京都で恋活パーティーを行う際の注意点について

パーティーをお探しの方は下記スケジュールまで!!

京都は京都市だけを見るとお年寄りの割合が多いように感じられますが、それ以外を見ると若者が住んでいる割合が多く、若者同士はもっと出会いの場所がほしいと思っています。しかし京都には全体的に寺や神社というものが多く、またイベントもお年寄り向けのものが多いために、若者が出合いたいという希望は宙ぶらりんになってしまっているというのが現状です。そのため京都における恋活パーティーを行うことは非常に地元の若者たちから求められていることでもあるのです。  しかし恋活パーティーはただ参加すればいいというわけではなく、しっかりと恋活パーティーの特徴について知っておいて、自分がその場所においてパートナーを見つけることに意欲的に動くことができるかどうかについてイメージしておく必要があります。こういった事前準備をしておかないと、いざパーティーに参加しても無駄に時間を過ごしてしまうでしょう。  ここでは恋活パーティーの特徴を説明して、いざパーティーに参加する際の参考にしてほしいと思います。  まず恋活パーティーの出会いの形式は、非常に合理的に出会いを行うことができるように非常にスピーディな方法を採用しています。こちらでは長いテーブルに異性が向かい合うように座り、そのまま2・3分しゃべったかと思うとすぐに次の人と話すように列を一列ずれてまた別の人と2・3分話します。その場では普通の男女の話し合いではなく、自分と相手の自己紹介をしてそれだけで終わりとなることが普通です。そのような形式をとっているために非常に多くの方々と話をして自分が気に入った相手をすぐに見つけることができます。しかし逆にこのような出会いの方式は合理的過ぎて、話しているだけで疲れてしまいます。そのため最後のほうの人になると、疲れていて相手をしっかりとみることができなかったというような問題が生じてしまいます。  また恋活パーティーにおいてはたくさんの方が結婚相手や恋愛の相手を探すために来るため、そのアプローチの方法を制限しないと、押しが強い人ばかりがアプローチを行ってしまい、ほかの人たちは話したい人と話すことができなくなりますので、そういった方の行為を制限する必要があります。そのためこういったパーティーではアプローチの方法がカードの受け渡しのみという形に制限されます。通常は第一印象とアプローチと告白という段階でカードを相手に渡して自分の気持ちを相手に伝えることになります。こうすることによって誰でも自分が付き合いたい人に向けて気持ちを伝えることができるのです。しかしこういった方法を採用することは自由な恋愛を行うことを否定し、個人の特徴というものを一切捨象してしまう方法ですので、お互いの趣味や嗜好があっている人を見つけるという恋愛の基本要素から外れてしまいますので、自由に恋愛を行いたいという方にとっては、恋活パーティーはやりにくいことになってしまいます。