婚活研究所が贈るここだけの街コン事情
本音が見つかる大人向け街コン&婚活コラム

婚活中のラインでブロックされないために気をつけておきたい6つのこと


婚活で知り合った相手にラインしているのに、全然返事がこないし既読にもならない…。そんなときはブロックされているのかもしれません。
一体何が悪かったのでしょう?しかし弁解しようと思ってもブロックされていたら連絡することもできませんよね。
ひょっとしたら知らず知らずのうちに異性が嫌うラインを送っているかもしれません。ブロックされてしまう前に気を付けておきたいことをご紹介します。

【1】好感度が高いlineの交換方法は?


最近の連絡手段はメールよりラインが主流です。ラインの交換は気軽におこなわれることも多いので、婚活で出会った相手に「ライン交換しませんか?」と言う機会もあるでしょう。
しかし、女性の中には気軽にライン交換することを警戒する人もいます。無理に聞き出してもブロックされてしまうかもしれません。
そのような女性には、一言「もし嫌じゃなかったら」と相手を気遣う姿勢を見せることで好感度を上げることができます。ガツガツしていないので、女性は安心してライン交換ができるでしょう。

【2】ラインの頻度はどのくらいがいい?


lineの頻度については、相手によります。スマホが手放せず、一日に何度もラインをチェックする人もいれば、日中はほとんど見ない人も。相手がライン大好きな人なら毎日ラインするのもよいでしょう。しかし、ラインをただの連絡手段と思っている人は、大した用事もないのに頻繁に送られてくるラインにうんざりしてしまう可能性もあります。「めんどくさいのでブロックしておこう」ということになりかねません。
そのためラインの適切な頻度は、相手のペースに合わせることが大事です。メッセージを送ってすぐに返事をくれる人、頻繁に連絡をくれる人なら相手に合わせて毎日ラインすればよいでしょう。しかし、返事が遅い人や必要最低限のメッセージしか送ってこない人は、頻度を下げて様子を見てください。

【3】ラインの話題は?


婚活で出会った相手にラインするとき、どんな話題にすればよいか悩みますよね。おすすめの話題とNG話題をご紹介します。

おすすめの話題

お互いのことを知り合い、デートにつながるような話題がおすすめです。

日常のささいな出来事
「今日〇〇に行きました」など、日常の話題がおすすめです。普段用事があるときしかラインしない人だと、「自分の日常の出来事なんてわざわざ伝える必要あるかな?」と思ってしまうかもしれません。しかし、婚活で出会った人が自分と合うか見極めるためにも、お互いの日常の様子を知ることは大事です。

食べ物の話題
好きな食べ物の話や美味しいお店の話題など、食べ物に関する話題はおすすめです。結婚相手と食べ物の好みがあまりにも合わないと大変です。食べ物の好みが合う相手なら、おいしいお店の話から自然とデートに誘うことができます。

趣味の話
共通の趣味があるなら、趣味の話をするのも盛り上がります。自分の趣味の話をして、相手が関心を持ってくれたらもっと話してもいいですが、関心がなさそうならやめておきましょう。

NG話題
自分の印象が悪くなるような話題はやめておきましょう。NG話題には、次のようなものがあります。

愚痴
仕事の愚痴や友達の悪口など、婚活の相手に話してもメリットは全くありません。「大変だね」と言ってくれるかもしれませんが、自分の印象を悪くするだけです。
愚痴を言う人は、結婚したら不満ばかり言うかもしれないと思われるかもしれません。楽しくない話題はやめておきましょう。

ネガティブな話
ネガティブな話ばかりする人とは明るい家庭を築けそうにありません。これから結婚を前向きに考えたい相手には、ネガティブな話をするのは避けましょう。

政治や宗教の話
政治や宗教の話を積極的にすると、勧誘されるのではないかと相手を警戒させてしまいます。できれば避けておきましょう。

【4】めんどくさいと思われてしまうlineの特徴は?


