婚活研究所が贈るここだけの街コン事情
本音が見つかる大人向け街コン&婚活コラム

婚活デート4回目の意味は?今後気をつけることってなに?


婚活デート4回目、まずはおめでとうございます。初回デート、2回目デートで圧倒的にデート終了となる可能性が高い婚活において、4回目のデートまでたどりつくのはとても難しいことです。

4回目を迎えられたということは、少なくとも相手にとって脈アリということと考えてOK。

もちろん、人と人との関係で、しかも結婚を視野に入れてますから、4回目のデートまできたからといって安心はできませんが、少なくとも初回デートの時よりもかなり結婚をみすえたお付き合いに近づいていますよ!

ここでは、婚活デート4回目の意味、デートプラン、気をつけるべきポイントについてご紹介します。

婚活デート4回目は一区切りを意識して

婚活デート3回目では、告白に至ったカップルも多いでしょう。

そのため、婚活デート4回目の場合、①告白OKでめでたく恋人同士になった②告白の返事待ち③まだ告白していないの三つのパターンとなるでしょう。

告白OKでめでたく恋人同士になった


もう楽しくてしかたのない時期に突入ですね!結婚に向けて、より深くおたがいのことが分かるように、愛情をはぐくんでいきましょう。

告白の返事待ち


告白したら、4回目のデートを迎える前もしくは4回目のデート中にお返事をもらうこととなりますね。

もし、4回目のデート中にお返事がもらえない場合、その話題に最後まで触れずにお別れするのはNG。必ずしも答えをもらう必要はありませんが、お返事を待っていますという姿勢は見せましょう。

まだ告白していない


4回目のデートまで実現したのだから、少なくともあなたに対して好意的でないという可能性は少ないです。

脈アリと判断していいですから、いつでも告白できる心の準備を整えましょう。できれば、4回目のデートで告白するのが望ましいです。

なぜなら、4回目のデートを終えてもなにも進展なしの場合、相手が「気に入ってもらえてないのかな」などのネガティブな思考に変わっていき、ついには脈ナシになってしまう可能性もあるから。

婚活は、いつまでもダラダラと友人関係を続ける時間の余裕がない人も多いです。結婚に前向きな人が多いため、時間の無駄はとても嫌われます。

婚活デート4回目のデートプランは?


短時間のお茶や食事から始まり、デートを重ねるごとに相手のことが少しずつわかり、だんだんとデートの時間も増えてきましたね。

婚活デート4回目は、これまでよりももっとデートプランの幅が広がります。相手の希望をききながら、ドライブで遠出したりと、二人キリの空間が長くなっても問題ない場合がほとんどです。

告白OKで恋人同士の場合、これまで夜のデートをしていなかった場合は夜景が楽しめる場所で食事、イルミネーションを見に行くなどを計画しても。

できれば、歩く場面で手をつなげたら最高です。夜デートの場合は、ロマンチックな雰囲気になりやすいのも魅力。

相手がとても好意的で、手つなぎも心から喜んでいるようなら、キスも可能です。しかし、まだ4回目のデートですから、キスはごく軽いものにとどめておきましょう。

告白待ちの状況、あるいは4回目のデートで告白する場合は、ふつうどおりにデートを楽しんで、最後はゆっくり会話できる落ち着いた場所に行きましょう。

告白についての話題は、真剣に、そしてまじめに話す必要があります。相手も話しやすく、返事しやすいように周囲に会話が聞こえない場所を選ぶことが大切です。

婚活デート4回目の話題は?


これまでは、相手に好印象を残すことに意識が傾いていたのでは?婚活デート4回目ともなると、もう少しおがたいの深い部分についても知りたくなりますね。

もちろん、これまでのデートでも同じことですが、ウソはよくありません。しかし、ディープすぎる話題は避けるのが無難でした。結婚に向けたお付き合いを望むなら、いつかは話題になるいろんなことを、少しずつ知っていくつもりで話してみましょう。

告白OKで正式なお付き合いが始まった場合

結婚したらどんな生活を大切にしたい、将来はこんなことに挑戦したい、夫婦で実現したい夢などを話してみては。

まだ、結婚そのものの時期や生活拠点、どちらの姓をつぐかなどの具体的すぎる話は控えた方が無難。プロポーズが受け入れられたわけではないので、焦らないようにしましょう。

結婚生活を送る上では重要な金銭感覚についても、おたがい知っておく必要があります。女性の場合は家計を守るうえで男性の金銭感覚が気になりますし、男性は家計を任せられるかどうかが気になりますね。

