20代など若者に出会いの場を提供する街コン

最近の日本人は晩婚化といわれ、30歳になっても恋人もいなくて独身生活を楽しんでいるという人もたくさんいます。結婚願望がない人は特に気にはならないことですが、周囲の友達は結婚しているのに自分だけ結婚したくても相手がいないということになると焦りかねませんが、周囲の人も同じような立場の人が多いと一緒に日々を楽しむことができるので、焦るという気持ちも少ないかもしれません。それでも男女ともできれば結婚をしたい、恋人が欲しいと思っている人は多いのです。しかしなかなか出会いがな胃のが現状という場合が多いのです。そんな中、気軽にお見合いをしたり、パーティなどをして出会いの場を提供するというサービスをする企業も増えてきて、どこでいつそのようなイベントをしているかをインターネットで検索して気軽に申し込めることもあり、多くの人が利用しています。国全体としても少子化が進むことを懸念し、20代や30代の多くの若者に結婚をしてもらい子供を産んでもらいたいという目的もあり結婚のお手伝いをする市町村が増えてきました。2004年に栃木県宇都宮市が始めたことがきっかけになり「街コン」というイベントがいろいろな市町村でも行われるようになりました。「街コン」とは地域ぐるみで「合コン」を行うことです。数百名、数千人の人たちが参加し、地域の飲食店などで気軽に話をして友達に、できれば交際に至ることができるようにお膳立てをしています。大きなショッピングモールを丸ごと貸し切って行ったり、街中で複数の飲食店を移動して気に入った人に出会えるまでいろいろな人と話すことができます。それは地域の活性化にもつながるのです。民間企業が行っているパーティなどは仕事帰りの夜に行われることが多いのですが、街コンの場合は昼間に行われます。原則として二人で申し込み、基本的にインターネットで申し込みます。費用は男性が5、6千円で女性は3、4千円と女性の方が安く設定されています。当日は参加者と分かるようなマークをつけ手参加します。そして飲酒をすることもあるので20歳以上の人が対象になります。

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!