気軽にメッセージをやりとりできるlineは便利ですが、使い方によっては「この人めんどくさい」と思われてしまいます。めんどくさいと思われるとブロックされてしまうかもしれないので、次のようなことに注意しましょう。

1.意味のないメッセージ

全く意味のないメッセージを送ってこられると、返事に困ってしまいます。そのようなラインが頻繁に送られてくると、付き合っていられないのでブロックされてしまうかもしれません。

2.意味のないスタンプ

内容につながりがないスタンプを多用されると、やはり返事に困ります。また、スタンプばかりだと文字を入力するのが面倒なのかと思われてしまうでしょう。
ラインのスタンプは上手に使えば楽しいですが、使い方が悪いと相手をイライラさせてしまい、ブロックされる原因になることがあります。

3.長文

女性に多いのが長文のメッセージ。短文でテンポよくメッセージを交換できるのがラインの魅力でもあるのに、メールのような長文を送られてくると読むのが面倒になる男性もいます。
たびたび長文を送ってしまうと相手をうんざりさせてしまい、ブロックということになるかもしれません。

4.疑問文ばかり

婚活で知り合った相手のことをもっと知りたくなるのはわかります。しかし、やたら質問ばかりだと、相手は答えるのが面倒になってしまいます。
気になることは、会ったときに少しずつ知っていくのがいいかもしれませんね。質問攻めにならないように注意しましょう。

【5】みんな悩んでる!未読スルー・既読スルーはどうすればいい?

ラインの機能「既読」に悩まされる人も多いのでは?未読・既読に関する対処法についてご紹介します。

未読スルー

ラインを送ったのにいつまでたっても返事がこない。トーク履歴を確認すると、まだ既読がついていないってことありますよね。
「そんなに忙しい?」「本当に気づいていない?」「未読スルーされてる?」と不安な気持ちになってしまうでしょう。

未読スルーの理由には、次のようなことが考えられます。
忙しくてラインをチェックする暇がない
すぐに返信できないので、あえて既読をつけていない
返事が面倒なので既読をつけていない
すでにブロックされている

相手に嫌われたような心当たりがないのなら、忙しいだけかもしれません。忙しくてラインどころではない日もあるはずです。すぐに返事がこないからといって、連投するのはやめておきましょう。
しばらく様子を見て、それでも返信がない場合はもう一度連絡してみましょう。

既読スルー

既読がついているのに返信がこないと、落ち着きませんよね。どうでもいい内容なら仕方ありませんが、返事を必要としているのに既読スルーされると傷つく人もいるでしょう。
しかし、既読スルーということは、ブロックされていない証拠。実際は心配する必要がない場合も多いです。

既読スルーの理由には、次のようなものがあります。
とりあえず読んだけれど今は忙しいので後でゆっくり返信しようと思っている
質問が面倒な内容なので、返信を後回しにしている
返事する必要はないと思っている

既読スルーは後で返信しようと思っている場合が多いです。しかし、後でしようと思って忘れてしまうことも…。返事を急がなくてもいいなら数日待ってみて、それでも返信がこないなら再度連絡してみましょう。

既読がついたのに返信がこないといって相手を責めるのはNG。相手にも都合がありますので、いつもすぐに返信できるわけではありません。既読スルーに文句をつけると、めんどくさい人と思われてしまいます。何度か続けばブロックされてしまうかもしれません。

【6】ラインは通話無料!電話の注意点は?


ライン通話は無料なので、通話料を気にせず電話をすることができます。しかし、無料だからと言って頻繁に電話をしていたら迷惑がられる可能性もあります。特に仕事中や睡眠中にかかってくると、かなり困ります。相手のことを気遣えないとブロックされてしまうかもしれません。

まとめ

せっかくライン交換ができたのに、「めんどくさい」「迷惑」と思われブロックされてしまうことは避けたいですね。返信がこないときは、心が乱されてしまうかもしれませんが、忙しくて返信できないこともあることを理解して、気持ちを切り替えましょう。返事を催促したり、文句を言ったりするとブロックされてしまうかもしれません。
ラインは気軽に使える連絡ツールなので、相手のことを気遣って上手に使いましょう。

上記の点にふまえて、沖縄の婚活パーティーに参加してみませんか♡

婚活カテゴリの最新記事

PAGE TOP