これまでの人生で一番大きな買い物をした時のことや、節約についての話題から相手の金銭感覚を知ることができます。

NGなのは、収入額と支出額についてガッツリ聞くことです。「この人もしかして金銭目的で結婚するの?」と誤解されないように注意しましょう。

告白返事待ちの時の話題

デート中、ずっと告白の返事を意識するような態度や言動は、相手にとってはとてもプレッシャーです。

ふだんと変わらない方法でデートを楽しみ、できれば会話重視のデートプランよりもアクティビティに過ごせるデートにすると、自然体で楽しめます。

しかし、最後まで告白の返事について全く触れないのはNG。どこか静かな場所などで、告白の返事について聞いてみましょう。

相手が返事をはっきりさせない場合、いろんな可能性が考えられます。たとえば、慎重に考えている、現状に満足している、あなたに確認したいことがあるが聞き出せていないなどです。

まだ告白の返事がもらえないようなら、なぜ悩んでいるのか聞いてみるのも打開策のひとつ。慎重派の場合は、本気で婚活しているあまり、あれこれ先のことまで考えすぎて答えが出せないのかもしれません。

現状に満足している場合は、これからの進展が望めない可能性があり危険信号。婚活を真剣に行っていない可能性があるため、ズルズルと進展せずに時だけが過ぎていく、ということになりかねません。

あなたに確認したいことが聞き出せていないため、告白の返事ができないという人は案外います。踏み込んだ質問をすることに躊躇している場合は、しっかり聞いて答えてあげると、相手が答えを出しやすくなりますね。

まだ告白していない場合

いつ、どのタイミングでも告白できるように準備しておくことが大切です。もちろん、相手が話しやすい場所を選んで告白する必要はありますが、どんなタイミングでも準備バッチリ!という心構えが大切です。

婚活デート4回目で気をつけたいポイント


いくら脈アリといえど、結婚間近のカップルが別れることがあるように、婚活デート4回目以降が順風満帆にいくとは限りませんよね。

人として当たり前の行動はもちろん、4回目デートにありがちなNGポイントをまとめてご紹介します。

独占欲まるだしに注意

婚活デート4回目ともなると、おたがいに好意を寄せている、あるいは脈アリだなという心の余裕から、ついつい恋人気分で接してしまう人もいるでしょう。

もちろん、告白が成功したのなら、恋人に違いはありませんが、「俺の女」「私の男」と独占欲を丸出しにするのは、まだ早いですね。

やきもちも、度が過ぎるとひかれます。相手を束縛するような言動にはくれぐれも注意を。

ラブラブな雰囲気を出し過ぎても、相手にとっては束縛感を感じてしまいます。

親しき仲にも礼儀あり

急に馴れ馴れしい口調にシフトチェンジすると、「この人の二面性が怖い!」と思われてしまうかもしれません。

徐々に、打ち解けていくのが理想ですから、丁寧な言葉のやりとりを続けても問題ありません。おたがいに好意を寄せていても、威圧的な態度や自己中心的な言動には注意しましょう。

また、相手の価値観を知っていくにつて、理解できない場面にも遭遇することになりますね。これは、どんな人だって100%同じ考え方の人がいないのですから、全部を受け入れてもらうことは難しいです。

意見がぶつかった時には、謙虚な気持ちで接したり、相手のいうことを理解しようとする姿勢はいつまでたっても大切です。

肉体関係はまだ先!

爽やかなキスまでは、4回目のデートでもアリですが、もちろん相手にもよります。

そして、どんなにキスが積極的であったとしても、肉体関係をもつのはまだ先。間違っても強引に夜遅くまでひきとめたり、自宅に強引に招くことはやめましょう。

相手のことを好きである故の行動であったとしても、「私はそんなに軽い人間じゃない!」と不快感を持たれる場合がありますし、「もしかして身体目当て!?」と思われてしまうかも…。

まとめ

今回は、婚活デート4回目のポイントを、状況別に分けてご紹介しました。

4回目ともなると、もう正式なお付き合いが可能かどうかの区切りをつけたいところ。絶対に、告白なしでダラダラとデートを重ねてはいけません。

婚活は、結婚に前向きな人が集いますから、脈ナシだと思われる行動は避けるべし!ですよ!
その点を踏まえて、群馬の婚活パーティーに参加してみましょう♡

婚活カテゴリの最新記事

PAGE TOP