婚活の年齢差について

“婚活をしていると、年齢差がある相手に出会うことがあります。どれぐらいの年齢差であれば、大丈夫なのか疑問に思うこともあるでしょう。これは、基本的に、個人差があります。年齢差がある方が落ち着くという人もいますし、あまり差がない方がよいと考える人もいるため、様々です。但し、婚活している時は、出来るだけ年齢の範囲を広くとっておくようにしましょう。範囲を狭くしてしまうと、それだけ対象になる相手も限られてきてしまいます。つきあってみなければ、実際、わからないことがあるため、10才程度は差があってもよいとしておく方がよいです。 但し、結婚した時に年齢差がある場合、メリットとデメリットがあります。まず、年齢差がある年上の男性と結婚する場合、収入が良いということがメリットになります。年を重ねているため、年収が高くなる可能性があるのです。また、経験があるため、色々な知識が豊富で頼りにすることが出来ます。逆に、年下の男性と結婚する場合は年収については少ないかもしれませんが、いつまでも若々しいため、女性も若々しく保とうと努力します。そのため、老けにくくなるのです。 デメリットは、世代が違っていたりするため、話があわないことがあります。育ってきた時代が違うので、流行していたことなどについて話す時、ギャップを感じてしまうことがあるでしょう。 このように、年齢差がある場合はメリット、デメリットがありますが、頼りになる人と結婚したい、包容力がある人と結婚したいと思っている場合は、年上の人と付き合うようにした方がよいでしょう。逆に、頼りにされたい、母性愛を発揮したいと思っている場合は、自分より年下の人と付き合うようにした方がよいです。それぞれ個人によって好みがありますので、自分がどのようなことを相手に望んでいるのかよく考えるようにしましょう。求めるものによって年齢差がある相手であっても、年上か年下か異なってきます。”

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!