事に、不快感を感じる方もなかにはおられます。そういった事を考えますと、警察官の婚活は、最初から警察官だと納得して、理解してくれる人が良いように思います。もちろん、一般的なごく普通の恋愛で結婚まで至る人もいますが、そういった人は、学生時代からお付き合いしていたりという場合が多く、警察官の仕事を始めてから、新しい出会いを求めるのは、なかなか難しいようです。なので、結果的に、上司からのすすめでお見合いしたり、知り合いからの紹介などといった、あらかじめ警察官だとわかって納得してもらった形の婚活が多いというのも納得です。普通の婚活パーティーなどでは、なかなか自分の職業について言えない場合も、あるようです。なので、最初から、自分の職業について納得して理解してくれ相手なら、お付き合いの話しもすすめやすいですね。警察官の婚活は、まず仕事を理解してくれる相手が条件にあげられるようです。あとは、家庭を任せられるしっかりしたポジティブで、前向きな人がいいですね。だからでしょうか、いがいと年上の奥さまが多いとも聞きます。もちろん、相手に求めるばかりではなく、お互いに、相手の事を理解するのは大切な事にですので、どちらかが我慢したり無理する事のない相手を選びましょう。

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!